• トップ
  • リリース
  • 全国の20歳以上男女1,200人に聞いた「老後とお金に関する調査」第2弾 老後の生活資金の不安を解消するためのアクション テレビ、インターネットなどの身近なメディアからの情報入手が上位に

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会

全国の20歳以上男女1,200人に聞いた「老後とお金に関する調査」第2弾 老後の生活資金の不安を解消するためのアクション テレビ、インターネットなどの身近なメディアからの情報入手が上位に

(@Press) 2017年01月19日(木)10時00分配信 @Press

特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(略称:日本FP協会 理事長 白根 壽晴)は、ファイナンシャル・プランニングの重要性を伝えるとともに、質の高いファイナンシャル・プランナーの養成・認証を通し、社会全体の利益の増進に寄与することを目的にさまざまな活動を行っています。
今回、日本FP協会は、誰もが訪れる「老後」にフォーカスし、「老後とお金に関する調査」を実施いたしました。前回の調査結果では、どのような人が老後の不安を抱えているのか、世代別のお金の悩みなどを調査し、若い年代は「年金が受給できるか」という不安を持っている方が多く、年金を受給している年代は医療費や介護費用に対して不安を抱いていることがわかりました。
(URL: https://www.jafp.or.jp/about_jafp/katsudou/news/news_2016/files/newsrelease20161128.pdf )
今回は第2弾として、老後の生活資金に対する不安を解消するために、どのような取り組みをしているのか具体的取り組みの調査結果をまとめました。


【TOPICS】
■老後の生活資金に関する情報は、老後の生活資金について不安に思う方、不安に思わない方いずれもテレビ、インターネット、新聞・雑誌などの身近なメディアからが上位に。
■年金以外で老後資金は「預貯金(定期預金を含む)で準備する」が最も多い結果となった。
■くらしの中での貯蓄の工夫を生活資金不安別で見てみると、不安に思う方が様々な工夫をしている。しかし、老後の生活資金に関し不安に思う方は、そもそも貯蓄ができないことについて悩んでいる。
■FPの有資格者に合計31.7%が相談してみたいと回答する結果に。実際のFP相談の経験の有無は10.5%。「相談したことはないが、相談したい」という回答に関しては老後の生活資金に対し不安に思う方が多い。FP相談に不安に思うことは、「相談料がいくらかかるかわからない」が最多。


■老後の生活資金の情報
Q1. あなたは現在、老後の生活資金に関する情報をどこから集めていますか。(複数回答)
【老後の生活資金不安別】
https://www.atpress.ne.jp/releases/119893/img_119893_1.jpg
前回の調査で老後の生活資金について「不安に思う」、「どちらかと言えば不安に思う」と回答した方を『不安に思う』、「不安に思わない」、「どちらかと言えば不安に思わない」と回答した方を『不安に思わない』としました。老後の生活資金について、不安に思う方、不安に思わない方いずれも、老後の生活資金に関する情報は、「テレビ」、「インターネット」、「新聞・雑誌」などの身近なメディアからが上位となりました。この他の情報収集先としては、「行政機関」や「金融機関(銀行・証券など)」、「知人・親戚」からとなっています。その一方で、「セミナーに参加」したり「FPの有資格者に相談」したりなど、自ら積極的にアクションして情報を収集している方はどちらも2%前後でした。なお、老後の生活資金について、不安に思わない方の半数近くが全く情報収集をしていないという結果になりました。


■老後資金の準備
Q2. あなたは、年金以外に老後資金をどのように準備していますか。(複数回答)
【老後の生活資金不安別】
https://www.atpress.ne.jp/releases/119893/img_119893_2.jpg
年金以外で老後資金をどのように準備しているかをお聞きしたところ、老後の生活資金を不安に思う方、不安に思わない方ともに「預貯金(定期預金を含む)で準備する」が最も多い結果となりました。しかし、次いで多かった回答を比較すると、不安に思う方は「老後も働く」が40.1%に対し、不安に思わない方は、「金融商品で増やす」が20.0%と、異なる結果になりました。


