• トップ
  • リリース
  • 発言小町大賞2016 ベストトピ賞は「生まれ変わったら鳥になりたい息子(駄)」に決定!息子の優しい言葉に涙ぽろり

プレスリリース

  • 記事画像1

読売新聞東京本社

発言小町大賞2016 ベストトピ賞は「生まれ変わったら鳥になりたい息子(駄)」に決定!息子の優しい言葉に涙ぽろり

(@Press) 2016年12月16日(金)10時30分配信 @Press

ヨミウリ・オンラインの女性向けページ「大手小町」( http://otekomachi.jp )の掲示板「発言小町」で、この1年間に最も心に残った投稿(トピック、以下「トピ」)をユーザー投票を基に選ぶ「発言小町大賞2016」。今年のベストトピ賞は、以下に決定しました。

<発言小町大賞2016 ベストトピ賞>
「生まれ変わったら鳥になりたい息子(駄)」(トピ主:「こぷた」さん)
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2016/0520/762899.htm

このほか、スマートフォン版の有料サービス「百円小町」のユーザーが選んだ「百円小町大賞」など、部門賞として6部門を選び、併せて発表しました。
詳細は、「大手小町」サイト上でご参照ください。


■発言小町大賞とは
女性の悩みやクスリと笑える話などが日々投稿されているネット上の井戸端会議のような掲示板「発言小町」は、1か月で約1億5,000ページビュー(PV)のアクセスを集めています。「親トピ」と呼ばれる話題のもととなる投稿は1年間に約4万5,000件。その中から1年間で最も心に残ったトピを、ユーザー投票を基に選び、「発言小町大賞」として発表しています。

発言小町大賞は2010年にスタートし、今年で7回目。「ベストトピ賞」のほか部門賞として、「思わず二度見したで賞」「もう時効で賞」「うれし涙ぽろり賞」など、ユニークな部門賞名をつけて紹介しています。

ユーザーからは、1年間を振り返るとともに、見逃していた人気トピを楽しむことができると好評を得ています。歴代の発言小町大賞については、「大手小町」の「発言小町大賞」のコ―ナー( http://www.yomiuri.co.jp/komachi/plus/besttopic/ )でご確認いただけます。


■鳥になりたい理由を聞いて思わず涙
【ベストトピ賞】
生まれ変わったら鳥になりたい息子(駄)
投稿者の女性「こぷた」さんは、中学2年の息子に「生まれ変わったら何になりたい?」と聞きました。答えは「鳥!」。理由は「鳥になって、どこまでもどこまでも飛んで、お母さんを探すんだ。お母さん、僕に気付いてくれるかなぁ。お母さんの子供に生まれて良かった。お母さんほど優しい人はいないからね」。予想外の息子の言葉に「こぷた」さんは泣いてしまったそうです。

このエピソードに「すてきですね」「心温まりました」と、子を持つ母親だけでなく、共感の輪が広がりました。でも、実は「こぷた」さんの涙の裏には、もう一つ理由がありました…。

選考会では「思わず号泣」「涙が止まりません」など、ユーザーから感動の声が多数寄せられた点と、短い文章の中に親子の愛がいっぱいにあふれている点が高く評価されました。
部門賞は以下の通りです。

【部門賞】
・百円小町大賞
知ってます。あなた達を盗撮していますから。(トピ主:「さんかく」さん)
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2016/0913/777590.htm

・思わず二度見したで賞
すんごい車内化粧(トピ主:「すっぴん」さん)
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2016/1029/783048.htm

・不思議な縁で賞
2歳の子供が昔飼っていたペットだったと話しだした(トピ主:「フェレットやったんか」さん)
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2016/0826/775173.htm

・エール賞
離婚の意思が固まりました(トピ主:「父親擬き」さん)
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2016/0819/774338.htm

・もう時効で賞
週末に禁止されている事をします(トピ主:「あべに」さん)
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2016/0307/754044.htm

・うれし涙ぽろり賞
お姑さんに初めて褒めてもらいました(トピ主:「昔のワーママ」さん)
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2016/1119/785338.htm
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る