• トップ
  • リリース
  • 客船「飛鳥II」 2018年世界一周クルーズ実施を決定 〜 待望の究極のクルーズがふたたび 〜

プレスリリース

  • 記事画像1

郵船クルーズ株式会社

客船「飛鳥II」 2018年世界一周クルーズ実施を決定 〜 待望の究極のクルーズがふたたび 〜

(@Press) 2017年01月23日(月)13時30分配信 @Press

郵船クルーズ株式会社(所在地:横浜市西区、代表取締役社長:服部浩)は、運航する日本最大のクルーズ客船「飛鳥II」(50,142トン)による「2018年世界一周クルーズ」を実施することを発表いたします。


2018年春に日本を出発し、アジア、スエズ運河、地中海・ヨーロッパ、大西洋、北米、パナマ運河、太平洋をクルーズする、北半球を巡る充実のコースとなる予定です。

コースや旅行代金、寄港地オプショナルツアーなどについては、2月下旬ごろの発表に向け、現在最終の確認・手配中です。

飛鳥・飛鳥IIによる「世界一周クルーズ(ワールドクルーズを含む)」は、1996年の第一回実施以来通算22回目となる、日本人のための飛鳥クルーズのエッセンスが詰まった究極のクルーズ旅行です。

北半球を巡る世界一周クルーズは、2015年以来3年振りの実施となります。
飛鳥II「2018年世界一周クルーズ」にどうぞご期待ください。


【今後の予定】
2月下旬 コース・料金等発表
3月中旬 パンフレット完成
4月初旬 販売開始


■飛鳥II概要( http://www.asukacruise.co.jp )
「飛鳥II」は日本最大の客船で、約100日間の世界一周クルーズ、アジア・オセアニア方面へのロングクルーズ、日本の夏祭りを巡るクルーズ、1泊からのショートクルーズなど多岐にわたり展開。全室海側の客室、ゆったりとしたスペースや充実の設備、日本人乗船客の嗜好に合わせた多彩な食事やエンターテイメントが特徴。乗船客1人当たりのスペースや乗組員比率は、日本はもとより世界トップレベルで、世界のクルーズマーケットで愛される美しい船体に、和の心のおもてなしをのせて皆様をお迎えいたします。

船籍    :日本
船籍港(母港):横浜港
総トン数  :50,142トン
全長    :241m
乗客数   :872名
乗組員数  :約470名
客室数   :436室(全室海側)


■会社概要
社名 :郵船クルーズ株式会社
所在地:〒220-8147
    横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー47階
代表者:代表取締役社長 服部浩
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る