• トップ
  • リリース
  • 2017年、50%の人が今年こそフィットネスに挑戦したい!完全ワイヤレスイヤホンがフィットネスへの集中をサポート

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

GNオーディオジャパン株式会社

2017年、50%の人が今年こそフィットネスに挑戦したい!完全ワイヤレスイヤホンがフィットネスへの集中をサポート

(@Press) 2017年02月01日(水)14時00分配信 @Press

Jabra(ジャブラ)ブランドで業務用及びオフィス向け、コンシューマー向けハンズフリーソリューションを提案し続けるヘッドセット業界のリーディングカンパニー GN Audio A/Sの日本法人、GNオーディオジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:安藤 靖、以下 Jabra)は、心拍計機能を内蔵し、IP67に準拠の耐塵防浸性能を備えたJabraシリーズ初となる完全ワイヤレススポーツ用イヤホン「Jabra Elite Sport」(ジャブラ エリートスポーツ)を30,370円(税抜)で2017年2月10日(金)よりヨドバシカメラ・ビックカメラ・eイヤホン店舗とオンラインショップおよびJabraオンラインショップにて販売を開始いたします。また、2月1日(水)より、同主力店舗にて、実機展示とともに予約販売を開始いたします。
今回、2017年1月5日(木)〜8日(日)にロサンゼルスで開催された世界最大級の家電・IT見本市「CES」での本製品公開に伴い、「近年のフィットネスへの満足感とトレーニング方法の変化」をテーマに、4つの市場(アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ)で男女1,000人を対象に調査を行いました。

50%の人が2017年こそ運動をして、ベストな体型になりたいと考えていますが、どこから始めて、何をしてよいか見当がついていません。Jabraの調査によると、トレーニングをうまくガイドしてもらうことが成功のカギということがわかってきました。しかし、それは仲間やプロのコーチからの単純なアドバイスを求めているのではありません。調査対象者の71%は、今までパーソナルトレーナーやグループトレーナーをつけておらず、96%はWeb動画を見て、セルフトレーニングをしています。また、ジム通いの人々もパーソナルトレーナーについて不満を感じ、18%はジムの契約内容について、5%はトレーニング効果について満足感を得ていません。

また、他の調査(*1)によると、フィットネスに挑戦する多くの人々は、グループワークアウトからカロリー消費に効果的でいつでも手軽に出来る“個人”トレーニング(ランニング、サイクリング、水泳など)へとシフトチェンジし始めています。また、シンプルで個々に合ったトレーニングを採用しており、そのうちの18%は、スマートフォンでトレーニングコーチのサポートをしてくれるジム以外でのサービスを検討しています。そんな中、新しくフィットネスをする人々の間では、耳に装着するデバイスを用い、多岐に活躍するヒアラブルの使用が広まってきています。ワイヤレスイヤホンと音楽、そしてフィットネスアプリは、トレーニングに対する集中を促し、モチベーションの維持をサポートします。

(*1) Valencell Research, November 2015


「ワイヤレスイヤホンの開発にとって、近年のトレーニング法の変化を理解することは不可欠です。ウェアラブル機器には、単にステップ数をカウントするのではなく、ユーザーが楽しみながらトレーニングを行い、目標達成のサポートが求められると考えています。そのことは、2014年4月の調査(*2)で明らかになっており、一つのデバイスが人々のニーズを網羅し、ヘッドフォンやイヤホンがスマートフォン上の複数のアプリと連携し、トレーニングをサポートすることが2017年のトレンドとなるでしょう。そのために、Jabraは、通話と音楽に最適な音質のサポートに加え、個々のユーザーに最適なトレーニングのコーチング機能を搭載するイヤホンを開発し続けます。そして、2017年は完全ワイヤレスイヤホンであるJabra Elite Sportを市場に導入し、フィットネスにチャレンジする方は、最適な“アイテム”と最適なトレーニングサポートの双方を手に入れることができることでしょう。」とJabra Marketing SVPのカラム・マクダグルと語ります。

(*2) 81% of 1328 respondents to a Jabra consumer survey, April 2014.


