• トップ
  • リリース
  • 夫婦円満の秘けつは一緒に旅行に行くこと!?旅行に行く回数の多い夫婦ほど円満度が高いことが判明女性の36.8%が夫婦旅行で相手に「惚れ直した」と回答

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社DeNAトラベル

夫婦円満の秘けつは一緒に旅行に行くこと!?旅行に行く回数の多い夫婦ほど円満度が高いことが判明女性の36.8%が夫婦旅行で相手に「惚れ直した」と回答

(@Press) 2017年01月17日(火)11時45分配信 @Press

オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」(http://www.skygate.co.jp)を運営する株式会社DeNAトラベル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中野 正治)は、メールマガジン会員である23〜77歳の既婚男女2,911名を対象に「夫婦旅行」に関する調査を実施しました。

==================
「夫婦旅行」に関する調査結果
==================
http://www.skygate.co.jp/sa_city/mqr/025.html

【調査背景】
2月2日は「夫婦の日」。
厚生労働省の発表※によると、今世紀においては婚姻率・離婚率共に漸減傾向にあるようです。
そこで、DeNAトラベルのメルマガ会員の既婚者を対象にアンケートを実施、「夫婦旅行」についてリサーチしました。
※平成28年我が国の人口動態(平成26年までの動向):
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/81-1a2.pdf

【調査概要】
調査1:夫婦円満ですか?
 夫婦旅行に行く夫婦ほど円満度が高いという結果が顕著に表れました。「年5回以上」夫婦旅行に行く人の68.3%が「非常に円満」と答えたのに対し、夫婦旅行に「全く行かない」人は20.7%と1/3以下に留まりました。

調査2:旅行に行くなら誰と一番行きたいですか?
 1位は男女共に「パートナー」であったものの、男性が78.9%に対し、女性は59.7%と20%近く少ない結果となりました。その分、2位以降の「友達」「子供」「兄弟姉妹」「親」を選んだ割合は女性の方が男性よりも多くなりました。

調査3:夫婦旅行で相手を「惚れ直した」ことはありますか?
 男性の27.2%、女性の36.8%が「ある」と回答しました。男性は女性の「さりげない優しさ」や「気遣い」、一方女性は「トラブルに見舞われた時の対応や交渉力」にグッとくることが多いようです。

調査4:反対に夫婦旅行で相手に「幻滅」したことはありますか?
 「ある」と回答した男性が10.3%に留まったのに対し、女性は全体の約1/3となる33.2%となりました。男女共に「相手のワガママ」、「金銭感覚の違い」、「人任せなところ」が幻滅した理由として多く挙がる一方、「頼りない」、「すぐ機嫌が悪くなる」といった意見は女性側のみで見られました。

調査5:夫婦旅行に最もおすすめの国内旅行先はどこですか?
 1位は「北海道」(25.2%)、2位「沖縄」(19.9%)、3位「京都」(7.3%)、4位は同率で「長野」「静岡」「鹿児島」(2.7%)となりました。「北海道」は広大な自然と食事が美味しいこと、「沖縄」は暖かい気候とキレイな海の異国感、「京都」は観光スポットの多さが評価されました。また、「長野」「静岡」「鹿児島」の選択理由については温泉を挙げる人が多くいました。

調査6:夫婦旅行に最もおすすめの海外旅行先はどこですか?
 1位は「ハワイ」(18.9%)、2位「台湾」(10.4%)、3位「イタリア」(6.0%)、4位「アメリカ(本土)」(4.6%)、5位「オーストラリア」(3.9%)となりました。「ハワイ」と「台湾」に関しては日本語が比較的通じ易く、治安が良いことで人気が集まりました。また、「イタリア」はグルメな方、「アメリカ(本土)」は買い物好きの方、「オーストラリア」は自然を好む方々が好む傾向にあるようです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【調査1:夫婦円満ですか?】
 夫婦旅行に行く頻度別に「夫婦円満ですか?」と尋ねたところ、「非常に円満」と回答したのは「年5回以上」夫婦旅行をする人は68.3%だったのに対し、「年3・4回」の人は62.1%、「年1・2回」の人は51.5%、「年1回未満」の人は33.6%、「全く行かない」人は20.7%となり、夫婦旅行に行く夫婦ほど円満である確率が高いことが分かりました。

[図1]参照

【調査2:旅行に行くなら誰と一番行きたいですか?】
 「旅行に行くなら誰と行きたいですか?」という問いに対し、男女共に1位は「パートナー」でしたが、男性は全体の78.9%、女性は59.7%と20%近い差が出ました。2位以降の「友達」(男性:10.1%、女性:19.5%)、「子供」(男性:5.6%、女性:12.6%)、「兄弟姉妹」(男性:0.1%、女性:2.1%)、「親」(男性:0.1%、女性1.8%)を選んだ割合はいずれも女性の方が多くなりました。

[図2]参照

【調査3:夫婦旅行で相手を「惚れ直した」ことはありますか?】
 「夫婦旅行で相手を惚れ直したことはありますか?」という問いに対し、女性は全体の1/3以上の36.8%、男性は1/4以上の27.2%が「ある」と回答しました。

