• トップ
  • リリース
  • 累計90万部のベストセラー『盲導犬クイールの一生』遂に電子書籍化映画化、ドラマ化もされた名作が12月16日(金)発売

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社文藝春秋

累計90万部のベストセラー『盲導犬クイールの一生』遂に電子書籍化映画化、ドラマ化もされた名作が12月16日(金)発売

(@Press) 2016年12月15日(木)15時30分配信 @Press

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は12月16日(金)、写真・秋元良平氏、文・石黒謙吾氏の『盲導犬クイールの一生』の電子書籍版を発売いたします。

『盲導犬クイールの一生』は、ラブラドール・レトリーバーの盲導犬クイールが、生まれた瞬間から12歳で亡くなるまでを秋元良平氏の写真と石黒謙吾氏の文章でたどるノンフィクション絵本ともいうべき作品です。
子犬だったクイールが、「生ませの親」「育ての親(パピーウォーカー)」「しつけの親(訓練士)」たちの愛情のこもったしつけと教えによって、立派な盲導犬となり、その役目を全うし、老後は穏やかに暮らしていく様子が多数のモノクローム写真と文章によって綴られています。
単行本は2001年に刊行されていて、すぐに大きな話題となり映画化、ドラマ化もされ、文庫版もあわせると現在まで累計約90万部というベストセラーとなっています。電子書籍版には、文庫新装版に掲載された秋元良平氏の「出版から十五年過ぎて」も収録されています。

「クイールのまなざしがいつまでも、いつまでも、多くの人の心を開きつづけてゆくことを信じています」 秋元良平 


■書誌情報■
書名:『盲導犬クイールの一生』
著者:秋元良平(写真)、石黒謙吾(文)
販売価格:700円(税込)※電子版の価格は電子書店によって異なる場合があります
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1679039600000000000O
配信日:12月16日(金)



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る