• トップ
  • リリース
  • モビリティIoTベンチャーのGMS、コネクティッド・カーEXPOに出展 オートファイナンスの与信補強を実現するFinTechサービスを紹介

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

Global Mobility Service株式会社

モビリティIoTベンチャーのGMS、コネクティッド・カーEXPOに出展 オートファイナンスの与信補強を実現するFinTechサービスを紹介

(@Press) 2017年01月18日(水)15時30分配信 @Press

モビリティIoTベンチャーのグローバルモビリティサービス(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員 CEO:中島 徳至、以下 GMS)は、2017年1月18日(水)〜20日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される日本最大級の自動車業界の展示会である、オートモーティブワールド2017内“第5回コネクティッド・カーEXPO”に出展しております。


GMSは、独自開発IoTデバイス“MCCS”を活用した自動車の遠隔起動制御を可能にする技術を有しており、IoTと金融を掛け合わせ「オートファイナンスの与信補強」を実現し、従来、オートファイナンスを提供することができなかった方々へのファイナンス提供を可能にするFinTechサービスを、オートリース・ローン企業へ提供しております。

この度の展示会でのGMS出展ブースでは、自動車の遠隔起動制御を可能にするFinTechサービスの、デモンストレーションを実際にご覧いただけるよう準備をいたしました。
また、当サービスの提供にあたって不可欠である車載IoTデバイス“MCCS”の実機も合わせて出展しております。

車載IoTデバイス“MCCS(Mobility-Cloud Connecting System)”
https://www.atpress.ne.jp/releases/120022/img_120022_2.png

GMSの出展ブースにて最先端の遠隔制御技術に触れていただくことで、これからのオートファイナンスの可能性を感じていただけるものと考えております。

皆様のブースご来訪を、心よりお待ち申し上げております。


[Global Mobility Service株式会社について]
2013年11月設立。資本金510,714,900円(資本準備金含む)
本社  :東京都中央区銀座
代表者 :中島 徳至(代表取締役社長執行役員 CEO)
事業内容:・モビリティ向けIoTのプラットフォームサービスの提供
     ・クラウド上に蓄積したビッグデータの二次活用サービス
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る