• トップ
  • リリース
  • SD-WAN技術を活用したクラウド型ネットワークサービスの提供開始

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社NTTPCコミュニケーションズ

SD-WAN技術を活用したクラウド型ネットワークサービスの提供開始

(@Press) 2017年01月17日(火)15時00分配信 @Press

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下 NTTPC、代表取締役社長:田中 基夫、本社:東京都港区)は、法人向けトータルネットワークソリューション「Master'sONE(R)」において、SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)技術を活用した、革新的なクラウド型ネットワークサービス(以下「本サービス」)の提供を2017年1月17日より開始します。
NTTコミュニケーションズグループは、企業向けサービスビジョン“グローバルクラウドビジョン”において、SD技術を活用した柔軟で俊敏性の高いサービスの強化と、複雑なITの一元的なマネジメントの実現(SDx+M)を進めています。


1. サービス提供の狙い
現在、企業の情報システムにおいて、柔軟性や拡張性に優れたクラウドサービスの利用が拡大しています。クラウドサービスの登場により、企業は情報サービスやリソースについて「必要な量を」「必要な時に」利用することができるようになりました。また、クラウドサービスが提供するAPIを利用して他の情報システムと接続することで、運用効率が高く、利便性の高いトータルシステムを構築できるようになっています。
一方、現在のネットワークサービスの多くは、柔軟性や拡張性の観点でクラウドサービスに比べて見劣りし、企業経営の変化にスムーズに対応できていません。そこでNTTPCは、最新のSD-WAN技術を活用し、フレキシビリティとアジリティに優れ、かつ企業のインフラに必要なセキュリティを備えた、クラウド型ネットワークサービスを開発し、提供を開始します。
本サービスにて、企業ネットワークが抱える「企業経営の変化に伴う柔軟性の確保」、「パブリッククラウドサービスの利用拡大とそのトラフィック増加への対応」、「モバイル利用や拠点増に対応したセキュリティの確保」といった課題を解決いたします。

<サービス提供イメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/119445/img_119445_1.png


2. 本サービスの特長
(1) SD-WAN機能の提供
ネットワーク構成と各ネットワーク機能をソフトウェアにより柔軟かつ即時に変更できる機能を提供します。これにより、これまでの企業ネットワークが抱えていた多くの問題を解決することができます。
[1]拠点新設及び変更スピードの向上
・ゼロタッチプロビジョニングによる拠点ルータの自動設定
・クラウドからの一元管理による、ポリシー及びコンフィグ設定の即時変更
[2]品質マネジメント及びスケーラビリティの向上
・アプリケーションレベルでの通信の可視化
・パブリッククラウド向けトラフィックのオフロードと重要トラフィックに適用する帯域の確保
・同一ネットワーク内でフルメッシュ構成やハブ&スポーク構成を適切に選択
[3]セキュリティの向上
・論理セグメンテーションの設定による、ネットワークレイヤでのアクセスコントロール
・セキュリティ機能の即時利用やポリシーの即時変更

(2) セルフマネジメントサービス
お客さま自身がコントロールパネルからネットワークを運用管理できるセルフマネジメントサービスを提供します。
セルフマネジメントサービスでは、お客さま自身でネットワーク状態をモニタリングし、ネットワーク帯域の変更やルーティングの変更など、きめ細やかなコントロールを自由に設定できます。また、APIも提供されるので、お客さまの各種システムと連携した高度なマネジメントも可能です。

(3) ハイブリッド・オーバーレイネットワーク
本サービスは、アクセス回線等の物理回線に依存しないオーバーレイネットワークサービスです。本サービスにより、既存のインターネット接続サービスやIP-VPNサービス等をそのまま活用したハイブリッドネットワークを構成することが可能です。また、4G/LTE等のモバイル回線を利用することで、ネットワーク拠点新設時におけるアクセス回線準備までのリードタイム短縮やモバイルバックアップの活用等、多彩なネットワーク構成を容易に実現することができます。
さらに、ご希望のお客さまには、本サービスに加えて、NTTPCから高品質・低価格のインターネット接続サービスやIP-VPNサービスを提供することが可能です。


3. 今後のSD-WANサービス
NTTPCはSD-WAN技術を活用したクラウド型ネットワークサービスの第1弾として、既にグローバルマーケットで多くの事例を展開し、SD-WANソリューションのリーダーであるViptela社*1装置を活用したサービスを、2017年1月17日より提供いたします。
提供料金(税別)は、初期:79,000円/拠点〜、月額:8,400円/拠点〜です。詳細はNTTPCホームページ( http://www.nttpc.co.jp/service/mastersone/sdwan )に記載しております。
なお、NTTPCは、これからも「フレキシビリティ」「アジリティ」「セキュリティ」に優れたクラウド型ネットワークサービスの開発と提供を継続してまいります。

(1) サービスラインナップの追加
新しい技術要素を順次サービスに組み込むことで、ご利用になれるハードウェアの追加、複数パブリッククラウドサービスへの対応等、本サービスの適用領域を拡張していきます。
(2) アプリケーションソフトウェア対応
モバイル利用の拡大に対応し、NTTPC指定のハードウェアだけでなく、スマートフォン等モバイルデバイスをサポートするアプリケーションソフトウェアを提供していきます。
(3) セキュリティ機能の強化
モバイル等ネットワークの利用形態が多様化するなか、接続方式によらず統一したセキュリティポリシーの運用を実現するため、NFV技術を活用したクラウド型セキュリティサービスを順次拡大していきます。
(4) ホワイトラベル機能の強化
API提供によるお客さまシステムとの連携に加えて、本サービスを活用できるパートナー様との連携強化を目的に、コントロールパネルのホワイトラベル提供や、ビジネス展開のサポート等を強化します。
(5) IoTビジネスへの適用拡大
これからのIoTビジネスへの適用を目的に、より安価でシンプルなサービスを提供していきます。

*1 ViptelaはWAN環境を仮想化するSoftware-Defined Wide Area Network(SD-WAN)技術を提供する会社です。
より詳しくはviptela.jpを見ていただくか、Twitterの@viptelaアカウントをフォローください。

※「Master'sONE」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。
※「フレッツ」は、NTT東日本・NTT西日本の登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る