• トップ
  • リリース
  • 美容に関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開 『今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

サニーヘルス株式会社

美容に関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開 『今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に』

(@Press) 2017年02月07日(火)13時15分配信 @Press

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に』を公開致しました。

https://microdiet.net/beauty/001069.html

日本人は欧米人に比べてO脚が多いと言われています。
正確なデータはないようですが、実際に目にする日本人・欧米人を見回してみても、やはりそのように感じる人は多いのではないでしょうか。

昔から床に座る文化のある日本と椅子に座る文化の欧米では、ひざや骨盤にかかる負担が違ってきます。特に、正座を崩したぺたんこ座りはO脚になりやすいなど、生活習慣や体格などによってこの差が生まれているようです。

■O脚とはどういう状態?鏡の前でチェック!

鏡の前に立ち両足のかかとをこぶし一つ分開き、足の人さし指を15度ほど外側に開くように立ちます。この状態で背筋を伸ばし、ひざをゆっくりと曲げていきその向きをチェックしましょう。

・ひざが外側を向く → O脚傾向
・ひざが正面を向いている → まっすぐ脚
・ひざが内側を向く → X脚傾向


■O脚の原因と改善方法

O脚は脚の骨が湾曲してしまっている訳ではなく、骨盤の傾き(歪み)やひざ関節のねじれなどが原因のほとんどです。骨がゆがむとその部分はリンパや血液の流れが悪くなりやすく、むくみや冷え性などの一因にもなっていると考えられています。

また、脚の歪みがまっすぐになればその分脚が長く見えますし、身長も高くなります。O脚の程度にもよりますが、脚がまっすぐになるだけで身長が2、3cm程度伸びる場合も!

O脚は遺伝や体質ではなく日常生活で生じます。つまり普段から気を付けることで改善が望めるということ。
日々の中で気を付けるようにするだけの、簡単な方法をご紹介します。

【立ち方】

がに股、内股、片足に体重をかける、脚を交差させる、バッグをいつも同じほうで持つなどは、O脚の要因になってしまいます。
立つときはつま先を外側でも内側でもなく、まっすぐ前に向けどちらかに重心をかけずに立ちましょう。

【座り方】

椅子に座る際に、足首を交差させる、脚を組む、がに股、内股座り、椅子の足の脚を絡ませる、浅く座って背もたれに寄りかかるなどは、骨盤のズレを起こす原因となります。
椅子に浅めに腰掛けて上半身を背もたれに寄りかかると、「仙骨座り」になってしまいます。この仙骨座りは腰の骨が曲がり腰椎に負担がかかり、骨盤が後傾し開いてしまうだけでなく腰を痛める原因にもなります。骨盤を立てて座る「坐骨座り」をしましょう。

坐骨は骨盤の下にあり、座ったときに椅子の座面に触れる部分です。坐骨が椅子の座面に直接当たるように座り背筋を伸ばすことで、理想的な姿勢が保たれます。
もし背もたれに寄りかかるなら、仙骨座りにならないようにお尻から背もたれにくっつくように深く座り、背筋を伸ばして座りましょう。

椅子ではなく床に直接座る際には、正座をして足の裏を重ねずにまっすぐにし、背筋を伸ばします。足の裏を重ねると骨盤が後傾し左右にも歪みます。両ひざ下をお尻の横に置いて座るペタンコ座りは、最もNGです。

【歩き方】

靴底のかかとの部分を見て、外側のほうが擦り減っていたらO脚、内側であればX脚の傾向があります。
女性であればO脚になる・ならないの問題以前にやめたほうが良いのが、がに股歩きです。見た目の印象が悪いだけでなく、足首、ひざ関節、股関節の歪みにつながりO脚になってしまいます。
まっすぐ脚を目指すなら、背筋を伸ばしつま先を正面に向けて、かかとから地面に着地するように歩きます。そして踏み出す時は、足の親指で地面を蹴るようにして歩きだします。
脚を上げるときは、真っ直ぐ正面へ向けて上げるようにしましょう。

立ち方、座り方、歩き方は習慣やクセがありますから、修正するのは慣れるまでは窮屈に感じるかもしれません。
ですが日常生活の中で少しずつ変えることで、脚の隙間は狭まっていきます。
一度正しい習慣が身につけば苦ではなくなってきますので、日々の生活で気を付けてみてくださいね。


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
『今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に』をご参照ください。
https://microdiet.net/beauty/001069.html


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。


■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。

個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から27年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る