• トップ
  • リリース
  • 『〔図解〕実家の「空き家問題」をズバリ解決する本』を発売「空き家」「独居老人」の問題点と対策が見える!!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社PHP研究所

『〔図解〕実家の「空き家問題」をズバリ解決する本』を発売「空き家」「独居老人」の問題点と対策が見える!!

(@Press) 2016年12月20日(火)15時15分配信 @Press

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、不動産開発・投資のアドバイザー・牧野知弘(まきの・ともひろ)著『〔図解〕実家の「空き家問題」をズバリ解決する本』(本体1,400円・税別)を、2016年12月22日に発売します。
2016年5月から「空き家対策特別措置法」が施行され、何かと社会問題化している「空き家」。“実家は、両親が夢を託したマイホーム。ところが、住まなくなると「負の遺産」”という事態も他人ごとではありません、「大損!」しないために、今、何をすればよいかを専門家がレクチャーします。

■2色刷、イラスト図解のレイアウト、様々なシチュエーションに対応
●8000万で買った家が1500万でも売れない…。 
●更地にすると税金が跳ねあがり、解体できない。 
●父が認知症に。名義が父で売買も賃貸も不可。 
●ボロボロの空き家は、固定資産税が6倍!
ほか

■著者について                
1983年、東京大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループ、三井不動産を経て、J‐REIT(不動産投資信託)の日本コマーシャル投資法人上場。現在はオラガ総研株式会社代表取締役として、ホテルや不動産の開発・運用アドバイザリーのほか、市場調査や執筆・講演活動を展開。
主な著書に『空き家問題――100万戸の衝撃』(祥伝社新書)、『2020年マンション大崩壊』(文春新書)、『不動産投資の超基本』(東洋経済新報社)、『老いる東京、甦る地方』(PHPビジネス新書)、『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)など多数。

■商品について
・メインタイトル:[図解]実家の「空き家問題」をズバリ解決する本
・著者:牧野知弘
・発売日:2016年12月22日
・定価:1,400円(税別)
・仕様:176ページ/A5判並製
・発行:PHP研究所
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-83473-3
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る