• トップ
  • リリース
  • ハネウェル、自動車アフターマーケット向けにカーエアコン用次世代冷媒「ソルスティス yf」サービス缶の国内販売を開始

プレスリリース

ハネウェルジャパン株式会社

ハネウェル、自動車アフターマーケット向けにカーエアコン用次世代冷媒「ソルスティス yf」サービス缶の国内販売を開始

(@Press) 2017年01月20日(金)10時00分配信 @Press

[東京]2017年1月20日 ― ハネウェル(NYSE:HON、日本法人ハネウェルジャパン株式会社/東京都港区/代表取締役社長 エリック・ワグナー)フッ素化学品事業部は本日、当社の環境配慮性に優れた次世代カーエアコン用冷媒「Solstice(R)(ソルスティス) yf」サービス缶(200g)の国内供給および販売を開始しました。このたびの200gサービス缶の販売開始は、国内の自動車アフターマーケット市場におけるHFO-1234yf冷媒を採用した新型モデル車両のカーエアコンの修理やメンテナンスにかかる需要の増加に応えるものです。

国内では、2015年4月に施行されたフロン排出抑制法(略称)にて自動車用エアコンディショナー(カーエアコン)について定められた2023年までにGWPを150以下とする低GWP化目標の達成に向け、新しい冷媒への移行が進んでいます。

ソルスティス yf(HFO-1234yfまたは冷媒番号R-1234yf)は、ハネウェルの画期的なHFO(ハイドロフルオロオレフィン)技術を元に開発された冷媒で、また権威ある賞を受賞しています。国内ではノンフロンに分類されるソルスティス yf のGWP(地球温暖化係数)は1未満で、現在カーエアコン用冷媒として一般的に用いられているR-134a(HFC/代替フロン、GWPは1,430)に比べGWPを99.9%低減します。また、200gサービス缶は、国内標準であるJRA規格(日本冷凍空調工業会標準規格)の容器仕様に準拠しています。

ハネウェル、アドバンスド・マテリアル、日本担当部門長の瀧瀬 勝之は、「このたび当社では、ソルスティス yfを200gサービス缶で提供することによって、安全で、よりエネルギー効率性に優れ、そしてよりGWPの低い新冷媒へのよりスムーズな移行に寄与致します。ハネウェルは、日本の温室効果ガス削減目標の達成、そしてエネルギー効率性に対する要件の達成に寄与する、環境配慮性に優れた製品の開発や供給を進めることにコミットしております。」とコメントしました。


ハネウェルはソルスティス yf冷媒の国内生産能力に加え、サービス缶の販売についてもパートナーによる全国ネットワークを介して製品を生産・販売の双方で安定供給してまいります。ハネウェルはまた、ソルスティス yfの展開にあたり世界規模の生産能力およびパートナーシップによる供給ネットワークによる、世界的に安定供給する体制を整えています。

R-1234yfを搭載した自動車は既に全世界で1千万台以上販売されており、2017年末にはこれが4千万台に達すると予想されています。地球温暖化効果の高いHFC(代替フロン)の削減に向けた全世界での取り組みに合わせた各国・地域での法規制の厳格化に伴い、カーエアコン用途におけるソルスティス yfの需要は世界中で急速に増加しています。


ソルスティス yfは、世界各国・地域の温室効果ガス削減にかかる法規制を満たしています。

●欧州:欧州カーエアコン(MAC)指令、2017年1月以降に販売されるすべての乗用車、小型商用車にGWP(地球温暖化係数)150以下の新冷媒の導入義務

●米国:USEPA(米環境保護庁)による重要新規代替品政策(SNAP)プログラム、
モデルイヤー2021以降の新規乗用車および軽量トラックへのR-134a冷媒使用禁止


ハネウェルが「Solstice(ソルスティス)」ブランドで展開する同社のHFO技術を活用した低GWP製品群は、ソルスティス yf冷媒のほか、業務用冷凍冷蔵空調機器、フォーム用液状およびガス発泡剤、溶剤、およびエアゾール用噴射剤を取り揃えています。ソルスティス低GWP製品群は、最終製品の性能を損なうことなくカーボンフットプリントの低減に寄与します。


ソルスティス yfについて詳しくは、ハネウェル冷媒日本語ウェブサイト
http://www.honeywell-refrigerants.com/japan/ をご覧ください。

ソルスティス yfのご注文、製品に関するご質問は、
お客様相談室(電話番号 0299-48-4404)までお問い合わせください。


注記:本文のGWP(地球温暖化係数)値は、IPCC AR4(国連 気候変動に関する政府間パネル 第4次報告書)の値によるものです。HFO-1234yfはIPCC AR5(同 第5次報告書)以降に収載されたことからAR5の値を適用しています。AR5(第5次報告書)によるR-134a(またはHFC-134a)のGWP値は1,300です。



ハネウェルインターナショナル( www.honeywell.com )は、フォーチュン(Fortune)100社にノミネートされた、テクノロジーおよび製造分野におけるトップレベルの複合企業であり、航空宇宙分野の製品およびサービス、ビル/住宅/産業用の制御テクノロジー、ターボチャージャー、パフォーマンスマテリアルズなどを世界中のお客様に提供しています。ハネウェルのニュース・詳しい情報は、 www.honeywell.com/newsroom をご覧ください。


本プレスリリースには、1934年米国証券取引法第21E項が意味するところの「将来の見通しに関する記述」が含まれています。当社または当社の経営管理者が将来の発生または発生する可能性を意図、予想、予測、確信、または期待する活動、事象、または発展について述べた、過去の事実以外の記述はすべて、将来の見通しに関する記述です。これらの記述は、過去の経験と傾向、現在の経済状況、期待される将来の発展とその他の関連要因を考慮した経営管理者の仮定および予想に基づくものです。本リリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、当社の経営、製品、サービス、および価格に影響する経済、競争、政府、および技術的要因を含む(がこれに限定しない)リスクや不確実性にも左右されるものであり、このような将来の見通しに関する記述は、将来の業績、実際の結果、発展業務遂行上の決定を保証するものではなく、当社の将来の見通しに関する記述によって予想された内容とは異なる場合があります。当社業績に影響を与える主要なリスクや不確実性については、当社Form 10-Kおよび米国証券取引委員会提出文書に記載しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る