• トップ
  • リリース
  • 「マルチダイナミックヒーター」販売実績 前年比184%(※1)デロンギ最上位モデル マルチダイナミックヒーター売上好調!プレミアム暖房モデルが好調につき、増産決定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

デロンギ・ジャパン株式会社

「マルチダイナミックヒーター」販売実績 前年比184%(※1)デロンギ最上位モデル マルチダイナミックヒーター売上好調!プレミアム暖房モデルが好調につき、増産決定

(@Press) 2016年12月15日(木)17時00分配信 @Press

家電量販店におけるオイルヒーター売上シェア12年連続ナンバー1(※2)のデロンギ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉本 敦男、以下 当社)は、2014年10月に販売を開始した「マルチダイナミックヒーター」がWeek34〜48(8月22日〜12月4日※2016年の場合)の期間にて販売実績が前年比184%(※1)と好調であることをご報告します。iPhoneでカンタンに操作できるWi-Fi機能を搭載した「マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル」も2016年11月から市場導入し、屋外からコントロールできる利便性についてお客様から支持をいただいております。また、一部の量販店では品薄の状態になったことから、現在増産のために迅速に供給できるよう対応しております。


▼デロンギ マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル
https://www.atpress.ne.jp/releases/118415/img_118415_1.jpg

▼デロンギ マルチダイナミックヒーター キーヴィジュアル
https://www.atpress.ne.jp/releases/118415/img_118415_2.jpg


■製品の販売動向
「マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル」は、2014年10月より人気を博した「マルチダイナミックヒーター」のラインエクステンションモデルです。iPhoneでカンタンに操作できるWi-Fi機能を搭載し、Apple社のApple HomeKitに対応するなど、お客様の生活にフィットする製品へ進化しました。(※3)
従来の「マルチダイナミックヒーター」も「マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル」に底上げされるように、当初の見込みを上回り、数多くある当社製品の中でも、一番の伸び率を記録しています。
また、デロンギ オイルヒーターを含むデロンギ ヒーター購入者のうち、5人に4人が新規購入者という事例も出ており、その中でもデロンギ ヒーターの特長である「空気がキレイ」「乾燥しない」「燃料補充が不要」「安全性」への満足度・支持が高いことも好調の要因となっていると推測できます。更にソーシャル上では、当社製品に関する情報が約1,000万人へ届いており、話題化されております。(※4)
当社は引き続き、様々なライフスタイルに合致したプレミアムな暖かさをお届けできるよう提案してまいります。


■デロンギ マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデルの注目ポイント(詳細)
【1】デロンギの最上位ヒーター マルチダイナミックヒーターがさらに便利に使いやすく
・iPhoneでヒーターにアクセス(※5)
Wi-Fiを経由し手元画面での直感操作が可能。「暖房をつけて」「温度を20度にして」など「Siri」に話しかけて電源のON/OFFや温度調節もできます。「MD Heater」アプリなら、電源のON/OFFや温度調節はもちろん、電力レベル調節、スケジュール機能、ECOモード設定、チャイルドロックなどの詳細が設定できます。

・Apple「Home」アプリにも対応
Apple HomeKitに対応しているその他機器との一元管理も可能。基本機能に加え「おはよう」などシーンに合わせた生活動線管理が可能に。

<想定シーン>
ライフスタイルに合わせて室温をスケジュール設定。朝起きるとリビングが暖かく、就寝時には寝室が柔らかく暖まっている快適な空間で過ごす日々。思いがけず早く帰ることができる日は、手元で予めお部屋を暖めておくことも可能。もちろん消し忘れだってない。
朝、寝室で電気を点けると同時に、リビングのヒーターもONに。玄関の電気を消してお出かけする際にもApple HomeKitに対応している製品を一度にコントロールすることで、生活動線に合わせて室内環境を快適に整えることができます。

▼Apple Homekit
https://www.atpress.ne.jp/releases/118415/img_118415_3.jpg


【2】Apple TVがあれば、屋外からも遠隔操作可能(※6)
・Apple TVがあればさらに便利
Apple TVがあれば、屋外から電源のON/OFFや温度調節も可能です。また、「Home」アプリにあるオートメーション機能(タイマー、GPS、機器連動)を有効に使用することで、相関関係がある行動も屋外から一気にコントロールできます。

<想定シーン>
GPSを設定することで、自宅に近づいたらお部屋を暖めはじめ、家についた瞬間に明るい暖かい部屋が出迎えてくれます。もちろん、外出の際には、自宅から離れることで自動的に電源をOFFに。消し忘れの心配だってありません。
遠く離れたご両親のお部屋の温度も手元でわかります。少し寒そうな天気予報を見たときに、そっとお部屋の温度を調整し、温もりをお届けすることも可能に。

▼Apple TV
https://www.atpress.ne.jp/releases/118415/img_118415_4.jpg


■デロンギ マルチダイナミックヒーター 7つのプレミアムな機能
マルチダイナミックヒーターのみが持つ特長
<快適さNo.1>(※7)
・細やかな自動温度調整機能で快適温度を一定キープ
気温のわずかな変化も敏感に察知し、5つの発熱モジュールを32通りの組み合わせで秒単位コントロール。外気が変化しても設定温度±0.5℃の範囲でしっかりキープできるから常に快適な室温で過ごせます。
さらに、あたため過ぎを防ぐから、ECOモードで運転する際、他モデルと比較し電気代も25%(※8)お得になります。

