プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社 アムラックストヨタ

ヒストリーガレージ リニューアルオープン

(@Press) 2016年12月16日(金)21時00分配信 @Press

MEGA WEB(メガウェブ)では12月16日(金)より、ヒストリーガレージ1階をリニューアルし、新展示エリア『Motorsports Heritage (モータースポーツ ヘリテージ)』及びカフェ『CAFE&BAR Grease (カフェアンドバー グリース)』をオープンしました。

『Motorsports Heritage』は、レースに参戦した実車やモデルカーを通じてモータースポーツの歴史をご紹介するコーナーです。今回、第1弾として2016年6月〜9月に実施した企画展「トヨタWRC参戦の系譜〜2017年新たな挑戦へ〜」にて展示した車両やパネルを設置し、WRCに再参戦するトヨタのラリーの歴史を紹介することからスタートします。

また、カフェも『CAFE&BAR Grease』としてリニューアルオープンしました。レーサーたちが食事をしたり疲れを癒したりする“ドライバーズラウンジ”をイメージした空間で、こだわりの品々に囲まれながらイタリアンコーヒーやおいしい食事などを楽しむことができます。

ヒストリーガレージ リニューアルオープン
■オープン日:2016年12月16日(金)
■場  所:MEGA WEBヒストリーガレージ1F
■入  場:無 料

<展示車両(※入替有)>
車名/参戦年/主な戦歴
・トヨペットクラウンRSD※レプリカ/1957年/「第5回・豪州一周ラリー」に日本車として初めて参戦した車両。47位で完走を果たす。
・セリカツインカムターボTA64/1985年/「グループB」で争われるWRC参戦用として、セリカをベースに開発したラリーカー。85年サファリラリー優勝。
・トヨタMR2(222D)/1985年/国際自動車スポーツ連盟が発表した「グループS」構想に沿って開発。MR2ベースの4WDだが、構想立ち消えにより参戦なし。
・セリカGT-Four(ST165)/1990年/「グループA」規定によるWRC参戦用に開発したトヨタ初フルタイム4WDラリーカー。90年サファリラリー優勝。
・セリカGT-Four(ST185)/1993年/92年はドライバーズチャンピオン、93・94年は計13勝と2年連続マニュファクチャラーズチャンピオン獲得。黄金期を築いた。
・セリカGT-Four(ST185)/1995年/95年サファリラリーで藤本吉郎が優勝、日本人初のサファリ優勝者に。GT-Fourは4年連続、セリカは通算8度目の快挙。
・セリカGT-Four(ST205)※レプリカ/1995年/ST185後継としてデビューした、1995年コルシカラリー優勝車。前輪のスーパーストラットサスペンションが話題になった。
・カローラWR-Car※プロトタイプ/1997年/WRカー規定に基づき開発された、欧州向けカローラをベースとした4WD。通算4勝、99年マニュファクチャラーズチャンピオン。

メガウェブホームページ http://www.megaweb.gr.jp/
※イベント内容は変更及び中止になる場合があります。
以上
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る