• トップ
  • リリース
  • 食用海苔から生まれたスキンケア化粧品『ポルフィラリッチ クリーム』を発売 1/23〜25開催の「化粧品開発展/国際 化粧品展」に出展〜保湿性の高い高分子量“ポルフィラン”の商品化に成功〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

有限会社エイミー

食用海苔から生まれたスキンケア化粧品『ポルフィラリッチ クリーム』を発売 1/23〜25開催の「化粧品開発展/国際 化粧品展」に出展〜保湿性の高い高分子量“ポルフィラン”の商品化に成功〜

(@Press) 2017年01月20日(金)16時30分配信 @Press

スキンケア商品の開発・販売、フェイシャルサロンの運営を行う有限会社エイミー(所在地:東京都足立区綾瀬3-21-15、代表取締役:須藤 泰子)では、食用海苔(のり)に含まれる保湿性の高い高分子量“ポルフィラン”を主成分とする化粧品の商品化に成功。このたび、スキンケア化粧品『ポルフィラリッチ クリーム』(容量:35g、価格:税別1,250円)を発売いたしました。今後は『ポルフィラリッチ』ブランドとして、ハンドクリームに続きシャンプー、美容液、またベビー&マタニティクリームの開発も計画しています。
また2017年1月23日〜25日まで、東京ビッグサイトで開催される「化粧品開発展/国際 化粧品展」において、OEM・ODMゾーン、ブース番号11-36に出展いたします。

詳細URL: http://www.a-me.co.jp/


主成分となるポルフィランは、ヒアルロン酸などと同様に、保水力に優れた成分として注目されていますが、一般的にはまだあまり知られていない成分です。これまで低分子量ポルフィランを使った化粧品やシャンプーは一部では販売されていましたが、今回当社が発売する『ポルフィラリッチ クリーム』は、高分子量ポルフィランを主成分とする商品としては、初めて商品化されたものといえます。

『ポルフィラリッチ クリーム』の商品化にあたっては、ポルフィランの研究を行っている国立大学法人長岡技術科学大学 小林研究室(新潟県長岡市上富岡町1603-1、小林 高臣教授)の協力を得て開発した抽出方法により、食用海苔(のり)から保湿成分として高分子量ポルフィランの精製に成功。当社にてモニタリング調査を経て化粧品として商品化しました。

ポルフィランが多く含まれる、原料となる食用海苔(のり)は、赤潮などの影響で食品規格外として廃棄処理される色落ち海苔を再利用しています。原料は全て国産海苔を使用し、現在、福岡県大川市の大野島漁業協同組合に提供いただいています。

当社は創業以来29年間、自然派化粧品にこだわり続け、これまで医学博士や理学博士、薬剤師の協力のもと、天然植物性抽出液を主成分とするオリジナルのスキンケア商品の開発・販売、また敏感肌の女性に向けたフェイシャルサロンの運営を行ってきました。
今回発売する『ポルフィラリッチ クリーム』は、当社の長年の経験や実績をもとに企業理念をかたちにした時代のトレンドを捉えた商品として、敏感肌に悩む多くの女性へ捧げる化粧品です。


■『ポルフィラリッチ クリーム』の誕生
・「ポルフィラン」との出会い(開発の背景)
当社は創業から29年間にわたり、自然派化粧品にこだわり、オリジナルのスキンケア商品の開発・製造・販売を行ってきました。特に肌トラブルに悩まされる女性へ向けて、素材・成分にこだわり天然植物抽出液を主成分とする商品を開発してきました。
近年、肌のトラブルを訴える女性が急増していますが、このようなトラブルの多くの元凶は、「乾燥」による皮膚表面の角質層の剥落で、異物など抗原分子が侵入しやすくなっている「敏感肌」です。アレルギー反応が発症すると痒みを生じ、掻く等の刺激で炎症や皮膚炎を招くことになります。これらを防ぐには皮膚表面の「保湿」により角質細胞や細胞間脂質に十分な水分を保持させ、外部からの刺激を防御することが重要となります。
そして保湿成分の高い「ポルフィラン」の研究を行なっている、国立大学法人長岡技術科学大学の小林 高臣教授との出会いから、「ポルフィラン」の商品化へ向けて動き出すことになりました。


