• トップ
  • リリース
  • 「シンカクラウド」が「楽天ペイ(実店舗決済)」の電子マネー決済インフラに採用

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

TFペイメントサービス株式会社

「シンカクラウド」が「楽天ペイ(実店舗決済)」の電子マネー決済インフラに採用

(@Press) 2017年02月07日(火)15時30分配信 @Press

 TFペイメントサービス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:増田 俊朗、以下「TFPS」)は、TFPSが提供するクラウド型決済プラットフォーム「Thincacloud(シンカクラウド)」が楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が提供する「楽天ペイ(実店舗決済)」の電子マネー決済インフラとして採用されたことをお知らせします。

 「楽天ペイ(実店舗決済)」は、楽天が提供する加盟店向け決済サービスです。国際クレジットカードブランド6種(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover)だけでなく、スマホやタブレットでQRコードを読み込んだり、直接金額を入力してスムーズに決済できるスマホ決済サービスにも対応しておりました。このたび楽天Edyなどの電子マネー決済にも対応し、今夏より利用できるようになります。

 マルチ電子マネー対応のシンクライアント型決済サービス「シンカクラウド」は、従来の電子マネー決済サービス(リッチクライアント型)と比べ、決済端末導入時の大幅なコスト削減を図ることができます。また柔軟なサービス連動機能による拡張性や、従来は決済端末側で行っていたセキュリティ処理を「シンカクラウド」側で対応することによって優れた安全性を提供することができる、などの特長があります。

以上

※「楽天Edy」は楽天グループのプリペイド型電子マネーです。
※「Thincacloud/シンカクラウド」は、TFペイメントサービス株式会社の登録商標です。
※ その他記載された製品名等は、各社の登録商標あるいは商標です。

【参考情報】
■TFペイメントサービス株式会社について
TFペイメントサービス株式会社(東京都港区 代表取締役社長:増田俊朗)は、クラウド型決済プラットフォーム「シンカクラウド」を中核とした電子マネー決済事業、地域ポイント/マネーによる地域経済活性化支援事業、電子マネーソリューション事業、NFCソリューション事業など、国内における電子マネーサービスの提供に留まらず、常に進化し続けるクラウド型サービスを展開しています。
URL:http://www.thincacloud.com/

■楽天株式会社について
楽天グループは、eコマース、トラベル、電子書籍、クレジットカード、銀行、証券、電子マネー、物流、ポータル&メディア、オンラインマーケティング、プロスポーツなど、消費者および企業向けの各種サービスを提供する世界でも有数のインターネット・サービス企業です。現在、アジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアにて事業を展開しております。
URL:http://corp.rakuten.co.jp/

※楽天株式会社より発表された本件に関するプレスリリースは、以下のURLよりご覧ください。
URL:http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2017/0207_01.html

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る