• トップ
  • リリース
  • 初めて楽器に触れる方に最適なキーボード新登場〜本格的なサウンド、初心者にも気軽に楽しめる機能を搭載〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ローランド株式会社

初めて楽器に触れる方に最適なキーボード新登場〜本格的なサウンド、初心者にも気軽に楽しめる機能を搭載〜

(@Press) 2017年01月05日(木)12時30分配信 @Press

ローランド株式会社(社長:三木 純一 https://www.roland.com/jp/ )は、初めて楽器に触れる方でも、本格的な音とお求めやすい価格で気軽に演奏を始めていただける新コンセプトのキーボード『GO:KEYS(ゴーキーズ)』と『GO:PIANO(ゴーピアノ)』を、2017年3月に発売します。

『GO:KEYS』『GO:PIANO』は、これから鍵盤楽器を始めてみたい方が、シンプルな操作で気軽に演奏できるコンパクトサイズの61鍵キーボードです。エントリーモデルながら、プロ・ミュージシャンにも愛用いただいているローランドのシンセサイザーやデジタルピアノの高品位なサウンドを継承。ステレオ・スピーカー内蔵、電池駆動、3.9kgの小型軽量設計で、弾きたい場所でいつでも演奏いただけます。また、両機種ともBluetooth(R)機能を搭載しているので、スマートフォンやタブレットとワイヤレスでつながり、演奏の楽しさがさらに広がります。

『GO:KEYS』:本格的なシンセサイザー音色を含む500種類以上のサウンドを搭載。鍵盤に割り当てられたリズムやフレーズを指一本で選び、サウンドを重ねていくだけでノリの良い音楽を演奏できるユニークな機能も搭載。DJのようなパフォーマンスを楽しめます。

『GO:PIANO』:高品位なグランドピアノの音色はもちろん、エレクトリック・ピアノやオルガンなど多彩なサウンドを40種類内蔵。アコースティックピアノと同じ鍵盤幅のピアノタイプ鍵盤(象牙調)を採用しているので、指になじみ、自然な弾き心地をお楽しみいただけます。


◎特長◎
●初めて楽器に触れる方でも気軽に始められる61鍵、Bluetooth(R)機能搭載の小型軽量キーボード
●『GO:KEYS』 :「ループ・ミックス」などユニークな機能により、指1本で気軽に本格的な演奏が可能
●『GO:PIANO』:コンパクトなサイズながら、本格的なグランドピアノのサウンドで気軽にピアノ演奏を楽しめる

品名/品番           :エントリー・キーボード
                 『GO:KEYS』/GO-61K
価格              :オープン価格
発売時期            :2017年3月
初年度販売予定台数(国内/海外計):25,000台(2機種計)

品名/品番           :エントリー・キーボード
                 『GO:PIANO』/GO-61P
価格              :オープン価格
発売時期            :2017年3月
初年度販売予定台数(国内/海外計):25,000台(2機種計)


■『GO:KEYS』主な特長
▼本格的なシンセサイザー音色を含む多彩な音色
『GO:KEYS』は、プロ・クオリティーのシンセサイザー音色を含む500種類以上搭載。ピアノ、オルガン、弦楽器、ブラス、ドラム、ベースなどカテゴリーに分かれたボタンを押すだけで、簡単に音色を選ぶことができます。

『GO:KEYS』音色ボタン
https://www.atpress.ne.jp/releases/118799/img_118799_2.jpg

▼指一本で本格的な演奏を楽しめる「ループ・ミックス」機能
EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)、ヒップホップ、ロック、ハウス、R&Bなどダンス系を中心に12ジャンルのリズムやフレーズ(伴奏音)を用意。ドラム、ベース、シンセサイザーなど、鍵盤の各音域に割り当てられた各ジャンル56パターンのフレーズを指一本で選びながら、リアルタイムに音を重ねていくだけでDJのような演奏を楽しめます。できあがった曲を本体に保存することもできます。

『GO:KEYS』ループ・ミックス機能 イメージ
https://www.atpress.ne.jp/releases/118799/img_118799_3.jpg

