• トップ
  • リリース
  • Girls Research Press 〜誰にでも分かるガールズ解体新書〜Vol.19を発行 2016年ヒットまとめ&2017年これくるヒット予測を発表

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社TWIN PLANET

Girls Research Press 〜誰にでも分かるガールズ解体新書〜Vol.19を発行 2016年ヒットまとめ&2017年これくるヒット予測を発表

(@Press) 2017年01月20日(金)18時00分配信 @Press

株式会社TWIN PLANETでは、ビジネスに活用できるガールズマーケット情報『Girls Research Press〜誰にでも分かるガールズ解体新書〜Vol.19』を発行いたしました。


今回の特集テーマと見解は以下になります。

◆2016年ヒットまとめ
・ハッピーオーラ満載な2016年
今回GRPでは、先月号で発表したgrpアワードに引き続き、2016年ガールズの間で流行したモノ・コトを更に深堀りするべく、CROOZblogユーザー約300名のガールズを対象にアンケートを実施しました。2016年を象徴するガールズ的ワードとして挙げられたものを順に見ていくと、1位には2015年のギャル流行語大賞となった「パリピ」が2年連続でランクインしました。2位にはジャスティン・ビーバーがリツイートした瞬間に世界的に大流行となったピコ太郎の「PPAP」、2016年のgrp大賞にもなった「Instagram」、顔認証アプリ「SNOW」、SNSを投稿する時にお馴染みの「ハッシュタグ」、テレビや雑誌で引っ張りだこの「ぺこ&りゅうちぇる」。ついで、ゆったりシルエットと肌ざわりのいい素材を使用した「ゆるてろ」ファッション、リア充感やパリピなどから連想される「ハッピー」がワードとしてランクインする他、ゆうたろうなどの原宿ショップ店員を中心に注目を集めたファッションスタイル「ジェンダーレス」、動画も写真も撮れることで注目を集めている「GoPro」と、今年のガールズの流行りが詰まった内容となっています。

・デジタルとリアルの間がブーム
今回GRPではCROOZblogユーザー約300名を対象に、2016年で最も楽しかったイベントをアンケートしました。その結果、2015年と同様に「ハロウィーン」が圧倒的な人気を集め、その他では、2015年2位であった花火大会・祭りを抜き、誕生日会が2位、バーベキューなどのアウトドア系が多く挙げられており、非常にアクティブなイベントが人気を集めたことが分かりました。また、2016年に流行したヒト・モノ・コトを調査していく上で、ヒットのキーワードとして挙げられるのが「2.5次元」です。デジタルとリアルの間、または、仮想世界と現実世界の狭間に位置する物事に注目が集まっているのではないかと考えています。例えば、今年大流行したPokemon GOも現実世界と仮想世界をスマホで結ぶといったゲームアプリであり、近年頻繁に映画化、ドラマ化がされている人気漫画の実写化は、言うまでもなく2.5次元の世界です。また、角度を変えてみてみると、ガールズの定番イベント化しているハロウィーンは、アニメをはじめとする仮想世界の人物やキャラクターに仮装することで楽しんでいることから、もはや2.5次元と言っても過言ではありません。今や、2.5次元は私たちがイメージするアニメの実写化などの幅を超え、私たちの生活に溶け込み、流行を生み出す根源に位置しています。


◆2017年これくるヒット予測
・動きのある投稿が「いいね!」争いに拍車をかける。
CROOZblogユーザー約300名を対象に「2017年流行りそうなモノ」についてアンケート調査を行った結果、1位には2016年大ヒットとなったInstagramが票数もダントツでランクインしました。ついで、2位には大人気顔認証アプリ・SNOWがランクインし、三脚やスイッチャーをはじめとする動画やセルフィーを撮影する為のアクセサリーが3位、袖の長いシルエットが特徴的なエクストリームスタイル(萌え袖)が4位となり、海外では、セルカ棒並みの人気を誇るGoProが5位となりました。2017年は近年のセルフィーブームに加え、動画コンテンツとアクセサリーに注目を集め、動画ブームが加速することが予想されます。また、編集アプリやアクセサリーの機能の底上げにより今までユーチューバーなど一定の技術力を持ったユーザーが発信するものだった動画がいよいよ、一般層にも降りてくる時を迎えようとしているのではないでしょうか。

