• トップ
  • リリース
  • XLARGE(R)&X-girl×展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」 バッグやアパレルなどコラボ商品を発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ビーズインターナショナル

XLARGE(R)&X-girl×展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」 バッグやアパレルなどコラボ商品を発売

(@Press) 2017年01月13日(金)14時30分配信 @Press

衣料品・雑貨品企画販売の株式会社ビーズインターナショナル(所在地:東京都目黒区、代表取締役:皆川伸一郎)は、当社ストリートファッションブランド「XLARGE(R)(エクストララージ)」「X-girl(エックスガール)」と、2017年2月22日(水)〜5月22日(月)に六本木・国立新美術館にて開催される展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」とのコラボレーションコレクションとして、バッグやアパレルなどコラボ商品を2017年2月10日(金)に販売開始します。
なお、本コレクションのアイテムは、X-girl storeのリニューアルオープンを記念して、ビーズインターナショナル オンラインショップ calif(カリフ)にて2月9日(木)19時より先行販売及び先行予約を開始します。
URL: http://calif.cc/s/XLXG_YK/


本コレクションは、草間彌生の代表的な「インフィニティネット」や「水玉」、彼女が活動のコンセプトとして訴え続けているメッセージ「LOVE FOREVER(愛はとこしえ)」、そしてニューヨークを拠点に活動していた60年代に制作された貴重な作品群からインスパイアを受けたグラフィックを、各商品に落とし込んだスペシャルコレクションとなります。

時計ブランドの「G-SHOCK」やバッグブランド「PORTER」とのトリプルコラボレーション コレクションもラインナップされた、ストリートとアートが融合したコラボレーションコレクションの誕生です。

発売日  :2月 9日(木) 19時よりcalifにて先行販売
      2月10日(金) 一般販売
発売店舗 :XLARGE(R)直営店、X-girl直営店
      ビーズインターナショナル オンラインショップ calif(カリフ)
      http://calif.cc/s/XLXG_YK/
      全国のXLARGE(R)お取り扱い店舗
      http://www.xlarge.jp/shoplist/
      全国のX-girlお取り扱い店舗
      http://www.x-girl.jp/stores/
      XLARGE(R) ZOZOTOWN
      http://zozo.jp/shop/xlarge/
      X-girl ZOZOTOWN
      http://zozo.jp/shop/x-girl/


【XLARGE(R)(エクストララージ)について】
1991年11月、LAのヴァーモント・アヴェニューにXLARGE(R) STOREがオープン。
このショップから発信されるファッションとカルチャーが、90年代のLAしいてはアメリカ、さらにワールドワイドなストリートカルチャーをリードしていきました。ブランドをスタートさせたのは、イライ・ボナーツとアダム・シルバーマンという建設学校を卒業したばかりの若者でした。

90年代のLAは、ヒップホップやグラフィティが発祥とされるNYとは全く異なる形態で発展し、独自のスケートボードや音楽カルチャーがミックスし、新たなストリートカルチャーが生まれようとしていた時代でした。イライ、アダムの2人に、Beastie BoysのマイクDが加わり、「XLARGE(R) STORE」は強力な個性を放つこととなりました。「XLARGE(R) STORE」は、当時としては画期的な商品構成で、ベン・デイヴィスやカーハートといったワークウェア、アディダスやプーマといったオールドスクールスニーカーなどを取り扱い、現在のセレクトショップの価値観を築きました。

そのショップのオリジナルブランドとしてスタートしたXLARGE(R)は、「普段着ではなく、ファッションとして実用なウェアを表現する」というユニークな視点を提示し、MUSIC、ART、SKATEBOARDINGなどのカルチャーを融合することで、オリジナルのファッションスタイルを生み出しました。

現在も、設立当時の力強さを失うことなく、ストリートウェアの革新者であり、パイオニアであり続けています。


【X-girl(エックスガール)について】
1994年夏、SONIC YOUTHのキム・ゴードンが、友人でもありXLARGE(R)のショップスタッフでもあったデイジー・ヴォン・ファースと共に立ち上げました。

1991年に立ち上がったXLARGE(R)に携わっていたBEASTIE BOYSのマイク・Dが、以前から交流の合ったキムに声を掛けたのがきっかけです。

キムとデイジーの着たい服、つまり彼女達のリアルクローズ的なアイテムをX-girlとして打ち出すと共に、グラフィックやデザインを落とし込んだアイテムを展開し、「GIRL'S MOVEMENT」の先駆者としてファッション業界だけでなく音楽やアートも巻き込んだレディースストリートブランドとして、注目を浴びました。

X-girlのロゴデザインは、映像作家・グラフィックデザイナーであるマイク・ミルズが手掛け、その後も彼はTシャツやポスターなどのデザインも担当し、ブランドとの関わりを深めました。X-girlのシンボルとも言えるフェイスロゴのグラフィックもマイク・ミルズによるデザインで、彼の友人でアーティストでもあるミッシェル・ロックウッドがモデルとなっています。

1991年、ロサンゼルスのロス・フェリッツに第1号店がオープン。更にニューヨークのSOHOにて、ストリートの女の子をハントしモデルとしてランウェイを歩かせ、X-girl初のゲリラストリートファッションショーも行われました。プロデューサーにソフィア・コッポラとスパイク・ジョーンズを迎え、当時X-girlの顧客でもあったクロエ・セヴィニーやミッシェル・ロックウッドもモデルとして参加していました。

そうしてブランドをスタートさせたX-girlは現在も、音楽、カルチャー、スポーツ等のストリートシーンから様々な要素を取り込み、「REAL GIRL'S CLOTHING」をテーマに掲げ、BASICで飽きのこないアイテムを時代の変化に合わせながら“リアルな女の子のストリートスタイル”として提案し続けています。


【展覧会情報】
展覧会名:国立新美術館開館10周年
     「草間彌生 わが永遠の魂」
会期  :2017年2月22日(水)〜5月22日(月)
会場  :国立新美術館 企画展示室1E
開館時間:午前10時〜午後6時(金曜日は午後8時)
     4月29日(土・祝)〜5月7日(日)は、毎日午後8時まで開館、
     入場は閉館の30分前まで
休館日 :毎週火曜日 ※但し、5月2日(火)は開館
主催  :国立新美術館、朝日新聞社、テレビ朝日
協賛  :鹿島建設、岡村印刷工業
協力  :草間彌生スタジオ、パナソニック
展覧会ホームページ: http://kusama2017.jp/


【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
・XLARGE(R) HARAJUKU
 TEL:03-3475-5696
・X-girl store
 TEL:03-5772-2020
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る