▼PMV
https://www.atpress.ne.jp/releases/118415/img_118415_5.png

<速暖 従来の2倍>
・素早く、ムラなく、心地よく一気にお部屋を暖めます
外気温が5℃の寒い冬でも、室温が20℃に達するまでに必要な時間は、わずか25分。従来型ヒーターの約2倍のスピードで、効率的にお部屋を暖めながらも、室温の変化はあくまでも自然。体に心地よい暖かさです。

▼速暖性能
https://www.atpress.ne.jp/releases/118415/img_118415_6.jpg

<呼吸音より静か>
・人の呼吸音よりも、静かに運転ゼロ・ノイズを実現
極寒の日にフル稼働させても運転音ゼロ。人の耳では何も聞こえないほどの静音性を実現しました。暖房の音が気になるという悩みを解消できます。

▼ゼロノイズ
https://www.atpress.ne.jp/releases/118415/img_118415_7.jpg


■マルチダイナミックヒーター及び、デロンギ ヒーター全てに共通する特長
<空気がキレイ>
・温風でホコリを巻き上げないから空気を清潔に保つ
輻射熱と自然対流でお部屋全体をやさしく暖めるので室内のホコリやハウスダスト、ペットの体毛などを巻き上げることがありません。発火、燃焼のニオイも発生しないので、アレルギーにお困りの方にも安心です。

<お肌・のどの乾燥対策>
・肌やのどにやさしい(※条件により室内の湿度が低下する場合があります。)
温風を出さないので、お肌やのどの水分が奪われることがほとんどありません。また、お肌の水分量もしっかりとキープするため、乾燥によるのどの痛みもなく、加湿器に頼らない快適な冬を過ごすことができます。

<やけど・火事の心配なし>
・やけどしにくい表面安全設計
電気でお部屋全体を暖めるので、うっかり本体を転倒させたり、上に燃えやすい物を落としたりしても、火事の心配がありません。小さなお子様から目を離してもやけどしにくい表面温度の為、安心してお使いいただけます。

<燃料補充手間なし>
・燃料補充の手間がなく、お手入れもかんたん
マルチダイナミックヒーターは密閉された内部の電気の力で暖めて循環させることでお部屋の隅々に熱を伝えます。電気で部屋を暖めるため、燃料補充や交換の手間は一切ありません。


■製品情報
製品名    : デロンギ マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル
発売日    : 2016年11月10日(木)
先行予約開始日: 2016年10月27日(木)より
製品Webサイト : http://oilheater.delonghi.co.jp/product/mdh.html

▼製品詳細
https://www.atpress.ne.jp/releases/118415/img_118415_8.png

※1:全国有力家電量販店の販売実績集計/独立調査機関調べ(2015年・2016年同期間比較/期間: Week34〜48)
※2:2004年〜2015年「電気ストーブ オイルヒータータイプ」メーカー別年間数量・金額シェア(全国有力家電量販店の販売実績集計/GfK Japan調べ)
※3:- Apple、Appleロゴ、iPhone、iPad、iPad Air、iPod touch、Apple TV、Siri、HomeKitは米国およびその他の国におけるApple Inc. の登録商標です。
- iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
- App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
- Wi-FiおよびWi-FiロゴはWi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
※4:2016年8月〜12月 調査元/Twitter・Facebook・Instagram(自社調べ)
※5:iOS 9.0以降を搭載したiPhone/iPad/iPod touchに「MD Heater」Appsをダウンロードいただくこと、もしくはiOS 10に搭載の「Home」アプリによる操作が可能です。(iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。)
※6:Apple TV(Apple TV software 7.0〜)やiPad(iOS 10〜)をハブとして使えば、屋外からもヒーターを操作できます。屋内および屋外からのiPhoneによる操作にはWi-Fiルーターとインターネット環境が必要です。
※7:試験施設:安藤ハザマ技術研究所において真冬の住居を再現(8畳部屋、新省エネルギー基準、外気温5℃、5面接触)した環境において、空気温度(床上90cm)の温度変動試験結果。日本国内売上金額シェア上位20機種の電気ストーブ・電気ファンヒーター(2015年1月から12月の全国有力家電量販店の販売実績集計/独立調査機関)が対象。
※8:【シミュレーション条件】建物の構造、断熱性:RC集合住宅、新省エネ基準(IV地域)に適合、運転時間:9時間(22時〜翌7時)外気温:拡張アメダスデータに基づいた東京の1月上旬の気温/照明や人体の発生熱などを考慮/1kW/時の電気代は27円で掲載(2016年6月現在)
※9:評価指標PMVをもとに、満足率に換算。PMV算出条件において、PMV=-0.18〜0.09、満足度=94.3〜95.0となる。
PMV算出事例 室温=24±0.5℃、壁の温度=22.5±0.5℃、代謝量=1.1met、着衣量=0.8clo、気流=0.1m/s、湿度=55%、断熱性=新省エネ基準にて算出。
※10:日本電機工業会自主基準
※11:デロンギ自社実験による。試験条件:新省エネルギー基準 外気温5℃、5面接触
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る