■貯蓄の工夫
Q3. あなたのくらしの中で貯蓄するために工夫したり取り組んだりしていることについて、あてはまるものをお答えください。(複数回答)
【老後の生活資金不安別】
https://www.atpress.ne.jp/releases/119893/img_119893_3.jpg
くらしの中での貯蓄の工夫をお聞きしたところ、最も多い回答は「毎月金額を決めて計画的に貯蓄している」となりました。老後の生活資金について不安に思う方は、不安を払拭するために様々な工夫をしているようです。


■お金の悩み
Q4. あなたがお金にまつわることで悩んでいることをお答えください。(複数回答)
【老後の生活資金不安別】
https://www.atpress.ne.jp/releases/119893/img_119893_4.jpg
お金に関する悩みでは、老後の生活資金について、不安に思う方、不安に思わない方いずれも、老後の医療費や介護費に対する不安が大きいという結果になりました。また、老後の生活資金について不安に思う方は、「貯蓄ができない」や「老後資金が準備できるか心配」など、お金を貯められないことについて大きな不安を感じているようです。


■FP相談に関して
Q5. あなたは今後、くらしやお金に関して困った際、FPの有資格者に相談してみたいと思いますか。(単数回答)
【老後の生活資金不安別】
https://www.atpress.ne.jp/releases/119893/img_119893_5.jpg
今後、くらしやお金に関して困った際、FPの有資格者に相談してみたいと思うかをお聞きしたところ、老後の生活資金について不安に思う方は、「相談してみたいと思う」7.2%、「どちらかと言えば相談してみたいと思う」24.5%、合計31.7%がFPに相談してみたいと回答する結果になりました。一方、老後の生活資金について不安に思わない方は、合計16.9%がFPに相談したいと回答する結果になりました。


■FP相談の経験
Q6. あなたは、FPの有資格者(1級FP技能士、2級FP技能士、3級FP技能士、CFP、AFP)に相談をしたことがありますか。(単数回答)
【老後の生活資金不安別】
https://www.atpress.ne.jp/releases/119893/img_119893_6.jpg
FP相談の経験の有無については、全体では10.5%が「相談したことがある」と回答しました。老後の生活資金について不安に思う方は10.7%、不安に思わない方は9.8%と大きな差はありませんでした。しかし、「相談したことはないが、相談したい」という回答に関しては、老後の生活資金について不安に思う方は15.5%、不安に思わない方は9.3%と6.2ポイントの差となりました。


■FPへ相談したきっかけ
Q7. あなたが、FPの有資格者に相談をしたきっかけをお答えください。(複数回答)
https://www.atpress.ne.jp/releases/119893/img_119893_7.jpg
FPに相談経験のある126名に対し、相談したきっかけをお聞きしたところ、「保険の加入及び見直しの時期だったから」と回答した方が半数以上の51.6%となりました。次いで多い回答は、「老後が心配だから」を選択した方は21.4%、「子どもの教育資金が心配だから」が15.9%となりました。

<FPからのアドバイス>
住宅購入や保険見直し、家計見直しなど目の前に具体的なテーマあるいは問題が発生している場合は、FPに相談しようと考える方が多いようです。しかし、今後のライフプランにおいて、問題が発生する前に問題が起きないようにすることが大切ですので、まずは早めに問題が起きそうなところを把握しておきましょう。その後は、子供の進路選択や卒業、仕事が変わる(収入が変わる)などライフステージが変わるタイミングに相談すると安心でしょう。また、いつでも相談できるようにFPとの関係を構築しておくといいと思います。(CFP(R)認定者 黒澤 佳子氏)


■相談したいと思ったきっかけ
Q8. あなたがFPの有資格者に相談をしたいと思ったきっかけをお答えください。(複数回答)
https://www.atpress.ne.jp/releases/119893/img_119893_8.jpg
FPに「相談したことはないが、相談したい」と回答した172名に対し、相談したいと思ったきっかけをお聞きしたところ、「老後が心配だから」が最も多く57.0%となりました。次いで「保険の加入及び見直しの時期だったから」25.6%、「相続が心配だから」21.5%となりました。前問の「相談したきっかけ」では、「保険の加入及び見直しの時期だったから」が第1位となっており、異なる結果となっています。


