プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

京都市文化市民局、文化芸術都市推進室文化芸術企画課

大政奉還150周年が,いよいよ開幕!

(@Press) 2017年01月25日(水)11時00分配信 @Press

武家政権が終わりを告げ,新しい国づくりへの転換期となった慶応3(1867)年の「大政奉還」から150年の節目を迎える平成29(2017)年。京都市と幕末維新に活躍した先人たちとゆかりを持つ全国20都市が,相互に交流・連携を図る「大政奉還150周年記念プロジェクト」が,いよいよ開幕します。
 京都市ではプロジェクト参画20都市とともに,各都市を巡る「幕末維新スタンプラリー」を開始しますので,お知らせます。
 
 ※プロジェクト参画21都市
  会津若松市,千代田区,品川区,調布市,日野市,上田市,静岡市,福井市,桑名市
  和歌山市,高梁市,福山市,萩市,下関市,宇和島市,高知市,長崎市,熊本市
  霧島市,鹿児島市,京都市

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/120249/img_120249_1.jpg
ガイドブック

○ 幕末維新ガイドブックの発行とスタンプラリーの実施
  幕末維新の歴史が学べるガイドブックを発行し,参画都市の幕末維新ゆかりの観光資源をPRするとともに,参画都市間の周遊を促進し,各都市への観光誘客につなげることを目的としたスタンプラリーを実施します。

1 幕末維新ガイドブック(スタンプラリー台紙付き)の発行
  (1) 発行部数 
    5万部
  (2) 仕様 
    A5判 両面オールカラー 24ページ
  (3) 掲載内容
   ・ 大政奉還について
   ・ 幕末維新の歴史(黒船来航から戊辰戦争まで)
   ・ 参画都市の幕末維新関連史跡,ミュージアム等の紹介     (ガイドブック)
   ・ 京の冬の旅(京都デスティネーションキャンペーン)の紹介
      ※第51回「京の冬の旅」のテーマは,「大政奉還150年記念」
   ・ スタンプラリーの紹介,台紙
  (4) 配布場所
    別紙の参画都市のスタンプ設置施設 等
    ※ ガイドブックは,大政奉還150周年記念プロジェクトホームページからも印刷できます。(http://www.taiseihokan150.jp/
2 スタンプラリーの実施
  (1) スタンプラリー名 
    大政奉還150周年記念 幕末維新スタンプラリー
  (2) スタンプラリー期間 
    平成29年1月22日(日)から平成29年12月31日(日)まで
  (3) 賞品
    全制覇特別賞 徳川慶喜が大政奉還を諮問した「二条城二の丸御殿大広間」で記念撮影
    名人コース 7スタンプ以上制覇  旅行券5万円分  1名様
    達人コース 5スタンプ以上制覇  旅行券1万円分  3名様
    手習いコース 3スタンプ以上制覇  旅行券3千円分 20名様
     ※ 平成29年5月以降,「名産品コース」等を新たに設定し,バージョンアップを予定
  (4) スタンプの設置箇所
    別紙のとおり
    ※ スタンプについては,参画都市の特色を活かしたデザインとなっています。

(参考)大政奉還150周年記念プロジェクトについて
 1 事業目的
   京都市をはじめ幕末維新に京都で活躍した先人たちとゆかりを持つ都市(プロジェクト参画都市)が相互に交流・連携を図りながら,以下を目的とした記念事業を実施します。
  (1) 幕末,京都で活躍した先人たちの歩みを,近年の研究成果を踏まえ改めて再評価
  (2) 幕末維新をテーマとした文化・観光等の振興
  (3) 1・2を通じた「都市間連携による地方創生」のモデルの構築
   本プロジェクトを通して,国の将来を案じて行動した先人たちの歴史に学び,地域でつながりながら,未来に活かす取組を進めてまいります。
 
 2 開催時期
   平成29(2017)年1月〜12月
   ※ 平成29年10月にプロジェクト参画都市によるサミットを開催

 3 開催場所
   元離宮二条城(世界遺産)をはじめ
   京都市及びプロジェクト参画都市における幕末維新ゆかりの史跡,ミュージアム 等

 4 参画都市
   欧米諸国の脅威が迫る幕末維新に,我が国の将来に思いを馳せ,京都に集まったあらゆる立場の先人たちをゆかりに持つ都市に幅広く参画を呼びかけ,現在,全国20都市から本プロジェクトの趣旨に賛同いただきました。
   幕末維新にスポットを当てた都市間連携事業としては,過去最大規模の広がりを持つ取組です。

※スタンプ設置施設やデザインを別紙に記載しております。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る