プレスリリース

一般社団法人日本分析機器工業会 JAIMA

Pittcon 2017においてJAIMAシンポジウムを開催

(@Press) 2016年12月22日(木)15時00分配信 @Press

一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA、所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:栗原 権右衛門/日本電子株式会社 代表取締役社長)は、世界最大級の研究室・実験室設備機器関連の展示会「Pittcon 2017」(2017年3月5日〜9日、米国イリノイ州シカゴ)において、JAIMAシンポジウムを開催いたします。


本シンポジウムでは、「Analytical Solutions for Biopharma & Biotherapeutics」をテーマに、バイオ医薬・バイオ治療薬を対象とした創薬向けの最新の分析ソリュ―ションを紹介します。また、シンポジウム終了後に講演者を交えたネットワーキングレセプションも開催いたします。

JAIMAでは、本シンポジウムを通じて世界各国からPittcon 2017へ参加するCRO・CMO・製薬企業などに対して国内外のバイオ医薬品およびバイオ治療薬に関連する最新の分析ソリューションについて情報発信を行うとともに、展示会においてはJAIMAブースも出展し、海外への事業展開を通じた国内分析産業の活性化を図ってまいります。


【Pittcon 2017について】
「Pittcon(The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy)」は、90を超える国々から企業・教育機関・政府機関など18,000人以上が参加する世界最大級の研究室・実験室設備機器関連のカンファレンス・展示会です。

期間   : 2017年3月5日〜9日(展示会は3月6日〜9日)
会場   : McCormick Place
      (2301 South Lake Shore Drive Chicago, IL 60616 USA)
WEBサイト: http://pittcon.org/


【Pittcon 2017 JAIMAシンポジウム開催概要】
詳細はWEBサイト( http://www.jaima.or.jp/ic/pittcon/index.html )をご覧ください。

1.英文名称:Pittcon 2017 JAIMA SYMPOSIUM
       - Analytical Solutions for Biopharma & Biotherapeutics -
2.日時  :2017年3月7日(火) 08:30〜16:45
3.会場  :McCormick Place
       2301 South Lake Shore Drive Chicago, IL 60616 USA

4.講演(プログラム詳細はWEBサイトに掲載)
<Analytical Solutions for Biopharma>
- Luminescent Sensors and Imaging Technologies for Drug Discovery
 TAKEAKI OZAWA (The University of Tokyo)
- Workflow Solutions from Tosoh Bioscience for the Analytical Separation of mAbs
 ATIS CHAKRABARTI (Tosoh Bioscience LLC)
- HPLC-MS/MS for Separation and Detection of Intact Proteins
 KEVIN A. SCHUG (University of Texas at Arlington)
- Introducing the Latest Bio-pharmaceutical Application by ICP-QQQ
 AMIR LIBA (Agilent Technologies)
- Development of Innovative Supply System of Reliable Analytical Standards Purity Determined by AQARI (Accurate QuAntitative NMR with Internal Reference Substance)
 TORU MIURA1, TAKAKO SUEMATSU2, YUKO YAMADA1 (Wako Pure Chemical Industries, Ltd.1, JEOL Resonance Inc.2 )

<Emerging Technologies for the Evaluation of Biotherapeutics>
- Subvisible Particles in Therapeutic Protein Products:Causes, Consequences, Control and Challenges
 JOHN CARPENTER (University of Colorado)
- Raman Spectroscopy for Highly Concentrated Antibody Solution in Biopharmaceuticals
 CHIKASHI OTA (HORIBA, Ltd.)
- Recent Analytical Approach for Evaluating Protein Formulation in Biopharmaceuticals
 KOHEI TSUMOTO (The University of Tokyo)
- Resolving the Mega-Mysteries of Biologics:High Mass Analysis of Conjugated, PEGylated and Aggregated Proteins by MALDI-TOF MS BRIAN FEILD (Shimadzu Scientific Instruments, Columbia, MD)
- Mass Spectrometry-based Clinical Proteogenomics for Personalized Medicine of Lung Cancer Subtypes
 TOSHIHIDE NISHIMURA (St. Marianna University, Lund University.)

5.ネットワーキングレセプション
日時:2017年3月7日(火) 17:00〜18:30
会場:Grant Park D (CC12D),Hyatt Regency McCormick Place
参加申込フォーム: http://www.jaima.or.jp/ic/pittcon/pittcon_network_form/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る