プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

お城EXPO実行委員会

初開催の『お城EXPO 2016』に3日間で延べ19,000人が来場!

(@Press) 2016年12月28日(水)10時30分配信 @Press

お城EXPO実行委員会(実行委員会委員長:小和田哲男)は、2016年12月23日(金・祝)から12月25日(日)に“城”をテーマにした総合イベント『お城EXPO 2016』を開催し、3日間で延べ19,000人の方にご来場いただきました。オープン前は、連日入場を待ちわびるお客様の行列ができ、大盛況で幕を閉じました。


今回初めて開催した『お城EXPO 2016』は、城郭文化の振興と発展、城郭を擁する地域の観光振興、お城好きの方々の交流を目的に行ったものです。連日、オープン前には100人を超える方々にお並びいただき、3日間で延べ19,000人の方にご来場いただきました。お城のジオラマ模型展や浮世絵展などのテーマ展示、お城のスペシャリストたちによるトークショーや講演会などの厳選プログラム等、盛りだくさんのさまざまな企画を開催し、お城好きの方々に楽しんでいただきました。


会場には、熊本城復興支援コーナーも設置し、熊本地震で被災した熊本城のパネルや、有名な見どころ“二様の石垣”を25分の1で再現した模型を展示。熊本城復興支援のための募金受付も行い、3日間で738,052円の募金が集まりました。この募金は、今回の主催でもある、公益財団法人日本城郭協会の「日本城郭協会熊本城復興義援金」を通じて、熊本城災害復旧支援金として寄付いたします。また、熊本県と熊本市、そして熊本城調査研究センターの協力により、熊本城の石垣から発見された、不思議な文様のある石を初めて一般公開し、解説員の説明に多くの方が熱心に耳を傾けていました。


今回の開催には、日本100名城に選定されている城郭を有する団体にも出展いただき、来場された多くの方々が、日本の各地域のお城の情報や観光情報の説明を受けながら、ご当地キャラとのふれあいや、甲冑を着て記念撮影をするなど、楽しまれていました。

大盛況で幕を閉じた本イベントは、これからも城郭文化の振興と発展や、お城好きの方々との交流を目的に、継続的に開催していくことを予定しています。


【『お城EXPO 2016』概要】
名称  : お城EXPO 2016
開催日時: 2016年12月23日(金・祝)〜12月25日(日) 10時〜18時
開催会場: パシフィコ横浜 会議センター
      (神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
主催  : お城EXPO実行委員会、公益財団法人日本城郭協会、
      株式会社ムラヤマ、株式会社東北新社、パシフィコ横浜
後援  : 経済産業省、観光庁、神奈川県、横浜市、日本政府観光局(JNTO)、
      朝日新聞社、読売新聞社、神奈川新聞社、tvk、
      ヒストリーチャンネル(TM)、一般社団法人日本旅行業協会、
      日本忍者協議会、北条五代観光推進協議会、
      全国山城サミット連絡協議会
協賛  : ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル、
      アサヒカメラ、崎陽軒、
      ヒビノメディアテクニカル、JFEテクノス
協力  : 日本出版販売株式会社、クラブツーリズム
内容  : <厳選プログラム>
      城メグリスト 萩原さちこ氏プロデュースによる、
      城ファンのための講演会、フォーラム、トークショーを開催
      <テーマ展示>
      城めぐり観光情報ゾーン、お城シアター、
      城郭の浮世絵展 〜松崎コレクション〜、お城のジオラマ模型展、
      現存十二天守模型展、日本100名城写真展、
      熊本城復興支援コーナー、お城EXPO検定、
      お城EXPOフォトコンテスト、ワークショップ ほか
URL   : http://www.shiroexpo.jp


【『お城EXPO 2016』に関するお問い合わせ先】
「お城EXPO 2016」事務局(株式会社ムラヤマ 横浜支店内)
MAIL: shiroexpo2016@murayama.co.jp
TEL : 045-663-7227
FAX : 045-201-9078
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る