• トップ
  • リリース
  • 北海道上士幌町、一年の総決算として「第1回ふるさと納税紅白2016」を開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

北海道上士幌町、一年の総決算として「第1回ふるさと納税紅白2016」を開催

(@Press) 2016年12月29日(木)17時30分配信 @Press

北海道十勝にある上士幌町(かみしほろちょう)は、2016年12月31日(土)にふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」の特設ページにて「第1回ふるさと納税紅白2016」を開催します。

▼上士幌町ふるさと納税特設ページ
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01633


ふるさと納税紅白2016では、一年の総決算といたしまして人気の返礼品24品を選出、紅組と白組に分け、リアルタイムで増加する返礼品の申込件数で勝敗を競います。


■開催日時
2016年12月29日(木)・30日(金)   ※リハーサル
2016年12月31日(土) 11:00〜24:00 ※本番

※31日の本番では、勝利チームに属する返礼品をお申し込みいただいた方から抽選で20名様に「アイス工房ドリームのジェラートセット」又は「十勝もーもースイーツのアイスクリーム13種セット」をプレゼントします。


■上士幌町のふるさと納税返礼品について
累計5万セット突破の「アイス工房ドリームのジェラートセット」をはじめ、町内一貫生産にこだわった「十勝ナイタイ和牛」、ハーブを与えて健康に育てた「十勝ハーブ牛」など約80品をご用意。2016年度は累計14万4千件(2016年12月28日現在)の返礼品をお申し込みいただいています。


■上士幌町のふるさと納税の使いみちについて
上士幌町では、使いみちを特に指定しない寄附金については「上士幌町ふるさと納税・子育て少子化対策夢基金」に積み立て、少子化対策に力を入れています。
中でも、2016年4月からは同基金を財源として認定こども園の利用料を完全無料化、「子育てのしやすい町」として注目を浴びた結果、減少の一途を辿っていた人口が2016年はプラス30人(2016年12月20日現在)と増加に転じました。

(上士幌町の人口の推移)
2010年末      5,188人
2011年末      5,153人( -35人)
2012年末      5,072人( -81人)
2013年末      5,005人( -67人)
2014年末      4,884人(-121人)
2015年末      4,886人( +2人)
2016年12月20日現在 4,916人( +30人)


■上士幌町について
北海道十勝の上士幌町(かみしほろちょう)は、大雪山を背に農村風景が美しく広がる町です。町の面積は東京23区よりも広く、日本一の広さを誇る公共牧場「ナイタイ高原牧場」など、大自然が生み出す多様な魅力と資源に溢れています。
町内一貫生産のブランド和牛「十勝ナイタイ和牛」や、新鮮な牛乳で作られたジェラートといった魅力的な特産品の数々により、ふるさと納税では2014年度に寄附額が全国3位となるなど、全国有数の人気を誇ります。
上士幌町では、いただいた寄附の多くを子育て支援に活用しており、ふるさと納税をきっかけにした交流人口の増加を目指しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る