Jabra Elite Sportは、このような市場の要求に応えるべく開発された最新技術を搭載したトレーニングサポート機器です。音楽を聴きながらトレーニングする方々に、動きの自由と耳の心拍数を分析してトレーニング情報そして、優れたオーディオ品質をサポート。また、周囲の音を認識し自動的に雑音を低減する機能を搭載しているだけでなく、このイヤホンは、完全ワイヤレスでありながら、優れた通話品質と音楽用オーディオ品質を兼ね備えています。JabraはGNグループの一員として、今後もスポーツ用イヤホンから補聴器までサウンドのパイオニアとして、優れた音響技術と比類のない専門性で製品を開発し続けます。

トレーニング用専用アプリ「Jabra Sport Life」と連携することにより、製品からパーソナルコーチングを提供し、最適なトレーニングをサポートいたします。トレーニングのヒントやコーチングにより、トレーニング計画を作成、実施、検証が可能となり、イヤホンケーブルに全く邪魔されることなく、トレーニングメニューや結果、ペース、カロリー消費、距離等の計測と分析ができます。

また、Jabra Elite Sportは革新的で、人々の生活をよりエクサイティングなものにすると期待されており、CES2017会場でWomen's Health MagazineによるEditors Pick Awardを受賞いたしました。


■Jabra Elite Sport特長
・完全ワイヤレス
・防水(IP67準拠)/心拍数計測/音声コーチング機能
・風切音低減マイク搭載
・イヤホンと充電ケースの併用で最大9時間分使用可能
・ヒアスルー機能(外部音取込機能)

商品ページ: http://www.jabra.jp/sports-headphones/jabra-elite-sport


■主な商品仕様
<本体>
サイズ    :29 × 30 × 22mm
重量     :6.5g × 2
通話時間   :3時間
待受時間   :200時間
バッテリー  :リチウムイオン
フル充電時間 :2時間
周波数特性  :20Hz〜20kHz
感度     :103dB SPL
インピーダンス:16Ω±15%
Bluetooth   :Bluetooth 4.1、HSP v1.2、HFP v1.6、A2DP v1.2、
        AVRCP v 1.5
マルチユース :2機種同時接続(最大8台ペアリング可能)
保証期間   :1年(Jabra Sport Life app 登録で3年保証)
        汗による製品の不具合の場合のみ適応、
        アクセサリー・紛失等については適用外

<携帯充電ケース>
サイズ   :70 × 50 × 25mm
重量    :67g
バッテリー :リチウムイオン
充電量   :2セッション分(6時間)
フル充電時間:2時間

Notes to Editors
Consumer research commissioned by Google Surveys, with 1,000 respondents taken from four international markets (USA, UK, France and Germany).


■GNオーディオジャパン株式会社について
デンマーク(コペンハーゲン)を本拠とする業務用およびオフィス向け、コンシューマー向けヘッドセットメーカー、GN Audio A/S社の日本法人。約145年前に電信会社として創業して以来、“聴くこと”に注力して培われてきた先進の機能性と、シンプルでありながら高度なデザイン性を兼ね備えたJabraブランドのハンズフリーヘッドセット製品は、ヨーロッパをはじめ米国、アジア各国など、広く世界で高い評価を得ています。補聴器製造の兄弟会社GN Hearingとともに、人々が聴くことを通してより良い生活を過ごせるようにサポートしております。GNオーディオジャパンは、GNヒアリングとともに、耳に関わる機器において業界のトップで走り続けています。

詳細は、当社ウェブサイトをご覧ください: http://www.jabra.jp/

※Jabra(R)は、GN Audio A/Sの登録商標です。その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※Bluetooth(R)ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.の所有であり、GN Audio A/Sは、許可を受けて使用しています。


<お客様のお問い合わせ先>
Jabraサポートセンター(平日9:00〜17:00)
TEL  : 03-3242-8722
e-mail: support.jp@jabra.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る