• トップ
  • リリース
  • メタボとメンタルヘルス対策の両方をサポート!脈波測定システム「アルテット」新ソフトウェアを発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ユメディカ

メタボとメンタルヘルス対策の両方をサポート!脈波測定システム「アルテット」新ソフトウェアを発売

(@Press) 2017年02月27日(月)11時00分配信 @Press

株式会社ユメディカ(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:太洞 江美子)は、脈波で血管年齢(血管老化度)を測定できるシステム「アルテット」に対応した、自治体や職域の健診・保健指導のツールとして「メタボ対策」と「メンタルヘルス対策」に活用できる新ソフトウェア『DXタイプ』を、2017年3月1日(水)から販売開始いたします。

加速度脈波測定システム「アルテット」
http://www.kekkan-nenrei.com


■『DXタイプ』開発の背景
当社は2002年より医療機器として脈波計の開発・販売を主に行ってきました。健診や健康啓蒙イベントでの保健指導、病院や大学のさまざまな研究に対応可能なソフトウェアをご提供してきました。
近年、過重労働やストレスの多い社会背景からお客様のご要望に応じて、「メタボ対策」と「メンタルヘルス対策」に活用できる新ソフトウェア『DXタイプ』を開発いたしました。生活習慣の見直しに二つの測定結果を役立てていただくことで、健康でいきいきとした毎日が過ごせるよう願っております。


■『DXタイプ』の特長
1.メタボ対策
「血管年齢(血管老化度)」を測定し、他の動脈硬化所見と合わせみて、生活習慣を見直す気づきに有用です。有酸素運動の効果も反映しやすく、ウォーキングなどモチベーションを保てます。

2.メンタルヘルス対策
質問票のストレスチェックと合わせて客観的データとして、自律神経機能評価ができます。


■加速度脈波測定システム「アルテット」について
携帯性に優れた高精度な脈波計と、脈波研究の成果を搭載して開発された解析ソフトウェアをワンセットにしたシステムです。
動脈硬化予測の指標としてだけでなく、診療では、高血圧患者の治療効果判定、糖尿病・脳梗塞などの動脈硬化関連疾患の経過管理および生活管理に有用です。


【会社概要】
商号  : 株式会社ユメディカ
代表者 : 代表取締役社長 太洞 江美子
所在地 : 〒530-0038
      大阪府大阪市北区紅梅町5-5 スペースエックスビル2階
設立  : 1999年3月16日
資本金 : 3,000万円
事業内容: 医療機器製造販売業
URL   : http://www.kekkan-nenrei.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る