[図3]参照

■「惚れ直した」のはどのような時ですか?
・子供が居ないと自然と私優先になり昔の優しい旦那様を思い出した。(46歳・女性)
・知らない道を一生懸命、目的地を探して歩く主人の広い肩を見て、頼もしいなぁと思った。(62歳・女性)
・素直な笑顔が良かった。結婚する前に付き合っていた頃を思い出しました。(61歳・男性)
・旅先で思わぬハプニングやアクシデントがあっても、怒らず笑い話として受け取ってくれる時に嫁の寛容さに惚れ直す事があります。(30歳・男性)

男性はトラブルに見舞われても怒らない優しさや気遣い、女性はトラブルに見舞われても頑張って対応する姿に「惚れ直す」ことが多いようです。また、日常と違う一面を見た時に「惚れ直す」というのは男女共通の意見でした。

【調査4:反対に夫婦旅行で相手に「幻滅」したことはありますか?】
 「夫婦旅行で相手に幻滅したことはありますか?」という問いに対し、「ある」と回答した男性は10.3%だったのに対し、女性は3倍以上の33.2%となりました。

[図4]参照

■「幻滅した」のはどのような時ですか?
・道に迷ったり、うまく進まなかったりすると無言で機嫌が悪くなる(35歳・女性)
・旅行の計画も人任せなこと。事前に旅先の情報をチェックしてどういう日程にしよう等考えるが、夫の我関せずの態度に、私一人が旅行に行きたかったのかしらと虚しくなる。これは、旅行に行っても同じ。また、道がわからない時とか何か迷った時、絶対に自分から人に尋ねないため、私が聞いている。(54歳・女性)
・外貨になると金銭感覚がおかしくなる。日本では倹約家なのに。(35歳・男性)
・香港旅行の時、夜景見に行ったときにケーブルカー待ち90分で機嫌が悪くなり、こんな旅行来なきゃ良かったと言われた時に幻滅しました。(49歳・男性)

 男女共に「相手のワガママ」、「金銭感覚の違い」、「人任せなところ」が幻滅した場面として多く挙がる一方、「頼りない」、「すぐ機嫌が悪くなる」といった意見は女性側のみで見られました。

【調査5:夫婦旅行に最もおすすめの国内旅行先はどこですか?】
「夫婦旅行に最もおすすめの国内旅行先はどこですか?」という問いに対し、1位は「北海道」(25.2%)、2位「沖縄」(19.9%)、3位「京都」(7.3%)、4位は同率で「長野」「静岡」「鹿児島」(2.7%)となりました。

[図5]参照

■「北海道」がおすすめな理由
・大自然で、人間の小ささを実感させられる。夫婦の諍いが小さなことに感じられる。また景色が雄大で美しい。一緒に感動することで、生涯の共通した思い出作りができる。(54歳・女性)
・食べ物が旨いので。お互い不機嫌な時があっても、おいしいものを目の前にすると、自然と笑顔になれるから。(59歳・男性)
■「沖縄」がおすすめな理由
・暖かい&ゆっくりとした雰囲気が、非日常で現実から引き離してくれるから。あまり日常と変わらないと、日々の延長でケンカになるから。(35歳・女性)
・美味しい食べ物と、美しい景色が気分を楽しくしてくれる。そして、沖縄の人たちの温かさに心癒されるから。(49歳・男性)
■「京都」がおすすめな理由
・伝統ある奥深い京都の名所に季節ごとなど何度でも夫婦で落ち着いて訪れたくなる。(44歳・女性)
・老夫婦にとっては移動が楽に出来ることに加え、多くの歴史的な史跡、遺跡を見学出来ることは有り難い。(67歳・男性)

「北海道」は広大な自然と美味しい食事、「沖縄」はキレイな海と暖かい気候から来る非日常感、「京都」は落ち着いた時間を楽しみたい夫婦に人気のようです。

【調査6:夫婦旅行に最もおすすめの海外旅行先はどこですか?】
「夫婦旅行に最もおすすめの海外旅行先はどこですか?」という問いに対し、1位は「ハワイ」(18.9%)、2位「台湾」(10.4%)、3位「イタリア」(6.0%)、4位「アメリカ(本土)」(4.6%)、5位「オーストラリア」(3.9%)となりました。

[図6]

■「ハワイ」がおすすめな理由
・日本語が通じるので海外旅行が苦手なご主人でもハワイなら楽しめそう。(32歳・女性)
・治安がよく、安心して居られる。(54歳・男性)
■「台湾」がおすすめな理由
・近いし、暖かいし、食べるものはおいしいし、夫婦でフリー観光してもストレスがない。(57歳・女性)
・海外は治安が悪いところが多いが、台湾は親日であり食べ物もリーズナブルなことから。(60歳・男性)
■「イタリア」がおすすめな理由
・異国感があるなかで、芸術、歴史ともにすばらしく、ご飯も美味しいから。また、人々も陽気なので、多少のことがあっても旅行中マイナスな気分になることは少ない。(28歳・女性)
・有名な観光地が沢山あるし、食べ物も美味しいし、街並みも風情があって、やる事が尽きない。(31歳・男性)

「ハワイ」と「台湾」に関しては日本語が比較的通じ易く、治安が良いことで人気が集まりました。また、「イタリア」は世界遺産・グルメ好きの方、「アメリカ(本土)」は買い物好きの方、「オーストラリア」は自然を好む方々が好む傾向にあるようです。

【調査概要】
調査タイトル:「夫婦旅行」に関するアンケート調査
調査対象:23〜77歳の男女2,911名
調査期間:2017年1月4日(水)〜1月9日(月)
調査方法:インターネット調査
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る