• トップ
  • リリース
  • 日本法人の資本金増資と経営体制強化のお知らせ 〜取引先の増加と越境ECビジネスにおけるシェア拡大を加速〜

プレスリリース

日本法人の資本金増資と経営体制強化のお知らせ 〜取引先の増加と越境ECビジネスにおけるシェア拡大を加速〜

(@Press) 2017年01月25日(水)11時00分配信 @Press

中国向け越境ECビジネスを展開する株式会社bolome(ボウロウミイ、所在地:東京都新宿区)は、この度当社のホールディングカンパニーである「Bolome Holdings Limited」において資金調達を実施いたしました。

また、これに伴いまして、日本法人である株式会社bolomeは、更なる日本市場での営業体制の強化と越境ECビジネスにおけるシェア拡大を目的とし、5億円の増資を行ったことをお知らせいたします。
これにより、当社資本金は50,800万円(資本準備金を含む)となりました。

<資本金の変更>
増資前の資本金:800万円(資本準備金含む)
増資後の資本金:50,800万円(資本準備金含む)

加えて、日本における経営体制の強化のため、2017年2月1日付でこれまで一人だった取締役を三名体制に変更し、代表取締役に新たに「bolome」の共同創業者である水野 裕哉が就任いたします。

<取締役の増員>
従前の取締役  :陳 少春(代表取締役)
新体制の取締役 :水野 裕哉(代表取締役)
         陳 少春(代表取締役)
         三浦 浩之(取締役)


■ホールディングカンパニーの資金調達について
「bolome」はすでに4,300万米国ドルの資金調達を完了させておりましたが、今回新たにシンガポールのベンチャーキャピタルである「Vickers Venture Partners」より資金調達を行いました。資金調達額につきましては、すでに投資をいただいおります投資先への配慮および戦略的な情報統制の観点から、非公開とさせていただいております。


■日本法人増資の目的
「bolome」は日本の良質な商品を日本の店頭価格にて販売するという業界では革新的なコンセプトで2015年7月よりサービスを開始し、商品をライブ中継スタイルで紹介・販売するという特徴を武器に越境ECのパイオニアとして業界をリードしてまいりました。
一方、越境ECビジネス市場は今後非常に拡大が期待されることから、多くの事業者が同分野に参入し、既に競争の激化による淘汰が始まっています。
「bolome」はこれまで、ユーザー拡大と売上の最大化を経営指標として先行投資で事業拡大を進めてまいりましたが、昨今の業界動向や市場環境を鑑み、財務体質の強化と収益率の向上が必要と判断いたしました。
今回の増資を皮切りに、財務体質の強化と収益率の向上を図ることで信用力を向上させ、日本国内のメーカー様・ベンダー様との関係強化による圧倒的な商品調達力を創造します。
また、これまでBtoC事業で培ったノウハウやメーカー様・ベンダー様とのリレーションを生かし、BtoB事業、代理購入者向けのサービス、物流ソリューション(日本企業の中国事業支援)など新たなプロジェクトを開始することで、競合他社との差別化を図ってまいります。


■会社情報
会社名: 株式会社bolome
代表者: 水野 裕哉
     陳 少春
所在地: 東京都新宿区新宿3-13-5
URL  : http://bolome.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る