• トップ
  • リリース
  • これからの学びを考える勉強法のハッキングメディアがアプリになって登場!“STUDY HACKER(iOS)”1月13日リリース

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

これからの学びを考える勉強法のハッキングメディアがアプリになって登場!“STUDY HACKER(iOS)”1月13日リリース

(@Press) 2017年01月13日(金)11時00分配信 @Press

勉強法のハッキングメディア“STUDY HACKER(スタディーハッカー)”を運営する、株式会社恵学社(本社:京都府京都市下京区、代表取締役社長:岡 健作、以下 恵学社)は、2017年1月13日(金)にiOSアプリ『STUDY HACKER』の配信を開始しました。

サイトURL: http://studyhacker.net/


このたび配信開始した『STUDY HACKER』は、「これからの学びを考える」をコンセプトに合理的でスマートな学び方・働き方を届けるアプリです。ビジネスや勉強・学習に役立つ多彩なオリジナルコラムが掲載されています。明日からの生き方をほんのちょっぴりカッコよく変えてみたい、そんな人にぴったりです。


【アプリの特徴】
○好きなカテゴリーをまとめて読める○
各記事は「スキルアップ」「キャリア」「効率化」「自己啓発」「英語」といったカテゴリーで分類されています。興味のあるカテゴリーを選べば、自分が必要とする記事をまとめてさくさく読むことができます。
https://www.atpress.ne.jp/releases/119575/img_119575_2.png

○気になるワードで簡単検索○
検索欄でキーワードを入力すれば、関連する記事を効率良く収集することもできます。気になる言葉や話題のワードを入力して、お気に入りの記事を探してみましょう。
https://www.atpress.ne.jp/releases/119575/img_119575_3.png

○プッシュ通知で新着記事をお届け○
新着記事がプッシュ通知で届くため、最新情報を取りこぼす心配がありません。
https://www.atpress.ne.jp/releases/119575/img_119575_4.png

○友達にもシェアできる○
お気に入りの記事を見つけたら、TwitterやFacebook、Pocket、LINEに投稿することも可能です。知り合いや友達にシェアをして「STUDY HACKER」の輪を広げていきましょう。


【アプリ概要】
アプリ名:STUDY HACKER
対応OS :iOS
     (iPhone 5, 5c, 5s, 6, 6s,6 Plus, 6s Plus, 7, 7 Plus / iPod Touch / iPad)
     (Android版は開発中です)
価格  :無料
提供開始:2017年1月13日

<ダウンロードURL>
https://itunes.apple.com/jp/app/study-hacker-bijinesu-mian/id1186648444?mt=8



サイトURL: http://studyhacker.net/
Facebook : https://www.facebook.com/page.studyhacker/
Twitter : https://twitter.com/study_hacker


【会社概要】
会社名 :株式会社恵学社(Keigakusha, Inc.)
代表者 :代表取締役社長 岡 健作
所在地 :(京都)〒600-8422
        京都府京都市下京区室町通仏光寺上ル白楽天町521-1
     (東京)〒160-0008
        東京都新宿区三栄町3-11 ecoビル1F
設立  :2010年2月24日
資本金 :2,100万円
事業内容:
大学受験向け予備校事業(京都「烏丸学び舎」、東京「学び舎東京」の運営)、メディア事業(勉強法のハッキングメディア“STUDY HACKER”の運営)、英語教育事業(英語のパーソナルトレーニングジム“StudyHacker ENGLISH COMPANY”の運営)、教育系アプリ開発事業(時間管理アプリ「コソ勉」、リスニングトレーニングアプリ「Listening Hacker」)

URL: http://keigakusha.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る