▼演奏にDJのような効果をつける「パフォーマンス・パッド」機能
本体のパネルに「パフォーマンス・パッド」を搭載。演奏中、10個に分かれた「パフォーマンス・パッド」に指先で触れ、左右に動かすことで、ピッチ(音の高さ)を変化させたり、同じ音を連続させたり(ロール)、DJプレイのような効果をかけながら演奏を楽しめます。

『GO:KEYS』パフォーマンス・パッド機能
https://www.atpress.ne.jp/releases/118799/img_118799_4.jpg

▼スマートフォンやタブレットで楽しみが広がるBluetooth(R)機能
Bluetooth(R)機能を使うと、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機と『GO:KEYS』がワイヤレスでつながり、ダンス・ミュージックやヒット曲などモバイル機で再生した音楽やミュージック・ビデオを『GO:KEYS』本体のスピーカーで鳴らしながら、快適な音量で一緒に演奏できます。

Bluetooth(R)ロゴ
https://www.atpress.ne.jp/releases/118799/img_118799_5.jpg


■『GO:PIANO』 主な特長
▼ローランドのデジタルピアノを継承した高品位な音色
『GO:PIANO』は、当社のデジタルピアノ上位機種のサウンドを継承した音色を搭載。高品位なピアノ音色を10種類内蔵し、タッチによる音色変化、表現力を実現しています。さらに、エレクトリック・ピアノ、オルガンなど、クオリティーの高い音色を40種類内蔵しており、演奏する曲や音楽ジャンルにあわせてお選びいただけます。

『GO:PIANO』高品位な40音色を内蔵
https://www.atpress.ne.jp/releases/118799/img_118799_6.jpg

▼アコースティックピアノと同じ鍵盤幅のピアノタイプ鍵盤(象牙調)
『GO:PIANO』は、アコースティックピアノと同じ幅のピアノタイプ鍵盤を搭載。小型で軽量、61鍵とコンパクトなピアノながらも弾きやすさにこだわりました。また白鍵の表面は、指になじむ象牙調の加工を採用しており、より快適に演奏いただけます。

アコースティックピアノと同じ鍵盤幅
https://www.atpress.ne.jp/releases/118799/img_118799_7.jpg

▼音楽再生やアプリも楽しめるBluetooth(R)機能
Bluetooth(R)機能を使うと、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機と『GO:PIANO』がワイヤレスで接続でき、モバイル機の曲やミュージック・ビデオを本体の高音質スピーカーで再生しながら、ピアノ演奏を楽しめます。また、当社の無料オリジナルアプリ「Piano Partner 2(ピアノ・パートナー2)」に対応。内蔵曲をタブレットに譜面表示して演奏したり、音あてゲームで楽しく基礎力を身につけたりすることができます。リズム機能を使って、華やかな自動伴奏と一緒に演奏を楽しむこともできます。

『GO:PIANO』オリジナルアプリで内蔵曲を譜面表示
https://www.atpress.ne.jp/releases/118799/img_118799_8.jpg


■製品写真
https://www.atpress.ne.jp/releases/118799/img_118799_9.jpg
『GO:KEYS』
●外形寸法:877(幅)×271(奥行)×82(高さ)mm
●質量  :3.9kg

https://www.atpress.ne.jp/releases/118799/img_118799_10.jpg
『GO:PIANO』
●外形寸法:877(幅)×271(奥行)×82(高さ)mm
●質量  :3.9kg


※製品画像は、ニュース・リリース・ページ https://www.roland.com/jp/news/0728/ よりダウンロードいただけます。
※製品の詳細につきましては、ローランド・ホームページ
https://www.roland.com/jp/products/gokeys_go-61k/
https://www.roland.com/jp/products/gopiano_go-61p/
にてご確認ください。
※仕様およびデザインは改良のため予告なく変更することがあります。
※本ニュース・リリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
※Bluetooth(R)のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、ローランドはこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。


■製品に関するお客様のお問い合わせ先
ローランド株式会社
お客様相談センター:050-3101-2555
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る