• トップ
  • リリース
  • 学生と企業が“じぶん”をプレゼン!マッチングイベント『やまなし合同JIBUN説明会』甲府・山梨県立図書館にて2月16日開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

山梨大学地域未来創造センター

学生と企業が“じぶん”をプレゼン!マッチングイベント『やまなし合同JIBUN説明会』甲府・山梨県立図書館にて2月16日開催

(@Press) 2017年01月24日(火)10時00分配信 @Press

山梨大学地域未来創造センター COC+部門(所在地:山梨県甲府市 山梨大学内、センター長:北村 眞一)は、未来を考える大学生と、山梨に関わる企業のマッチングイベント『やまなし合同JIBUN(ジブン)説明会』を2017年2月16日(木)12:30〜16:00に山梨県立図書館(山梨県甲府市)にて開催いたします。

イベントURL: http://miraiken.yamanashi.jp/jibun/


■『やまなし合同JIBUN説明会』の趣旨
『やまなし合同JIBUN説明会』は、未来を考える大学生たちが「じぶん」の魅力や、やりたいことを企業に1分でプレゼン。企業も「じぶん」の仕事への意気込みや思いなどを熱くプレゼン。大学生×企業のマッチングをより「じぶん」らしく行うための新しい形のイベントです。


■『やまなし合同JIBUN説明会』開催の背景
(1)「有名な会社」より「自分に合った仕事」と出会う時代へ
学生が自らの進路を考える時に、誰もが知っているような大手有名企業や上場企業などは大変需要があり、多くの学生たちがそういった企業の希望する人材に適うよう就職活動を行います。
しかし、価値観やライフスタイルが多様化する中で、「もっと自分らしい仕事・会社・働き方」といった視点を持って未来を選択することが求められており、当センターでは教育の場としてそういった機会を創出する必要性が高いと考えました。
また、求職活動においてもイベント出展や広告などに情報を多く発信できる企業は限られていますが、そういったことができない中小企業の規模や個人商店の中でも、魅力的でやりがいのある仕事・会社・事業や、情熱を持って働く大人達の存在を学生たちに知ってもらうことで選択肢を増やすことも目的としています。

(2)就職活動では伝わらない「自分」を伝える場を
従来行われてきた、企業ブースに学生が聞きに行く形式の就職イベントではなく、大学生と企業の両者が自由に「自分」をプレゼンしてもらう場をつくり、お互いの個性をぶつけ合うことで、新しいマッチングの機会を創ることを考えました。

(3)大学生に「山梨で働く」ということの可能性を感じてほしい
山梨県内には11の大学・短期大学が存在しますが、卒業後多くの生徒が山梨県外への就職を希望し、地域の担い手になり得る優秀な人材の多くが県外へ出て行きます。しかし一方で、山梨県内には、この地域だからこそ経験できる職業や、地域を豊かにする仕事や会社などが存在しており、担い手を求めている現状があります。
ただし、大学生にとって県外に出ることは決して悪いことではなく、外の広い世界へと飛び出し、知識や技術や感性を磨き成長していくこともとても大切なことです。問題なのは、「本当は山梨で働けるなら働きたい」という気持ちがあるにも関わらず、情報や機会の不足によって、選択肢を狭めたまま「地元には働きたい仕事がない」という判断を下してしまうことです。
当センターでは、このイベントによって少しでも多くの大学生に、山梨県という地域で働くことの可能性を感じてもらった上で、自分の未来を選択できるようになればと考えています。

※参考資料「学校卒業後の進路等に関するアンケート調査報告書」
平成27年10月山梨県知事政策局人口問題対策室
引用元URL: https://www.pref.yamanashi.jp/c-jinko/documents/gakusei.pdf


■『やまなし合同JIBUN説明会』のポイント
(1)学生・企業の両者が「じぶん」をプレゼンテーション
従来、就職活動などによくある「企業が発信し学生がアプローチする」という形式ではなく、学生も企業も両者が自分をプレゼンすることで、より自分らしい価値観や個性に合ったマッチングを促進します。

(2)地方山梨の面白い人材・仕事と出会うチャンス
就職活動、求人活動などではあまり得られないような、山梨県内の個性あふれる面白い大学生や企業の情報を得ることができます。交流会・懇親会などの場も設けるため、気になる人材や企業と直接話せたり、アプローチできたりします。

(3)インターンや協働のマッチングにも!
大学1〜3年生が参加するため、山梨県内でのインターンや協働プロジェクトなどのマッチングにも最適です。

(4)イベント当日に向けた参加者向けワークショップも開催
当日までの期間に、学生向けに2回、企業向けに1回のワークショップを開催し、より自分らしい発信ができるための支援も行います。

(5)地元の新聞社と提携し「未来計画新聞」として参加者情報を発信
申し込みをした大学生や企業のPR文、取り組みの様子や、山梨県の高校生アンケート結果などを掲載したオリジナルの新聞「未来計画新聞」(約7万部)を発行し、甲府市内の高校生・大学生・各世帯などに配布します。

<1月8日(日)に開催された学生向けワークショップ「自分の志向・価値観を知る」の様子>
https://www.atpress.ne.jp/releases/119835/img_119835_2.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/119835/img_119835_3.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/119835/img_119835_4.jpg


■開催概要
日時   : 2017年2月16日(木) 12:30〜16:00
会場   : 山梨県立図書館 イベントスペース
       https://www.lib.pref.yamanashi.jp/
所在地  : 山梨県甲府市北口2-8-1
参加費  : 無料 ※本年度に限る
定員   : 入場者数の制限はありません
       ※プレゼン参加者は学生・企業合わせて50名 (締切済み)
申込方法 : WEBからフォームにて事前申し込み(観覧・交流会参加)
       当日入場者受付

公式サイト: http://miraiken.yamanashi.jp/jibun/
Facebook : https://www.facebook.com/yamanashimiraijibun/
主な内容 : 1.1分プレゼン(学生・企業)
       2.交流会
       3.懇親会(会費制)


■運営団体概要
団体名 : 山梨大学地域未来創造センター
所在地 : 〒400-8510 山梨県甲府市武田4-4-37 山梨大学B-1号館315
代表者 : センター長 北村 眞一(きたむら しんいち)
設立  : 2015年
事業内容: やまなし未来創造教育プログラムの実施
URL   : http://www.fucom.yamanashi.ac.jp/


【本イベントに関するお客様からのお問い合わせ先】
山梨大学地域未来創造センター COC+部門
Tel:055-220-8450
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る