• トップ
  • リリース
  • 顔認証による人物特定・通知ソリューション“JSS顔認証システム”12月21日発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社日本防犯システム

顔認証による人物特定・通知ソリューション“JSS顔認証システム”12月21日発売

(@Press) 2016年12月21日(水)11時30分配信 @Press

株式会社日本防犯システム(本社:東京都港区、代表取締役:賀来 泉、以下 日本防犯システム)は防犯・監視カメラと併用する、高性能な顔認証技術を搭載した新製品『JSS顔認証システム』PF-SF100(以下、本製品)を2016年12月21日(水)に発売いたします。

顔認証システムの用途としては、入退室管理等のセキュリティ対策、万引き等の防犯対策に加え、顧客の来店対応のマーケティング分野や高齢者の徘徊を監視するといった社会的課題等、様々なものが想定されます。本製品は、A5サイズ程度の推奨小型PCにプリインストールされた形態で提供するため、届いた時点ですぐに利用可能です。接続した後の困難な設定は不要、ユーザインターフェースも非常にわかりやすく、情報システム担当者が不在の拠点でも利用できるよう配慮されています。


【『JSS顔認証システム』PF-SF100の特長】
1.ウォークスルー認証
  本製品は、監視カメラ映像で捉えた人物の顔を超高速で認証します。
  店舗の入り口など、お客様が立ち止まらない場所でも個人を特定する
  ことができます。
2.複数人物の同時認証
  本製品は、1台のカメラ映像の中で最大20人を同時に認証することが
  できます。複数のお客様の同時来店に対応します。
3.シンプルな操作性
  登録した人物が認証された場合、
  予め設定したデバイス(PC、モバイル、アラーム)に認証情報を
  リアルタイムで通知します。


【製品概要】
名称 :JSS顔認証システム PF-SF100
発売日:2016年12月21日(水)
価格 :オープン価格
セット:本体、キーボード、マウス


日本防犯システムは、防犯・監視カメラの次の役割を見据え、今後もより必要な機能を搭載した高品質製品を市場に送り出していきます。

※本製品利用には、ユーザの既存または新設の防犯・監視カメラ(ネットワークカメラ*1)を必要とします。
*1 有線や無線のLAN機能を持つ防犯・監視カメラの形態


<本製品の詳細は、以下をご確認ください>
*製品活用例
https://www.atpress.ne.jp/releases/118824/img_118824_2.png
*ソフトウェアと機能
https://www.atpress.ne.jp/releases/118824/img_118824_3.png
*システムの構成例
https://www.atpress.ne.jp/releases/118824/img_118824_4.png
*製品仕様
https://www.atpress.ne.jp/releases/118824/img_118824_5.png
※別紙にて製品概要を添付いたします。


【日本防犯システムについて】
日本防犯システムは、2004年8月に設立以来、防犯・監視カメラ専業メーカーとして独自視点の製品の開発・製造を手掛けております。当社製品は、官公庁をはじめ、マンションやコンビニエンスストア、デパートや病院、各種企業に至るまで全国のあらゆる場所に導入されてきました。
当社製品の中でも特に、JSシリーズは日本の高度な生産技術を駆使し、単にコストパフォーマンスに優れているというだけでなく、性能・信頼性が高く評価され、多大な支持のもと市場に受け入れられております。

代表者 : 代表取締役 賀来 泉
所在地 : 〒105-6109
      東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービルディング9階
設立  : 2004年8月
事業内容: 防犯・監視カメラシステム機器の開発・製造・販売
      デジタルビデオレコーダ機器の開発・製造・販売
資本金 : 8,000万円
URL   : http://www.js-sys.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る