• トップ
  • リリース
  • 『「言葉にできる」は武器になる。』ベストセラー記念イベント 大阪・名古屋で開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

日本経済新聞出版社

『「言葉にできる」は武器になる。』ベストセラー記念イベント 大阪・名古屋で開催

(@Press) 2016年12月28日(水)10時30分配信 @Press

日本経済新聞出版社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:斎藤 修一)は、今回、書籍『「言葉にできる」は武器になる。』のベストセラーを記念して、大阪・紀伊國屋書店梅田本店(1月25日(水))、丸善名古屋本店(1月26日(木))の2会場で、ワークショップ形式のトークイベントを実施します。
2016年12月の東京・青山ブックセンター本店に続いての開催となります。


<山田孝之 ジョージア>
「世界は誰かの仕事でできている。」
「この国を、支えるひとを支えたい。」

<松本人志 タウンワーク>
「バイトするなら、タウンワーク。」

<阿部サダヲ キリン のどごし<生>>
「がんばるあなたがNo.1」

ほぼ毎日、どこかで目にする広告に携わり、

<EXILE EXTREME BEST>
「あの頃よりも、きっとしみる。」

の広告宣伝や

<松本潤 TBSテレビ 日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』>
「無実を証明できる確率、0.1%」

におけるコミュニケーション・ディレクション、さらには

<東北復興イベント>
「東北六魂祭」

などの地域ブランディングを手がける。

トップコピーライターによる書き下ろし『「言葉にできる」は武器になる。』は、8月末の刊行後、6万5,000部を突破するベストセラーとなっています。


■「言葉にできる」って、そういうことだったんだ!
様々なコピーライティングで多くの賞を受賞してきた著者の基本スタンスは、「言葉にできない」ことは、「考えていない」ことと同じであって、どんなに表現を飾っても、思いは伝わらないし、人を動かすこともできないというもの。
言葉には「外に向かう言葉」と「内なる言葉」があり、自分の中にある「内なる言葉」と向き合い、「内なる言葉」で思考を深め、その解像度を上げることができれば、「外に向かう言葉」は自ずと強くなります。では、どのようにすれば、「内なる言葉」を引き出し、相手に伝わる「外に向かう言葉」にすることができるのか。
本書は、著者が普段取り組んでいる独自の、しかし、だれでもできる思考法と言葉の抽出法を、具体的に解説。さらに、小学校、中学校で学ぶ日本語表現だけを使って、どれほど言葉に力を与えることができるかを実践的に解説しています。8月末の刊行以来、各書店でベストセラーランキングの上位を占め、2016年12月現在で6万5,000部のベストセラーとなっています。

著者   :梅田 悟司
定価   :1,500円(税別)
発行日  :2016年8月29日
ISBNコード:978-4-532-32075-1
仕様   :四六判・256頁
発行   :日本経済新聞出版社


■「特別な能力」よりもどれだけ「自分と向き合うか」!だからこそ、だれにでもできる!
ワークショップでは、著者が実際にやっている「T字型」思考法を使って、自分の「内なる言葉」を見つけ出す方法をわかりやすく解説。参加者自身が紙とペンで取り組む、ユニークなイベントです。
先行実施した東京会場では、満員のお客様が最後まで真剣に耳を傾け、ペンを走らせており、活発な質疑応答が行われました。イベント後、著者のFacebookには、感謝の言葉とともに、「自分にもできそうです!」というメッセージが多数寄せられています。

<トークイベント概要>
(1)紀伊國屋書店梅田本店
会場     :阪急ターミナルスクエア・17 ふじの間
所在地    :大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル17F
開催日時   :2017年1月25日(水)19時15分〜
定員     :先着100名様
参加費    :1,000円(税込)
お問い合わせ先:06-6372-5821(10:00〜22:00)


(2)丸善名古屋本店
会場     :丸善名古屋本店 6Fイベントスペース
所在地    :名古屋市中区栄3-8-14
開催日時   :2017年1月26日(木)19時00分〜
定員     :先着25名様
参加費    :1,000円(税込)
お問い合わせ先:052-238-0320(10:00〜21:00)


■著者プロフィール
梅田 悟司(うめだ・さとし)
株式会社電通 プロモーション・デザイン局 コピーライター、コンセプター

横浜市立大学国際都市学系客員研究員。日本デザイン学会正会員。東京コピーライターズクラブ会員。
2004年、株式会社電通入社。中部本部マーケティング・プランニング室配属。
2005年、マーケティング職からクリエーティブ職へと転局後、第1クリエーティブ局、プロモーション・デザイン局を経て、現在に至る。カンヌ広告賞、レッドドット賞、グッドデザイン賞、観光庁長官表彰など国内外で30以上の賞を受賞。CM総研コピーライタートップ10(2014〜2016年)。
そのほか、アーティストへの楽曲提供、NHK番組企画脚本なども手がける。
著書に『誤解されない話し方』(講談社+α新書)、『二十年先の未来はいま作られている(共著)』『企画者は3度たくらむ』(以上、日本経済新聞出版社)ほか。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る