• トップ
  • リリース
  • 三菱商事都市開発、川崎市湾岸エリアに物流施設「MCUD川崎II」を1月31日竣工、座間市の物流施設「MCUD座間」1月16日新築工事着手

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

三菱商事都市開発株式会社

三菱商事都市開発、川崎市湾岸エリアに物流施設「MCUD川崎II」を1月31日竣工、座間市の物流施設「MCUD座間」1月16日新築工事着手

(@Press) 2017年01月25日(水)11時30分配信 @Press

三菱商事都市開発株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:村田 弘一、以下 当社)は、川崎市湾岸エリアに高い利便性を兼ね備えた物流施設「MCUD川崎II」を1月31日に竣工いたします。
また、東名高速道路「横浜町田」ICや神奈川県内の幹線道路である国道246号、首都圏の環状線である国道16号近くに位置し、横浜市・川崎市・都内西部等の大消費地へのアクセスに恵まれた「MCUD座間」は2017年1月16日に新築工事に着手いたしました。
今後も、首都圏を中心に、利便性の高い物流施設のネットワーク構築を目指し、三菱商事グループにおいて長年培った物流施設開発・運営のノウハウを駆使し、優良な物流施設を不動産マーケットに提供してまいります。


■竣工物件概要
【MCUD川崎II】
所在地 :神奈川県川崎市川崎区白石町3-1
敷地面積:11,692.69m2
延床面積:23,771.56m2
建物構造:鉄骨造4階建
交通  :首都高速神奈川1号横羽線「浅田」料金所より約1.3km、
     JR鶴見線「武蔵白石」駅より約500m
竣工日 :2017年1月31日(予定)
テナント:三菱商事ロジスティクス株式会社
施設特長:
川崎市湾岸エリアに立地する本施設は、横浜・川崎及び都心エリアに近く、首都高速及びアクアラインへのアクセスも良好な物流適地に位置しており、最寄駅からも徒歩圏と、雇用優位性も高い施設となっています。


■着工物件概要
【MCUD座間】
所在地 :神奈川県座間市広野台2丁目4991-1
敷地面積:9,130m2
延床面積:18.200m2
建物構造:鉄骨造4階建
交通  :東名高速道路「横浜町田」ICより約7km
     圏央道「圏央厚木」ICより約8km
     小田急小田原線「相武台前」駅より約1.9km
着工日 :2017年1月16日
施設特長:
本施設は、神奈川県内の幹線道路である国道246号から約3km、首都圏の環状線である国道16号から約6kmと幹線道路へのアクセスも良好であり、横浜市・川崎市・都内西部等の大消費地へアクセスしやすく恵まれた立地となっています。


■MCUDシリーズについて
「MCUD」シリーズは、当社が開発する物流施設のブランドです。
◇開発中案件
施設名:MCUD川崎I 増築工事
所在地:神奈川県川崎市高津区北見方
時期 :2017年4月着工(予定)

◇竣工案件
・MCUD川崎I
 所在地:神奈川県川崎市高津区北見方
 時期 :2016年2月竣工
・MCUD本牧
 所在地:神奈川県横浜市中区豊浦町
 時期 :2016年1月竣工
・MCUD千葉北
 所在地:千葉県千葉市若葉区愛生町
 時期 :2015年12月竣工


<MCUD LOGISTICS ロゴ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/120140/img_120140_5.jpg
青色と赤色の2色で表現したブランドシンボルマークは、人間の身体の隅々に血液を送り届ける動脈と静脈の血管をイメージしており、物流が社会に価値を送り届ける経済のインフラ事業として、重要な責務を担っていることを表現しています。


■会社概要
三菱商事都市開発株式会社
・代表者  : 代表取締役社長 村田 弘一
・所在地  : 東京都千代田区有楽町一丁目7番1号
・資本金  : 7億円
・設立年月日: 2002年9月(2007年5月 三菱商事都市開発株式会社に商号変更)
・主な事業 : 商業施設・物流施設をはじめとした
        収益不動産のデベロップメント
・URL    : http://www.mcud.co.jp/
・関連会社 : 株式会社横浜赤レンガ
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る