プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

NTTコミュニケーションズ株式会社

インターネット接続サービス「OCN」が20周年を迎えます

(@Press) 2016年12月20日(火)15時30分配信 @Press

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)が提供するインターネット接続サービス「OCN」は、2016年12月25日にサービス開始から20周年を迎えます。
 同サービスは、1996年に日本電信電話株式会社が提供を始め、その後1999年にNTT Comが提供を引き継いで今に至っています。
 現在では、固定回線とモバイル回線を合わせ約800万人のお客さまに「OCN」を通じてインターネットをご利用いただいています。また、固定回線のうち光ファイバー回線によるインターネット接続サービス加入者数は日本最大となりました(※1)。このようにして20周年を迎えることができたのは、ひとえにお客さまのご愛顧の賜物です。様々な形で「OCN」をご利用いただいていることに、あらためて御礼申し上げます。

 20年の間に、インターネットをめぐる環境は激変しました。今や日本のインターネット人口は、ゆうに1億人を突破していると言われます(※2)。このような爆発的な普及とサービスの多様化に伴って、インターネットは生活やビジネスに欠くことのできないインフラとなりました。
 また近年では、スマートフォンが急速に浸透したことを受けて、モバイル環境からのインターネット利用量が激増しています。このため「OCN」は、モバイル端末からも快適なインターネットアクセスをご利用いただくための高速LTE通信サービス「OCN モバイル ONE」(※3)の提供を行っており、多くのお客さまにご利用いただいています。

 「OCN」はこれからも継続して、安心・安全にご利用いただける快適なインターネット環境を提供し、お客さまのライフスタイルの変化とともに進化していきます。
 どうぞこれからも、変わらずご愛顧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。



■20年間で様変わりしたインターネット
・月額料金と回線速度の変遷
 1996年当時、今では当たり前となった“常時接続”(※4)は、月額10万円を超える高価なサービスでした。「OCNエコノミー」は、当時としては破格の38,000円で常時接続を実現するサービスとして登場し、インターネットを利用するハードルを一気に押し下げました。
2016年の今、常時接続の価格は20年前の10分の1よりも安く、回線速度(理論上の最高速度)は約7,800倍に向上しています。


・「OCN」バックボーン回線容量の推移
 NTT Comは、世界的に見ても有数の規模と品質を誇るバックボーン回線(※5)を保有しています。インターネット利用量の拡大を予測し、計画的な回線容量の増強に努めてきました。2016年時点のバックボーン回線容量は、約4,500Gbpsに達しています。




■スペシャルコンテンツ「OCN20年の歩みとこれから」を公開
「OCN」20年の歴史を、怒涛の発展を遂げてきたインターネットの歴史と重ねて振り返るとともに、インターネットの未来はどう変化していくのかを予測したコンテンツです。興味深いデータやエピソードを交え、思わず人に話したくなるような内容が盛りだくさんとなっていますので、ぜひご覧ください。
「OCN20年の歩みとこれから」 http://www.ocn.ne.jp/ocn20th/history/

 また、OCN20周年特設Webサイト上では、抽選で豪華プレゼントが当たる「ご愛顧感謝キャンペーン」も実施しています。
 応募期間: 2016年12月9日〜2017年1月31日
キャンペーン情報詳細: http://www.ocn.ne.jp/ocn20th/


※1: 株式会社MM総研が2016年12月6日に発表した「ブロードバンド事業者の加入件数調査(2016年9月末時点)」による。FTTH契約数・ISPシェアの調査結果において、OCNが1位となっている。
※2: 1996年における日本のインターネット人口は571.8万人 (インプレスR&D『インターネット白書1997』)。2013年末には1億人を突破(総務省『平成27年通信利用動向調査』)。
※3: スマートフォンやタブレット端末に差し込み、高速通信や通話サービスをお得にご利用いただけるSIMカード。
※4: インターネットを利用するたびに、接続ポイントへアクセスする必要がない状態。ダイヤルアップ接続においては、インターネットを利用するたびに接続ポイントへアクセスし、利用が終わると切断していた。利用料金も、接続した時間に応じて課金される従量制や、時間帯限定の定額制が多く、完全定額制のサービスはなかった。
※5: インターネット接続プロバイダー同士などを接続する、大容量の基幹ネットワークのこと。このネットワークの容量が大きければ大きいほど、一般のお客さまが快適にインターネットを利用することができます。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る