プレスリリース

富士フイルム株式会社

中判ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50S」新発売

(@Press) 2017年01月19日(木)19時00分配信 @Press

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、35mmフルサイズイメージセンサー(*1)の約1.7倍となる中判サイズ(43.8x32.9mm)の「FUJIFILM G フォーマット」イメージセンサー(以下、「Gフォーマット」センサー)を搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」(以下、「GFX 50S」)と、大口径の専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」(以下、「GFレンズ」)3種を、平成29年2月下旬に発売します。

◆詳細はWebページをご覧下さい。
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1140.html?link=atp

「GFX 50S」は、有効画素数5140万画素の「Gフォーマット」センサー、画像処理エンジン「X-Processor Pro」、富士フイルムが80年以上にわたり蓄積した色再現技術、世界中の写真家から長年高い評価と信頼を得てきた「フジノンレンズ」の設計思想を忠実に引き継いだ交換レンズ「GFレンズ」との組み合わせで、富士フイルム史上最高画質を実現するハイエンドミラーレスデジタルカメラです。APS-Cサイズセンサー(*2)搭載のデジタルカメラ「Xシリーズ」で高い評価を得ている高品位なデザイン、優れた操作性などの特長も継承しています。

なお、今回発売する「GFレンズ」は、標準レンズ「FUJINON GF63mmF2.8 R WR」(以下、「GF63mmF2.8 R WR」)、標準ズームレンズ「FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR」(以下、「GF32-64mmF4 R LM WR」)、中望遠マクロレンズ「FUJINON GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」(以下、「GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」)の3種です。

<「GFX 50S」と「GFレンズ」で実現した主なポイント>
1、中判サイズの5140万画素CMOSセンサーと、「Xシリーズ」で好評の画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載
同等の画素数を持つ35mmフルサイズセンサー搭載機と比べて、センサーサイズが大きく一画素あたりの受光能力に優れるため、卓越した高感度性能、階調再現性を発揮します。さらに、集光性能と解像力を最適化するマイクロレンズや、フォトダイオードを形成するプロセスを最適化することで、既存の同サイズセンサー採用カメラをも上回る超高画質を実現し、被写体の質感、立体感、その場の空気感までも伝えられるほど精緻な映像を描写できます。
また画像処理エンジンには、「Xシリーズ」ですでに高評価の「X-Processor Pro」を採用。富士フイルムが誇る「フィルムシミュレーション」による色再現をお楽しみいただけます。動画機能はフルHD30pに対応しており、高画質動画撮影が可能です。加えて、静止画同様に「フィルムシミュレーション」を使うことで、色調整などの後処理が不要になります。
2、小型軽量かつ高剛性ボディを実現し、中判サイズセンサー搭載機の常識を覆す機動性を発揮
マグネシウム合金を使用した、小型軽量かつ高剛性ボディ。さらに、ミラーレスシステムであるため、標準レンズ「GF63mmF2.8 R WR」と組み合わせても約1230gと、中判サイズセンサー搭載機(*3)の約60%、35mmフルサイズセンサー搭載機(*3)とほぼ同等の重量を実現しているため、高い機動性を発揮します。
3、369万ドット有機EL電子ビューファインダー(EVF)、236万ドット静電式タッチパネル背面液晶モニターを採用
EVFは富士フイルム初の着脱式で、ユーザーの使い方に合わせたフレキシブルな運用が可能。別売のEVFチルトアダプター(EVF-TL1)と併用することで、さまざまな角度に調整できます。また背面液晶モニターには、タッチ操作でメニューや測距点、画像などを選択できる3.2型静電式タッチパネルを採用。3方向チルト式とすることで操作性を高めるとともに、画像やピントを容易に確認できます。
4、堅牢性、耐久性に優れる大口径「Gマウント」と超高解像を実現する「GFレンズ」を新開発
マウント径65mmの大口径、26.7mmと短いフランジバック(*4)の専用マウント「Gマウント」を開発しました。ボディとレンズを同時開発することで、「Gフォーマット」センサーと「GFレンズ」の性能を最大限に引き出します。レンズの光学設計の自由度を向上させ、高画質化、さらにはボディの小型化にも貢献しています。
新規設計の「GFレンズ」は、将来を見据え、1億画素のセンサーにも対応できる解像力を実現。また、レンズ鏡胴には「Xシリーズ」で好評の絞りリングを備え、写真家の直感的な操作に対応します。また、新たに絞りリングにも「C(コマンドダイヤル)ポジション」を追加し、絞りをボディのコマンドダイヤルで変更可能にしました。

平成23年に発売した「Xシリーズ」は、風景撮影、スナップ撮影、ポートレート撮影、スポーツフォトなど、幅広いジャンルにおいて、独自の色再現技術などによる高画質と優れた機動性で、プロ写真家および写真愛好家から高い評価を得てきました。また昨今では、「Xシリーズ」の優れた色再現を継承し、商業写真やスタジオポートレート写真などの分野に適した、より高画素で大型センサーを搭載したカメラに対するニーズが高まっていました。富士フイルムは、このようなニーズに応えるため、「GFX 50S」および「GFレンズ」を開発しました。

「GFX 50S」および「GFレンズ」は、富士フイルムの長年の写真フィルム、中判・大判カメラ用レンズ、および近年の「Xシリーズ」の開発で培ってきた、画質設計、光学設計、外装設計、回路設計などの技術・ノウハウと、大型センサーの組み合わせにより、世界最高峰の写真表現を可能とした新しいカメラシステムです。既存のカメラシステムの画質に満足されなかった方、より高い次元の画質を求める方に満足いただける製品です。

富士フイルムは、従来の「Xシリーズ」に、「GFX 50S」および「GFレンズ」を加えて、これからも写真の素晴らしさ、写真を撮る悦びを提供していきます。
*1 36mm×24mmサイズのイメージセンサー。多くのデジタル一眼レフが採用している。
*2 23.6mm×15.6mmサイズのイメージセンサー。
*3 中判サイズおよび35mmフルサイズのイメージセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラ。
*4 レンズマウントのマウント面からセンサーまでの距離。

<関連リンク>
富士フイルム製品ご愛用者さま向けサポートサイト「My FUJIFILM(マイフジフイルム)」
  ⇒ https://my.fujifilm.jp/member/contents/top?link=atp
カメラ・写真用品のショッピングサイト「FUJIFILM MALL(フジフイルムモール)」
  ⇒ http://fujifilmmall.jp/shop/?link=atp
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る