• トップ
  • リリース
  • 堺市とNTT西日本との「ICTを活用したまちづくり」に関する包括連携協定の締結について

プレスリリース

堺市、西日本電信電話株式会社

堺市とNTT西日本との「ICTを活用したまちづくり」に関する包括連携協定の締結について

(@Press) 2017年01月24日(火)11時00分配信 @Press

堺市(市長:竹山 修身、以下 堺市)と西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)は、堺市における地方創生の実現に向け、様々な分野におけるICT(情報通信技術)利活用の連携強化を目的として、本日、包括連携協定を締結しました。


1.協定締結に至った背景
国が地方創生の長期目標に掲げる「人口減少問題の克服」と「成長力の確保」の実現に向けて、堺市は、2015年度から2019年度を計画期間とした「堺市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、「まち」・「ひと」・「しごと」の3つの創生分野における取り組みを具体的に推進しております。
また、NTT西日本は、「社会の抱える課題解決に向けたICTソリューションを提案していく企業」として、これまでに培った知見や最新の技術を活かし、自治体の地域活性化の取り組みを支援しております。
このような背景のもと、ICTを利活用して地方創生を推進するために地域課題への対応、市民サービスの向上及び地域産業の振興などについて相互に連携しながら取り組むことに両者が合意し、今回の包括連携協定を締結する運びとなりました。


2.連携協力の内容
連携協力により取り組む概要は、以下のとおりです。実施方法やその他の詳細は両者で協議の上、進めてまいります。
(1) 産業振興や雇用創出など「しごと」の創生に関すること
(2) “将来の堺”を担う人づくりなど「ひと」の創生に関すること
(3) 世界文化遺産登録の推進など「まち」の創生に関すること

【別紙】包括連携協定のイメージ 参照
https://www.atpress.ne.jp/releases/120245/att_120245_1.pdf


3.今後の展開について
上記事項のみならず、様々な分野において、両者で力を合わせ、堺市のさらなる活性化に向け、ICTを活用した取り組みを推進していきます。


【別紙】堺市における地方創生の実現に向けた包括連携協定の取り組みイメージ
https://www.atpress.ne.jp/releases/120245/att_120245_1.pdf


※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、予めご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る