• トップ
  • リリース
  • 業界最高クラス※1最大10Aの高電流に対応バッテリー接続用途 基板対基板コネクタ「7129シリーズ」を開発

プレスリリース

  • 記事画像1

業界最高クラス※1最大10Aの高電流に対応バッテリー接続用途 基板対基板コネクタ「7129シリーズ」を開発

(@Press) 2017年01月25日(水)10時15分配信 @Press

 京セラコネクタプロダクツ株式会社(本社:神奈川県、社長:伊達 洋司)は、スマートフォンやウェアラブル機器などに搭載されるバッテリー接続用途の基板対基板コネクタとして業界最高クラス※1となる最大10Aの通電を可能とした「7129シリーズ」を開発しました。本年1月30日より販売を開始致します。

※1 スマートフォン向けバッテリー接続用途の基板対基板コネクタにおいて (2017年1月当社調べ)

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/120429/img_120429_1.jpg

表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/120429/table_120429_1.jpg

多機能化が進むスマートフォン、ウェアラブル機器、タブレットPC等の小型電子機器ではバッテリーの大容量化に伴い充電時間の短縮が求められており、コネクタに対してもより高い電流容量が要求されています。また、電子機器内の搭載部品点数は増加傾向にあり、限られた基板スペースを有効的に使うためコネクタの小型・薄型化と、それに伴い生じる強度低下への対策も要求されています。

 今回京セラコネクタプロダクツが開発した「7129シリーズ」は、最大10Aの通電が可能な高電流対応基板対基板製品で、スマートフォン等の充電時間短縮に貢献します。嵌合(基板間)高さ0.7mm、奥行き寸法(短手方向)2.2mm、幅寸法(長手方向)5.64mmの省スペース製品でありながら、両端を金具で覆うことにより、嵌合時の位置ずれによるインシュレータやコンタクトの破損を防ぎ、高い堅牢性と滑らかな嵌合誘い込みを実現したコネクタです。

 京セラコネクタプロダクツは、省スペース基板対基板コネクタのラインアップに高電流対応の本製品を加え、お客様の幅広いニーズに応える製品群を準備しています。今後も日々進化する電子機器のニーズに合致した製品開発で、エレクトロニクス産業の進化に貢献して参ります。

≪製品概要≫
1. 最大10Aの高電流通電が可能
スマートフォン用としては業界最高クラス※1となる10Aの高電流通電が可能で、バッテリーの充電時間短縮に貢献します。
(基板パターンはカタログをご参照下さい。)
※1スマートフォン向けバッテリー接続用途の基板対基板コネクタにおいて
 (2017年1月当社調べ)

2. 両端の金具で高い堅牢性と滑らかな誘い込み構造を実現
上面を金具で覆うことで省スペース化に伴い生じる強度の低下を補強し、嵌合時の位置ずれによる破損を防ぎます。また、金具で覆われた上部のフラットな形状は、滑らかな誘い込みを実現し、嵌合を容易にします。

3. 嵌合高さ0.7mm、奥行き2.2mm、幅5.64mmの省スペース設計4. 自動実装に対応した1リール15,000個のエンボステープ入り5. 環境に優しいRoHS指令対応・ハロゲンフリー対応製品6. 製品仕様
表2: https://www.atpress.ne.jp/releases/120429/table_120429_2.jpg

  ※信号極数追加のご要望は、営業担当までご相談下さい。




 


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る