• トップ
  • リリース
  • 「ボックスシート」のネーミングライツ契約を締結 〜座席名称を「Sポイントボックス」とします〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

阪神電気鉄道株式会社

「ボックスシート」のネーミングライツ契約を締結 〜座席名称を「Sポイントボックス」とします〜

(@Press) 2017年01月13日(金)16時15分配信 @Press

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)が運営する阪神甲子園球場では、「ボックスシート(※)」のネーミングライツ(命名権)契約を、阪急阪神グループの施設でお使いいただけるカードポイントサービスである「Sポイント」サービスを運営する株式会社阪急阪神ポイント(本社:大阪市北区、社長:生井昌樹)との間で締結し、2017年シーズンから座席の名称を「Sポイントボックス」に変更します。
※「ボックスシート」は、アイビーシート・ブリーズシートの上段部分に設置しており、5〜6名のファミリーやグループがボックス内で自由なスタイルで観戦できる座席として、2016年シーズンに新設したものです。

【「Sポイントボックス」の概要】

1 契約企業 株式会社阪急阪神ポイント

2 座席名称 Sポイントボックス

3 座席数 4ボックス(5〜6名で利用)


(参考)
1 株式会社阪急阪神ポイントの概要
(1)会社名:株式会社阪急阪神ポイント
(2)代表者:代表取締役社長 生井昌樹
(3)本社:大阪市北区芝田一丁目16番1号 阪急電鉄本社ビル6階
(4)設立:2002年2月1日
(5)事業内容:ポイントサービスに関する管理・運営業務
       広告、宣伝代理業務等

2 Sポイントの概要
『Sポイント』は、関西エリアで様々な業種の事業を展開する阪急阪神グループのポイントサービスで、阪急阪神グループの施設を初め、様々なScene(場面)で「たまる」・「つかえる」Special(特別)なポイントです。現在、グループ外の加盟店を加えるほか、他社とのポイントの連携などにも取り組んでおり、今後は、関西エリアにお住まいの方々にとって、より良いポイントサービスになるよう展開していきます。サービスの詳細は「Sポイントサイト(https://www.s-pt.jp/)」でご案内しています。


阪神甲子園球場 http://www.hanshin.co.jp/koshien/
阪神電気鉄道 http://www.hanshin.co.jp/
リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/4742.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る