• トップ
  • リリース
  • 瑛太、笑福亭鶴瓶、ヨンス、リリー・フランキー…、33人が自らの“二十歳のとき”を率直に語る。これを読めば、勇気がわいてくるかもしれない。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社マガジンハウス

瑛太、笑福亭鶴瓶、ヨンス、リリー・フランキー…、33人が自らの“二十歳のとき”を率直に語る。これを読めば、勇気がわいてくるかもしれない。

(@Press) 2017年02月10日(金)11時30分配信 @Press

 株式会社マガジンハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石崎孟※)が発行する雑誌『POPEYE(ポパイ)』は2月10日(金)に人生の先輩に聞く、『二十歳のとき、何をしていたか?』特集号を発売いたします。
 ※崎は正しくは「タツサキ」

『POPEYE(ポパイ)』公式サイト
http://magazineworld.jp/popeye


■「二十歳のとき、何をしていたか?」特集とは
 『POPEYE』読者は20代が中心。まさに自分の“今”と“行く道”へ思いを巡らせる若者たち。ときに勢いで突き進み、ときに悩んで立ち止まる。ならば、『POPEYE』が敬愛する人たちに会い、その“二十歳のとき”に耳を傾けることは、大いなる示唆を与えてくれるはずです。


■特集で「二十歳のとき」を話してくれたのは、この33人
 立花隆、宇多丸、加賀美健、瑛太、平野紗季子、天久聖一、笑福亭鶴瓶、山縣良和、森山直太朗、細野晴臣、玉袋筋太郎、井上陽水、朝井リョウ、長谷川穂積、菊地成孔、佐々木マキ、葛西薫、安藤サクラ、秋山竜次、満島真之介、ヨンス、山下敦弘、黒田征太郎、藤井健太郎、蛭子能収、大悟、エリイ、平野太呂、ピエール瀧、羽田圭介、戌井昭人、リリー・フランキー、木滑良久。登場順に、以上の33人になります(敬称略)。


■この5人は、二十歳のときをいかに過ごしたか
【秋山竜次】
「嫌だったらやめればいい。軽い気持ちで踏み出したお笑いの道」
https://www.atpress.ne.jp/releases/121395/img_121395_2.jpg

【瑛太】
「根拠なき自信のもと、森山未來や小栗旬と語り明かした日々」
https://www.atpress.ne.jp/releases/121395/img_121395_3.jpg

【笑福亭鶴瓶】
「入門も結婚も、すべてに悩んだ二十歳の頃だった」
https://www.atpress.ne.jp/releases/121395/img_121395_4.jpg

【ヨンス】
「あるライブハウスでの出会いと、Suchmosの結成」
https://www.atpress.ne.jp/releases/121395/img_121395_5.jpg

【リリー・フランキー】
「うんこをするのにも困っていた20代」
https://www.atpress.ne.jp/releases/121395/img_121395_6.jpg


■二十歳、そして20代を深く、あれこれ考えてみる
 33人のほかにも、松浦弥太郎さん、野村訓市さん、大根仁さん、田原総一朗さんなど『POPEYE』お馴染みの19人の“センパイ”が「二十歳で読んでほしい本、観てほしい映画」を挙げ、そのココロを綴った原稿を寄せてくれています。そのほか、みうらじゅんさんが、20代の読者の悩みに答える「ハタチはモヤモヤ」、女優・小松菜奈さんが登場する「二十歳、ただいま修行中」など、硬軟取り混ぜた企画をラインナップしています。

 二十歳ですべては決まるわけじゃないけど、ここで頑張るのもいいもんだ。『POPEYE』なりの若き読者へ向けたエールとなる特集です。

<商品概要>
●掲載誌 :POPEYE 3月号
●出版社 :株式会社マガジンハウス
●特集名 :『二十歳のとき、何をしていたか?』
●発売日 :2月10日(金) 一部発売日の異なる地域があります。
●特別定価:780円(税込)
●全国の書店、コンビニエンスストア、ネット書店で発売
http://magazineworld.jp/popeye
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る