• トップ
  • リリース
  • 大容量磁気テープを使った省エネルギー型「テープアーカイブアプライアンス」が平成28年度「省エネ大賞」において「資源エネルギー庁長官賞」を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

富士フイルム株式会社

大容量磁気テープを使った省エネルギー型「テープアーカイブアプライアンス」が平成28年度「省エネ大賞」において「資源エネルギー庁長官賞」を受賞

(@Press) 2017年01月24日(火)16時00分配信 @Press

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、一般財団法人 省エネルギーセンターが主催する平成28年度「省エネ大賞」において、大容量磁気テープを使った省エネルギー型「テープアーカイブアプライアンス」が「製品・ビジネスモデル部門」で「資源エネルギー庁長官賞」を受賞しましたのでお知らせいたします。

◆詳細はWebページをご覧下さい。
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1145.html?link=atp

「テープアーカイブアプライアンス」は、「大容量磁気テープ」、「磁気テープドライブ」、「ディスクサーバ」および「データを管理するソフトウェア」を組み合わせ、使用頻度に応じてデータを磁気テープまたはHDDに保管する、データのアーカイブに最適なビジネスモデルです。本ビジネスモデルの活用を通じて、ユーザーは使用頻度が低いコールドデータ(*1)をHDDから磁気テープに移して保管し、省エネルギーを実現することができます。本受賞は、この省エネルギーへの貢献が高く評価されたものです。

「省エネ大賞」は、企業・自治体・教育機関などにおける優れた省エネ活動や省エネ型製品、ビジネスモデルなどを表彰するものです。当社は、消費者や事業者が国内で購入可能な省エネルギー性を有する製品または省エネ普及効果の高いビジネスモデルを開発した事業者を対象とする「製品・ビジネスモデル部門」において「資源エネルギー庁長官賞」を受賞いたしました。

「省エネ大賞」の表彰式は、東京ビッグサイトで開催される「ENEX2017第41回地球環境とエネルギーの調和展」に合わせて2月15日に行われます。
なお、当社は、今回受賞したビジネスモデルをデータアーカイブストレージシステム「d:ternity(ディターニティ) オンサイト アーカイブ」として平成28年6月から提供しています。

【受賞の背景】
昨今、高精細な4K・8K映像の普及や、遺伝子解析・創薬におけるスーパーコンピュータの使用拡大、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)の進展などにより、世の中のデータ量は爆発的に増加しており、その保管に要するエネルギー削減は社会的な課題になっています(*2)。現在、データを保管するメディアとして主に使用されているHDDは、保管されたデータへの高速アクセスが可能ですが、アクセスの有無にかかわらず常時ディスクを回転させるための電力が必要です。

HDDに保管されたデータは、使用頻度が高いデータ(ホットデータ)と、使用頻度が低いデータ(コールドデータ)が混在しています(*3)。今回受賞した当社のビジネスモデルは、保管されているデータの8割以上を占めるといわれているコールドデータを、データの読み書き時のみ電力が必要な磁気テープに保管することで、HDDに保管した場合に比べ、消費電力を約74%減と大幅に削減することができます。当社の提供する「d:ternity オンサイト アーカイブ」は、HDDストレージのみで構成されたストレージに比べ、システム本体の価格を2分の1以下(*4)まで抑えた低価格を実現しました。さらに、生成されたデータは一度ディスクサーバに保管された後、使用頻度の低いデータは容量当たりの保管コストがより低い磁気テープに自動的に記録されるなど、管理が容易にできます。これまでHDDを主に使用していたユーザー層のニーズに応えた、広く普及できる画期的なストレージシステムとして高く評価されました。

富士フイルムは、今後とも省エネ活動や省エネ型製品の開発を積極的に推進し、社会の持続可能な発展に貢献していきます。
*1 生成されてから時間がたちアクセスされることの少なくなったデータで、重要な情報資産として長期間の保管が求められるもの。
*2 我が国の年間総消費電力量約1兆kWhの内、データセンターで約100億kWhが消費されており(出典:経済産業省「エネルギーサービス産業・ユーザーの新たな動きについて」)、さらにそのうちの約7億kWhがデータ保存に使用されている(出典:総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 省エネルギー小委員会 第10回)。
*3 出典:JEITAテープストレージ専門委員会「テープストレージの活用による省エネ貢献2016」
*4 平成29年1月24日発表時点。当社調べ。

<関連リンク>
d:ternity(ディターニティ)スペシャルサイト
  ⇒ http://fujifilm.jp/business/data/archivesolution/dternity/promotion/?link=atp
TAPE STORAGE.net
  ⇒ http://www.tape-storage.net/?link=atp
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る