・自撮りより他撮り!雰囲気重視!
カメラ付き携帯電話が普及して以来、ガールズの間で自撮り写真を撮る行為自体は一般的でしたが、近年のセルフィーブームをきっかけに更に幅広い層で自撮りを楽しまれるようになりました。そして今、その自撮りの他に「他撮り」が一部のガールズの間で注目を集めているようです。他撮りとは書いて字の如く、他の人に写真を撮ってもらうことであり、周りの風景も一緒に撮影できることから、自撮りに比べよりその場の世界観を伝えることができます。また、風景に合わせたコーデなどにもいいね!を見込めるといった一石二鳥感が更に人気を集めている秘密と言えます。いいね!を獲得するために試行錯誤する彼女達が目に浮かぶようです。

・ストーリーで手軽に今を更新!
2016年は、Snapchatをはじめとする、24時間で消えてしまうといった機能に注目が集まりました。それらの投稿には、限定感があり、また自身のSNSでの世界観を崩さないと言った利点がある為、世界観を重視してきたガールズの間では手軽に投稿できるストーリーの配信が頻繁に行われるようになってきています。また、SNOWなどの顔認証アプリの登場で加工の手間を省くことができるようになったことで、静止画だけでなく、動画投稿へのハードルの低くなりました。このことから今後も24時間限定で掲載されるストーリー投稿はTwitterのようにリアルタイムで行われるようになる日もそう遠い話ではないかも知れません。

・現実と幻想の狭間、2.5Dがアツイ。
2016年にヒットしたものを分析してみると、リアルとデジタルないし、幻想の世界の間に位置する事柄に注目が集まっていることが分かってきました。そんな2.5次元の本来のイメージは、アニメの実写ミュージカルなどを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、それだけではなく、近年市場規模を拡大している「ハロウィーン」などもいわば2.5次元であり、見渡してみれば、知らぬ間に2.5次元の世界に取り込まれていることに気付かされます。しかしながら、従来の2.5次元を指す「刀剣乱舞」なども先日原宿にカフェをOPENさせるやいなや連日満員御礼の大好評だそうです。このように爆発的な人気と影響力を持つ2.5次元の世界には、今後もヒットポイントが潜んでいるに違いありません。今後も2.5次元には注目です。


・調査内容:grp award2016に関するアンケート
・調査対象:CROOZblogユーザー全国14〜35歳女性、600名
・調査時期:2016年10月19日(水)〜11月16日(水)
・調査手法:インターネット調査
・調査会社:株式会社TWIN PLANET(Girl Research Press編集部)

・調査内容:2017年流行予測に関するアンケート
・調査対象:CROOZblogユーザー全国14〜35歳女性、300名
・調査時期:2016年11月16日(水)〜11月30日(水)
・調査手法:インターネット調査
・調査会社:株式会社TWIN PLANET(Girl Research Press編集部)


株式会社TWIN PLANETでは、「Girls Research Press〜誰にでも分かるガールズ解体新書〜」を2015年6月よりビジネスに活用できるガールズマーケット情報を企業様向けにご提供しております。
Girls Research Pressでは、CROOZblogユーザー約700万人から抽出されたガールズのアンケートデータを集約し、リサーチ結果を元に更に、市場調査・ガールズ座談会・イベント取材等を行い、現代のガールズを分析、独自に記事化し、そのデータをパッケージにしてご提供させて頂いております。
パッケージの内容は、“トレンドの先読みやニュースを分かりやすく可視化した「タブロイド」と、ガールズマーケットの情報を定量データ化した「リサーチデータ」”の2種が含まれます。

【Girls Research Press公式サイト】
http://grp.tokyo/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る