• トップ
  • リリース
  • 第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募

プレスリリース

一般財団法人山本美香記念財団

第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募

(@Press) 2017年01月13日(金)11時30分配信 @Press

「一般財団法人山本美香記念財団」では、2017年5月26日(金)を第四回の授賞式とする「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」の候補者および候補作品を2017年4月3日(月)まで公募しております。


■対象作品について
「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」の対象は、2016年4月〜2017年3月の間に取材活動を発表したジャーナリストの活動とその作品です。基本的には写真、映像、記事ですが、ニュース性の高いドキュメンタリー映画(商業映画ではなく、ジャーナリズムの視点で撮られた映画)、および同様にニュース性の高いルポルタージュ(書籍や長期にわたる連載記事)なども含まれます。

今も世界で絶えない不条理のもとで、それでも日常を守り、生きてゆこうとする人々の苦しみや逞しさを見つめ、伝えようとするジャーナリストの活動とその作品に、「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を贈りたいと考えております。この賞が、そんな人々の姿を世界に伝える一助になれば幸いに存じます。


【「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」概要】
<締め切り>
2017年4月3日(月) 必着

<受賞者発表>
2017年5月下旬

<受賞対象者・対象作品>
自薦、他薦、国籍、および取材作品が発表された国や地域不問。基本的にフリーランス、および独自媒体を持たない独立系メディアに所属する個人。
(ただし、大手メディアに所属する記者等であっても、特に人間性にあふれる気概や意義が感じられる作品については受賞対象とする)

※応募方法、詳細等は、「一般財団法人山本美香記念財団」ウェブサイトを参照
http://www.mymf.or.jp/

<賞金>
50万円

<選考委員>
川上泰徳(元朝日新聞中東アフリカ総局長)
最相葉月(ノンフィクションライター)
関野吉晴(探検家/武蔵野美術大学教授)
野中章弘(アジアプレス・代表)
吉田敏浩(ジャーナリスト)

財団ウェブサイト: http://www.mymf.or.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る