プレスリリース

DSファーマアニマルヘルス株式会社

動物の健康を支える新規事業プログラム開始のお知らせ

(@Press) 2016年12月27日(火)11時00分配信 @Press

DSファーマアニマルヘルス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中島 毅)は、新規事業につながる技術シーズ・ビジネスシーズの探索を目的とする、「DSファーマアニマルヘルス 動物の健康を支える新規事業プログラム*」(以下 本プログラム)を2016年12月に開始しましたのでお知らせします。

本プログラムは、動物の健康を支えるために、先進的な技術やアイデアを有する大学・研究機関・企業のシーズを探索し、当社の経営リソースと融合させることで、新たな価値創出と早期事業化に向けた検討を進めるものです。
当社は、本プログラムの取り組みにより、動物の健康に関連する新たなビジネス機会の創出や、より多くの皆さまが当社に関心を持っていただくことを期待しています。


■代表取締役社長 中島 毅のコメント
当社は、これまで動物用の医薬品、フード、検査の事業を通じて動物たちの健康を支えてきました。再生医療やIoT・AIなど、人と動物の垣根或いは医薬品の枠を越えた様々な技術が飛躍的に進歩している中、このような先進的な科学を当社のナレッジや資源と融合させる本プログラムを通じ、従来にないアプローチから新しい価値を創出し、これまで以上に動物たちの健康に貢献できるものと考えています。


* 2016年12月に当社が興味を示した大学・研究機関・企業へ、本プログラムへの参加を依頼しました。今後、2017年2〜3月に参加者から提案を受け、当社研究とのコンフリクト、テーマの独創性・実現性・発展性などを審査・選考ののち、採択された方々と、出資や共同研究・研究支援などの協働と事業化について調整を行う予定です。


■DSファーマアニマルヘルス株式会社について
DSファーマアニマルヘルス株式会社は、動物たちの健康を支えることで、人々の笑顔あふれる暮らしに貢献する企業として、大日本住友製薬株式会社の動物薬事業部門が会社分割の手続きを経て独立し2010年7月に設立されました。コンパニオン・アニマル向けに獣医師が処方する動物用医薬品や、特別療法食(米国ヒルズ社が製造する、特定の疾患に対して最適の栄養比を配分したフード)および健康維持食を動物病院向けに販売するとともに、牛豚などの畜産向けおよび養殖魚などの水産向けの製品を販売しています。
詳細はホームページをご覧ください。
https://animal.ds-pharma.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る