• トップ
  • リリース
  • <大好評につき復刻>2017年も勢いが止まらない「ティラティス」 全国のミニストップで発売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

まめプラス推進委員会

<大好評につき復刻>2017年も勢いが止まらない「ティラティス」 全国のミニストップで発売!

(@Press) 2016年12月26日(月)11時00分配信 @Press

 まめプラス推進委員会は、おいしく、たのしく、ヘルシーに「まめ」を食生活にプラスするライフスタイルを推進し、大豆を中心とした「まめ」に関する基礎知識や健康価値、最新情報などを発信しています。


■入手困難となったスイーツ「ティラティス」が、リニューアルして復活
 ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:宮下 直行、以下「ミニストップ」)は、6月に期間限定で販売し、大好評を得たスイーツ「ティラティス」をリニューアルし、1月4日より『ティラティス〜ビターキャラメルカフェ〜』を発売いたします。イタリア語で「あなたを元気にする」という意味の「ティラティス」は、ティラミスで使われるマスカルポーネチーズの代わりに“チーズのような豆乳クリーム”(※)を使用した、やさしい味わいが人気のスイーツです。
 6月販売時は、SNSで「ティラミスかと思ったらティラティスだった」、「ティラミスの誤植では」と話題を呼び、「探したが買えなかった」との投稿が相次ぎました。さらに味わいは「さっぱりして美味しい」、「チーズが苦手でも食べられる」など高い評価を得ました。

 『ティラティス〜ビターキャラメルカフェ〜』は、コーヒーシロップをしみこませたスポンジにビターキャラメルソース、チーズのような豆乳クリームのムースを重ねています。ほろ苦いコーヒースポンジとチーズのような豆乳クリームに、今回は濃厚なキャラメルソースが加わり、コンビニスイーツのイメージを覆す贅沢感とともに、3つの味を同時にお楽しみいただけます。トップに絞ったホイップクリ―ムのふんわりとした食感に、トッピングのアーモンドクランチが食感のアクセントになっています。


■商品概要
商品名:ティラティス〜ビターキャラメルカフェ〜
発売日:2017年1月4日(水) (東北は1月5日(木))
価格 :200円(税込)
販売店:全国のミニストップ
    ※ 店舗により取り扱いのない場合がございます。

<お客さまからのお問い合わせ先>
ミニストップお客さまサービスコールセンター
TEL:0120-865-132(日曜を除く 9:00〜17:30)


■まめプラスはLINE@で情報を発信しています
 まめプラスではLINE@を通し、大豆(豆乳)を使用したメニューを展開する飲食店のお得な情報や、有名レストランなどの試食会、『ティラティス』に関する最新情報、LINEお友だち限定のプレゼント情報などを配信いたします。

<まめプラスLINE@ QRコード>
https://www.atpress.ne.jp/releases/118730/img_118730_2.png


■まめプラス推進委員会について
 まめプラス推進委員会は、“チーズのような豆乳クリーム”等を中心とした食材を活用し、おいしく、たのしく、ヘルシーに「まめをプラス」した生活を推進していくことに賛同いただいた企業や団体などで構成されています。生活に「まめ」をプラスするライフスタイルの推進を目的とし、大豆を中心とした「まめ」に関する基礎知識や健康価値、最新ニュースなどの情報を発信します。


【まめプラス推進委員会 概要】
●名称  : まめプラス推進委員会
●設立日 : 2014年4月7日(月)
●活動目的: おいしく、たのしく生活に「まめ」をプラスする
       ライフスタイルの推進
●活動内容: (1) 「まめ」に関する基礎知識や健康価値、最新情報の収集
       (2) 新豆乳素材「チーズのような豆乳クリーム」情報の収集
       (3) 「チーズのような豆乳クリーム」を使った商品・飲食店情報
       (4) 各商品・飲食店への取材、試食レポート
       (5) 各専門家への取材・インタビュー
       (6) 当WEBサイトを通じた情報発信
       ※今後の環境変化等により変更する場合があります。
●URL   : http://www.mameplus.jp


(※) USS製法によって生まれた新豆乳素材“チーズのような豆乳クリーム”
 “チーズのような豆乳クリーム”【商品名:大豆舞珠(まめまーじゅ)】は、大豆でできた豆乳発酵食品です。動物由来原料を一切しておりません。
 芳醇な発酵風味とコクのある味わいのクリームチーズタイプと、コクは残しつつも塩味と酸味を減らしたマスカルポーネチーズタイプがあります。
 イタリアンや和食など幅広いジャンルで活用され、さらに和洋菓子やパンなどにも使用されています。

“チーズのような豆乳クリーム” (左)クリームチーズタイプ (右)マスカルポーネチーズタイプ
https://www.atpress.ne.jp/releases/118730/img_118730_3.jpg

※ USS製法…大豆本来のおいしさをそのまま生かして分離・分画する技術(Ultra Soy Separation)。2015年の国際ミラノ博覧会では日本が誇る食品加工技術の一つとして紹介。現地イタリアのシェフからも高い評価を受けました。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る