• トップ
  • リリース
  • 日生劇場が贈る甘く切ない青春物語 NISSAY OPERA 2017『ラ・ボエーム』6月18日/24日

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

公益財団法人ニッセイ文化振興財団

日生劇場が贈る甘く切ない青春物語 NISSAY OPERA 2017『ラ・ボエーム』6月18日/24日

(@Press) 2017年01月17日(火)17時00分配信 @Press

公益財団法人ニッセイ文化振興財団では、「オペラをより多くの方に楽しんでもらいたい」という想いから、一流の舞台を10,000円以下のお求めやすいチケット料金でお送りしています。
2017年6月18日(日)/24日(土)に上演いたします『ラ・ボエーム』は、フランスのパリに住む若者たちの夢や恋、友情を描いた甘く切ない物語を豊かなオーケストレーションや美しい旋律の音楽で描いたプッチーニ作曲のオペラで、現在も世界中で上演され続ける人気作品となっています。マエストロにイタリアオペラに精通した園田 隆一郎、演出には新進気鋭の伊香 修吾を起用、そして今回は宮本 益光による新訳日本語訳詞で上演をいたします。日生劇場版『ラ・ボエーム』を気鋭のキャスト&スタッフでお楽しみいただけます。

<オペラ『ラ・ボエーム』>
http://opera.nissaytheatre.or.jp/info/2017_info/le-boheme/


【公演概要】
オペラ『ラ・ボエーム』

[日時]2017年6月18日(日)、24日(土) 各回13:30開演(13:00開場)
[会場]日生劇場
[チケット料金]S席/9,000円 A席/7,000円 B席/5,000円
        学生席/3,000円
[チケット発売日程]<先行>2017年1月17日(火)10:00-
          <一般>2017年2月 1日(水)10:00-
          ※学生席は5月26日から発売
           (日生劇場電話予約のみの取り扱い)。28歳以下。
           法令で定められた学校に在学中の方のみ有効。
           要学生証提示。
[指揮]園田 隆一郎
[演出]伊香 修吾
[演奏]新日本フィルハーモニー交響楽団

[出演]
6月18日(日)/6月24日(土)
ミミ     :砂川 涼子/北原 瑠美
ロドルフォ  :宮里 直樹/樋口 達哉
マルチェッロ :大山 大輔/桝 貴志
ショナール  :池内 響/近藤 圭
コッリーネ  :デニス・ビシュニャ/三戸 大久
ムゼッタ   :柴田 紗貴子/高橋 絵理
パルピニョール:岸浪 愛学/青柳 貴夫
アルチンドロ :相沢 創/小田桐 貴樹
ベノア    :清水 良一/押見 春喜

[スタッフ]
装置      :二村 周作
照明      :齋藤 茂男
衣裳      :十川 ヒロコ
日本語訳詞・字幕:宮本 益光
舞台監督    :幸泉 浩司(アートクリエイション)
演出助手    :手塚 優子
合唱指揮    :田中 信昭
児童合唱指揮  :籾山 真紀子
副指揮     :鈴木 恵里奈、水戸 博之、喜古 恵理香
コレペティトゥア:平塚 洋子、星 和代、経種 美和子
合唱      :C.ヴィレッジシンガーズ
児童合唱    :パピーコーラスクラブ


【チケットに関するお問い合せ】
日生劇場    : 03-3503-3111(10:00〜18:00)
         〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-1
         http://opera.nissaytheatre.or.jp/
[チケットぴあ]0570-02-9999/Pコード[313-855]
[e+(イープラス)] http://eplus.jp/sys/main.jsp
[東京文化会館チケットサービス]03-5685-0650


〜『ラ・ボエーム』がもっと楽しくなる関連企画をご用意しております〜
【関連企画概要】
○音楽レクチャー
レクチャー・コンサートや、テレビの音楽番組など活躍中の作曲家・加羽沢 美濃をむかえ、オペラ『ラ・ボエーム』の魅力をマエストロ・園田 隆一郎とともに、音楽面から徹底分析!オペラの聴きどころを、分かりやすく解説。

[日時]   2017年3月25日(土) 14:00開始(13:30開場) 約2時間
[パネリスト]加羽沢 美濃(作曲家)、園田 隆一郎(指揮)
[会場]   日生劇場 7F 大会議室
[入場料]  無料(要事前申込)
[お申込み] 03-3503-3122(平日10:00〜18:00、レクチャー係)

○ドラマトゥルク・レクチャー
音楽評論家として活躍中の加藤 浩子による『ラ・ボエーム』作品解説。
日本語訳詞を担当する宮本 益光が訳詞のプロセスを分かりやすく解説。
演出家・伊香 修吾による本公演の演出コンセプトをいち早く紹介。

[日時]   2017年4月2日(日) 14:00開始(13:30開場) 約2時間
[パネリスト]加藤 浩子(音楽評論家)、伊香 修吾(演出家)、
       宮本 益光(声楽家)
[会場]   日生劇場 7F 大会議室
[入場料]  無料(要事前申込)
[お申込み] 03-3503-3122(平日10:00から18:00、レクチャー係)

○アフタートーク
6月18日、24日終演後に演出家 伊香 修吾によるアフタートークを開催いたします。

[日時]   6月18日(日)/24日(土)終演後開催 約1時間
[パネリスト]伊香 修吾(演出家)、他
[会場]   日生劇場
[入場料]  18日、24日公演のチケットをお持ちの方。
※ご購入いただいた公演日のみご参加いただけます。


主催・企画・制作:公益財団法人ニッセイ文化振興財団[日生劇場]
協賛      :日本生命保険相互会社
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る