プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ネクスト

2017年 近畿圏版HOME’S住みたい街ランキング

(@Press) 2017年02月10日(金)13時45分配信 @Press

総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、このたび「HOME’S住みたい街ランキング」首都圏版に続いて、近畿圏の「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキングを発表いたしました。

2017年 HOME’S住みたい街ランキング
URL: http://www.homes.co.jp/cont/town/town_00110/
近畿圏「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング
URL: http://www.homes.co.jp/cont/town/town_00112/

近畿圏ランキング TOP10駅
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/121592/img_121592_1.png

■「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキングの概要
買って住みたい街と借りて住みたい街は、『HOME’S』で住まいを探すユーザーの検索・問合せ数をベースに算出した“実際に探されている街/駅”のランキング結果です。買って住みたい街は分譲マンション、分譲一戸建て、中古マンション、中古一戸建てを探している街から、借りて住みたい街は賃貸物件を探している街から算出した順位となります。

■近畿圏「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキングの傾向
近畿圏の「買って住みたい街」ランキングでは、「天神橋筋六丁目」がトップとなりました。大阪・梅田エリア、北浜エリア、心斎橋・長堀エリアと、ベッドタウンである千里・吹田エリアをつなぐ“中間地点”として職・住・遊のバランスが取れていることが、支持を集めた要因であると言えそうです。
「借りて住みたい街」ランキングでは「三ノ宮」がトップとなりました。交通利便性が高い上に、賃貸物件が豊富で様々なタイプの物件が揃っているため、条件に適ったものが見つけやすいというメリットがあります。ほかには「上新庄」「茨木市」など以前からのベッドタウンが“再評価”され始めている傾向も見られました。

ランキングベスト20やHOME’S総研によるランキングの分析結果は、以下のサイトからご覧いただけます。
首都圏や中部圏のランキング結果も公表しておりますので、あわせてご覧ください。
 ▼2017年度 HOME’S住みたい街ランキング
 URL: http://www.homes.co.jp/cont/town/town_00110/
 ▼近畿圏「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング
 URL: http://www.homes.co.jp/cont/town/town_00112/
 ▼首都圏「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング
 URL: http://www.homes.co.jp/cont/town/town_00111/
 ▼中部圏「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング
 URL: http://www.homes.co.jp/cont/town/town_00113/

2月下旬には、「猫が多そうな街ランキング」「すっぴんで歩けそうな街ランキング」「働きながら子育てするのに良さそうな街ランキング」など、街に関する様々な調査結果を発表する予定です。

調査概要
【対象期間】  2016年1月1日〜2016年12月31日
【対象者】   HOME’Sユーザー
         以下のエリアごとにランキング結果をまとめた
         首都圏(東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県)、近畿圏(大阪府/
         兵庫県/京都府)、中部圏(愛知県/岐阜県/三重県)
【集計方法】 『HOME’S』に掲載された賃貸物件/購入物件のうち、
         問合せの多かった駅名をそれぞれ集計
【分 析】 HOME’S総研


ネクストグループは、これからも「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりにぴったりな情報をお届けしてまいります。

■『HOME'S』について   (URL:http://www.homes.co.jp/
『HOME'S』は、北海道から沖縄まで、全国約816万件(2017年1月度平均)の不動産物件情報をご希望にあわせて検索できる、総掲載物件数No.1(※)の不動産・住宅情報サイトです。物件情報だけでなく、家賃相場や各種ノウハウ、気になる駅・地域の周辺情報、住まいのトレンド、契約・引越し関連サービスまで、住み替えに関するあらゆる情報、サービスをワンストップで提供しています。『HOME'S』は“「らしく」住もう。”をブランドメッセージとして掲げ、より多くのユーザーに住まい探しの安心と喜びを届けてまいります。
※産経メディックス調査(2017.1.26)

■株式会社ネクストについて (東証第一部:2120、URL:http://www.next-group.jp/
株式会社ネクストは、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1997 年に設立。
主要サービスの『HOME'S』は、総掲載物件数No.1(※)の不動産・住宅情報サイトです。
現在は『HOME'S』のアジア展開、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」の運営等、世界51ヶ国でサービス提供。
また、2014年より展開を開始したサービスブランド「Lifull」では、暮らし全般に関わる各種サービスを運営し、人々の自分らしい生き方をサポートしています。
今後も、「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりが自信を持って未来に踏み出せる世の中をつくるため、常に人々の生活に寄り添い、誠実に、思いやりをもって一人ひとりにぴったりの情報を提供します。
※産経メディックス調査(2017.1.26)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る