• トップ
  • リリース
  • 暑熱対策で記録が伸びる!?アスリート必見のセミナーが7月2日に開催決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

セリスタ株式会社

暑熱対策で記録が伸びる!?アスリート必見のセミナーが7月2日に開催決定!

(@Press) 2017年02月03日(金)09時30分配信 @Press

セリスタ株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:伊藤 承正)は、2017年7月2日(日)に開催される「第2回アスリートコンディショニングセミナー」の参加申込みをスタートしました。
アスリートにとって真夏や高温多湿の環境でスポーツをするにあたり、暑さ対策は必至になります。このような環境下で、アスリートが安全に実力を発揮できるように科学的根拠に基づいた対策を提案し、アスリートを支援することを目的に本セミナーが開催されます。

「第2回アスリートコンディショニングセミナー」
https://www.corecontrol.jp/


■日本陸連も注目する「CoreControl/体内深部冷却システム」とは
アメリカ・スタンフォード大学で約10年の月日をかけ、開発・特許が取られた、体内深部クーリングシステム。激しい運動や活動により上昇した深部体温を効率よく適温に戻すことを目的としています。システム一式が持ち運びできるので、実際の現場ですぐにクールダウンが可能です。アメリカを中心に世界各国のトップアスリートや有名チームが採用しています。


■科学の力でクールダウン
講師は海外から特別にCoreControlの開発者であるスタンフォード大学クレイグ・ヘラー先生を招き、その原理と活用方法について詳しく解説します。さらに栄養学や高地トレーニング分野の専門家である国内の3名の先生がアスリートに耳よりの情報をお話します。プログラムの詳細は以下をご覧下さい。


■演題・講師・内容
<講演1>
「アスリートにとって重要な栄養素」伊藤 明子氏
東京大学大学院 公衆衛生学教室 健康医療政策学分野/客員研究員
東京大学医学部付属病院 小児科医師

一般にアスリートはノンアスリートより健康だと思われていますが、アスリートであるがゆえの健康リスクがあります。特に感染症や摂食障害などはノンアスリート以上にリスクがあると報告されています。
本講演では若手アスリートの栄養管理、特に微量栄養素についての生化学的作用機序を復習し、若手アスリートに特異的にみられる状態への対処について先行研究をふまえてお話します。

<講演2>
「スポーツ栄養の実際」姫野 友美氏
医療法人社団友徳発心会 ひめのともみクリニック/院長

アスリートが最大限のパフォーマンスを発揮するために必要な要素はいくつかありますが、その中でも重要なのがボディメイク、メンタルメイク、エネルギーメイクで、この三要素の基礎となるものが「栄養」です。
当院では個々のアスリートの血液データに基づいたメディカルサプリメントの処方と、口腔内ケアから腸内環境改善までを含めたトータルな栄養療法を行っています。本講演では高校生、大学生からプロアスリートまでの栄養療法の実際についてお話します。

<講演3>
「トップアスリートのコンディショニングと暑さ対策」杉田 正明氏
三重大学 教育学部 保健体育科/教授
日本オリンピック委員会 科学サポート部門/部門長
日本陸上競技連盟 科学委員会/委員長

アスリートにとって競技力を高める要素としては、トレーニング、リカバリー、コンディションが挙げられます。トレーニングを継続するためには、適切で効果的な疲労回復法を用いる必要があります。さらに、日々の体調を可視化し、それに基づいたトレーニングの調整によって良質で高ボリュームなトレーニングの持続が可能になるといえます。特に夏場の高温多湿環境におけるトレーニングやコンディショニングは要注意です。本セミナーでは我々が取り組んでいるリカバリーとコンディションの考え方と実際の活動について解説します。

<講演4>
「CoreControlの理論と効果」クレイグ・ヘラー氏
スタンフォード大学 神経科学講座/教授
CoreControl開発者

アスリートにとっての運動パフォーマンスの要素は、強度・パワーの最高出力、耐久力、認知能力、そしてスキル・技です。そしてこれらを支えるための最大のテーマが「耐熱管理」です。アスリートが持っているパフォーマンスの劣化・低下の主要因が「熱疲労」です。体熱をコントロールすることこそが、生理学的・生物学的な側面からみても最も重要なファクターであることは間違いありません。
私が開発したCoreControlを使用することで、激しい身体活動によって上昇した体内深部体温をわずか5分でほぼ元の体温に戻し、疲労回復やその後のパフォーマンスが30%〜40%向上することが多くの学術文献によって証明されています。本セミナーでその原理と活用方法について詳しく解説します。


■セミナー概要
セミナー名: 「第2回アスリートコンディショニングセミナー」
日時   : 2017年7月2日(日)13:00〜17:30 (受付開始12:30〜)
会場   : 富士ソフトアキバプラザ セミナーホール1
       東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル6F
       ・JR線秋葉原駅 中央改札口より徒歩2分
       ・つくばエクスプレス線秋葉原駅 A3改札口より徒歩1分
       ・東京メトロ日比谷線秋葉原駅 A2番出口より徒歩4分
定員   : 120名※先着順。定員となり次第締め切らせていただきます。
対象   : アスリート、スポーツドクター、トレーナー、
       鍼灸整体カイロプラクター、医師、医療従事者
参加費  : ¥3,000(税込) ※要事前振込
企画主催 : セリスタ株式会社
申込みURL : http://bit.ly/2ksfxuO


■会社概要
社名   : セリスタ株式会社/Selista Inc.
所在地  : 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-17-6 トルテックビル5F
URL    : http://www.selista.jp/
代表取締役: 伊藤 承正
事業内容 : 医療機器、理化学機器、健康器具の輸入販売
       サプリメントの開発・販売
       経営コンサルティング
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る