・ポルフィランの抽出そして商品化に成功
 (国立大学法人長岡技術科学大学 小林研究室との共同研究)
2015年、国立大学法人長岡技術科学大学 小林研究室が開発した抽出方法により精製した高分子量ポルフィランは、高い細胞親和性や保湿作用を保持すると同時に、ベタつきもなく良好な化粧料となることが確認されました。アレルギーテストもクリアし化粧品保湿成分としての有用性が示される結果となり、皮膚に優しい保湿クリームとして商品化に成功しました。

【吸水・保湿性評価結果】
抽出条件の変化によって、色や分子量の異なる抽出物(ポルフィラン)を得ることができた。下図は、分子量500万のポルフィランを1wt%及び5wt%の水溶液を人の表皮上に塗布した後の水分保持(%)の結果を示す。水に比べ、ポルフィラン溶液の濃度が濃くなるにつれて、塗布直後の表皮角質層の水分保持率が増加した。また、その後の時間経過による水分率についても比較的高い数値が出ているため。水分保持能力が向上することが示された。
(国立大学法人長岡技術科学大学 小林研究室 資料より)

吸水・保湿性評価結果
https://www.atpress.ne.jp/releases/120173/img_120173_4.jpg


・海苔に多く含まれる保湿性の高い「ポルフィラン」
ポルフィランは、海苔にのみ含有している硫酸化多糖類の一種。海苔の細胞壁を構成し、ポルフィランは糖質の約80%、海苔全体の約30%を占めています。海面で生育している海苔は、ポルフィランの優れた保水性で紫外線や渇水に耐えるための防御機能を有しています。高い吸水性・保湿性、自然免疫活性、消炎作用などにより、化粧品や健康食品への応用が期待されています。

ポルフィランの原料となる乾燥海苔
https://www.atpress.ne.jp/releases/120173/img_120173_2.jpg
抽出したポルフィラン
https://www.atpress.ne.jp/releases/120173/img_120173_3.jpg


■『ポルフィラリッチ クリーム』商品概要
商品名:ポルフィラリッチ クリーム
価格 :1,250円(税別)
容量 :35g
特長 :・食用海苔(のり)由来 ポルフィラン配合
    ・ベタつきがなく、サラっとした感覚の保湿クリーム
    ・乾燥肌や荒れたお肌へ発揮
    ・お肌へ水分補給と潤いを与え自然のしっとりとした素肌感を付与
    ・香料/着色料/防腐剤フリー

(特許出願中)特願2015-140080
「ポルフィラン含有化粧料およびその製造方法」

※「Porphyra Rich(R)」は有限会社エイミーの登録商標です。

・廃棄海苔の再利用から生まれた化粧品
近年、赤潮などの影響よる海苔の色落ち発生が深刻化しています。色落ち海苔は、色・味ともに乏しく食品規格外となってしまいます。その利用法としては家畜の飼料など、各業界で開発が進められていますが、実際にはそのほとんどが廃棄処分となっているのが現状です。この廃棄処理は漁業関係者にとっては大きな課題となっていました。そうした中、当社ではまとまった原料の調達先を探していたところ、福岡有明海漁業協同組合連合会の大野島漁業協同組合が、廃棄海苔を提供してくれることになりました。
廃棄海苔の再利用から生まれたエコ成分を含む化粧品『ポルフィラリッチ クリーム』は、廃棄海苔という課題を解決することになり、自然にも優しい循環型化粧品なのです。


■イベント概要
イベント名:化粧品開発展/国際 化粧品展
開催日時 :2017年1月23日〜25日
開催場所 :東京ビッグサイト
ブース  :OEM・ODMゾーン ブース番号11-36
URL    :<化粧品開発展> http://www.cosme-i.jp/
      <国際 化粧品展> http://www.cosmetokyo.jp/

化粧品開発展は、化粧品の研究・企画開発に特化した「化粧品開発」のための国際商談展です。また国際 化粧品展は、化粧品会社が一堂に出展する、化粧品に特化した国際商談展です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る