• トップ
  • リリース
  • Google Lunar XPRIZEに挑戦する民間月面探査チーム「HAKUTO」チームインダスと新たに“相乗り”契約を締結

プレスリリース

Google Lunar XPRIZEに挑戦する民間月面探査チーム「HAKUTO」チームインダスと新たに“相乗り”契約を締結

(@Press) 2016年12月20日(火)15時00分配信 @Press

世界初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)」に挑戦する株式会社ispace(東京オフィス:東京都港区)が運営する日本発の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、新たにチームインダス(TeamIndus、拠点:インド)と、チームインダスが開発する月着陸船(ランダー)でHAKUTOの月面探査ロボット(ローバー)を月面まで輸送する“相乗り”契約を締結しました。

HAKUTOは、日本で唯一Google Lunar XPRIZEに参加するチームです。ベンチャー、大学、そしてプロボノと、様々なバックグラウンドを持った人材が集まり、それぞれの特技を生かし合って月面探査ロボット(ローバー)を開発し、Google Lunar XPRIZEに挑戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」で世界初の民間月面探査を目指しています。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信することです。

チームインダスは、インドのバンガロールを拠点に、Google Lunar XPRIZEに参加するチームです。またランダーとローバーの両方の開発を進めており、2015年にはGoogle Lunar XPRIZE中間賞のLanding(ランディング/着陸技術)部門を受賞するなど、ランダー開発における技術力にも定評があります。

Google Lunar XPRIZEでは、チームが2017年以降もレースに参加し続けるためには、レースを運営するXPRIZE財団から2016年12月31日までに打ち上げ契約を承認される必要があります。チームインダスは、打ち上げ契約をXPRIZE財団からすでに承認されており、HAKUTOも今回の“相乗り”契約により、XPRIZE財団から打ち上げ契約が承認されました。


【HAKUTO代表 袴田 武史のコメント】
「HAKUTOは常に月に行くための最適な選択をしていきます。Google Lunar XPRIZEのミッション達成は、HAKUTOにとって重要なステップです。Google Lunar XPRIZEも終盤にさしかかり競争が増す中、月面探査をはじめとした宇宙産業が今後さらに加速・拡大していることにワクワクしています。」


【Google Lunar XPRIZEシニア・ディレクター チャンダ・ゴンザレス-モウラーのコメント】
「今回HAKUTOの打ち上げを承認でき、またGoogle Lunar XPRIZEに参加する2つのチームが、ともに協力し合いながら月を目指すことは嬉しく思っています。このような民間同士の協力を促進することも、今回の賞金レースの目的の一つです。HAKUTOとチームインダスの協力関係は、まさに未来の宇宙開発のあり方を証明しているともいえるでしょう。」


インダスで相乗りを行う場合の打ち上げの概要は以下です。
【打ち上げ概要】
打ち上げ予定日 :2017年12月28日
打ち上げロケット:PSLV
打ち上げ場所  :インド・シュリーハリコータ
         サティシュ・ダワン宇宙センター
月面着陸予定地 :雨の海 北緯35度25分、西経29度23分


【チームインダス(TeamIndus)について】 http://www.teamindus.in/
チームインダスは、Google Lunar XPRIZEに参加する唯一のインドチームで、民間資本で2017年末までに月に軟着陸できる月着陸船(ランダー)との開発を進めています。2015年1月には、ランダーとカメラの技術力が評価されたことで、Google Lunar XPRIZE中間賞のランディングとイメージング部門を受賞しています。


【HAKUTOについて】 http://team-hakuto.jp/
HAKUTOは、株式会社ispaceが運営する、日本で唯一Google Lunar XPRIZEに参加するチームです。ベンチャー、大学、そしてプロボノと、様々なバックグラウンドを持った人材が集まり、それぞれの特技を生かし合って月面探査ロボット(ローバー)を開発し、Google Lunar XPRIZEに挑戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」で世界初の民間月面探査を目指しています。2015年1月には、月面ミッションを達成できる能力のローバーを開発したその技術力が評価され、Google Lunar XPRIZE中間賞のモビリティ部門を受賞しています。


【Google Lunar XPRIZEについて】 http://lunar.xprize.org/
Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。現在、世界各国から16チームが参加しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る