■FPに相談する際の不安
Q9. あなたが、FPに相談する際に不安に思うことをお答えください。(複数回答)
https://www.atpress.ne.jp/releases/119893/img_119893_9.jpg
FPに相談経験がある、相談したいと回答した298名に対し、相談に際し不安に思うことをお聞きしたところ、最も多い回答は「相談料がいくらかかるかわからない」となり半数以上の56.0%が回答しています。次いで、「お金を払ってそれ以上のメリットを受けられるのかどうか」36.2%、「プライバシーが保護されるのかどうか」35.9%となりました。

<FPからのアドバイス>
相談料金体系は、時間制、月額や年額などの定額制や顧問制やその併用など、FPによってまちまちです。受け取る資料の有無や、相談内容によっては一度では終わらないケースもあります。当日の持ち物(データなど)の準備など事前準備をしっかり行うと相談を効率的に行えます。相談料や事前に準備するものは相談の申込みをする前に必ず確認しましょう。不明点等の質問に対する対応で、ある程度相性もわかると思います。また、FPも得意・不得意分野があるため、プロフィールや相談実績などを確認して、希望する相談分野を得意とする人を選ぶことも重要なポイントです。(CFP(R)認定者 鈴木 暁子氏)


■FPからの総括
調査結果より、老後の生活資金に関する情報は、テレビやインターネット、新聞・雑誌などの身近なメディアからが上位となりました。しかし、テレビやインターネット、新聞・雑誌で得られる情報は一方方向であり、モデルケースとしては納得できるものの自分に置き換えた時にどうなるのかわからず、不安が解消しないのかもしれません。

このような場合にFPなどの専門家に自分のケースを相談する方法がありますが、くらしとお金の専門家であるFPへの相談の有無を見ると、実際に相談したことがある方が10.5%と、まだまだ活用されてないことがわかります。相談する際の不安には、料金やプライバシー上の不安だけでなく、何を相談したらよいかわからない、相談の仕方がわからないということもあるように思います。専門家への相談に不安がある場合には、まずは、行政機関などの無料相談を活用することから始めることもひとつの方法かと思います。

先行き不透明な社会・経済情勢に加え、ライフスタイルの多様化や金融商品や税制等の複雑化により、老後の生活資金についての不安を払拭するためには、テレビやインターネットなどからの情報だけでなく、今後は、益々、専門家の適切な活用が必要になると思われます。(CFP(R)認定者 黒澤 佳子氏)


【調査概要】
1. 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
2. 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、インターネットを利用している全国の20歳以上の男女を対象に実施
3. 有効回答数:1,200名(20代、30代、40代、50代、60代、70代以上の男女:各100名)
4. 調査実施日:2016年10月7日(金)〜2016年10月11日(火)

※本調査において、老後の生活資金について「不安に思う」、「どちらかと言えば不安に思う」と回答した方を『不安に思う』、「不安に思わない」、「どちらかと言えば不安に思わない」と回答した方を『不安に思わない』として集計しました。
※「FPからのアドバイス」および「総括」は、日本FP協会のFP広報センターで生活者向けに電話で30分程度FP相談(相談無料)を受けているファイナンシャル・プランナーがコメントしています。


◆FPとは
結婚する、家を建てる、子供を留学させる、老後は海外で過ごす…など、わたしたちの将来の夢や目標をかなえるためには、まず、実現までの計画をしっかり立てることが大切です。この人生設計が「ライフプラン」です。
そして、わたしたちの夢や目標に対して、総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法が「ファイナンシャル・プランニング」です。
これらの計画を立てるためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、わたしたちの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナー、いわば、「家計のホームドクター(R)」のような存在がファイナンシャル・プランナー(FP)です。


<日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 法人概要>
商号   特定非営利活動法人(NPO)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
創立   1987年11月(2001年6月に特定非営利活動法人に認定)
理事長  白根 壽晴
所在地  東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス5F
事業内容 ファイナンシャル・プランニングに関する知識の啓発と普及、ファイナンシャル・プランニングに関する調査、研究および情報の提供、ファイナンシャル・プランニングに関する書籍の発行、国内外のファイナンシャル・プランニング関係機関との交流、ファイナンシャル・プランナーの教育と資格認定試験の実施
URL    http://www.jafp.or.jp/


※CFP(R)、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。
 AFP、AFFILIATED FINANCIAL PLANNERおよびアフィリエイテッド ファイナンシャル プランナーは、NPO法人日本FP協会の登録商標です。
※家計のホームドクター(R)はNPO法人日本FP協会の登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る