• トップ
  • リリース
  • 〜社員よ大志を抱け〜「世界七大陸最高峰への挑戦」で人材育成を!6座目・南極大陸に向けていよいよ出発

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社DACホールディングス

〜社員よ大志を抱け〜「世界七大陸最高峰への挑戦」で人材育成を!6座目・南極大陸に向けていよいよ出発

(@Press) 2016年12月16日(金)10時30分配信 @Press

株式会社DACホールディングス(所在地:東京都台東区、代表:石川和則)をはじめとするDACグループは、人材育成の一貫として、社員がリレー形式で世界七大陸最高峰に挑戦する「セブンサミッツプロジェクト」を実施中です。
本プロジェクトは、DACグループが2012年に創立50周年を迎えた際に、周年事業の1つとして立ち上がりました。現在第5弾まで終了し、全参加者(延べ23名)が登頂に成功しています。
2016年12月25日には、6座目となる南極大陸最高峰・マウントビンソンに向けて社員2名が出発し、2017年1月6日前後に、頂上へのアタックを予定しています。
また、2018年春にはプロジェクト最終章として、アジア大陸ならびに世界最高峰のエベレストへの挑戦を予定しています。

セブンサミッツプロジェクト特設サイト:http://www.dac-group.co.jp/7dac/

■これまでのプロジェクト実績
2012年8月26日、6名の女性がキリマンジャロ登頂を果たしたのを皮切りに、これまでに5座を制覇してきました。

<第1弾>アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ(5,895m) / 2012年8月26日 女性社員6名全員登頂
<第2弾>南アメリカ大陸最高峰アコンカグア(6,959m) / 2013年2月3日 男性社員3名全員登頂
<第3弾>北アメリカ大陸最高峰デナリ(6,194m) / 2014年6月23日 代表・石川登頂
<第4弾>ヨーロッパ大陸最高峰エルブルス(5,642m) / 2014年8月18日 社員3名全員登頂
<第5弾>オーストラリア大陸最高峰コジオスコ(2,228m) / 2015年11月10日 社員10名全員登頂

■世界七大陸最高峰に挑む理由とは
代表・石川は、経営者の傍ら冒険者としての顔も持っており、デナリ(マッキンリー)をはじめ、これまでに世界中の冒険地を巡ってきました。冒険には強い精神力が不可欠ですが、それゆえに成功体験は人生に大きな気付きを与えてくれます。石川は、人材育成の一貫として社員にもその経験をして欲しいと考え、1つの機会として「セブンサミッツプロジェクト」を発足しました。

■錚々たるガイドが集結!
マウントビンソンには、登山家・倉岡裕之氏がガイドとして帯同します。倉岡氏は、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」でイモトアヤコさんのエベレスト挑戦時(※)にガイドを務めました。当社のセブンサミッツプロジェクトでは、倉岡氏の他に、1990年に世界初の犬ぞりによる南極大陸横断を成功させた探検家・舟津圭三氏など、経験豊富なガイドの方々のサポートを受け、成功のバトンを繋いできました。

※2015年に挑戦予定だったが、直前に発生した雪崩の影響で中断

■DACグループ独自の人材育成プログラム
DACグループでは、年間を通して他社にはないユニークな人材育成プログラムを実施しています。
入社1年目には富士登山、ハーフマラソン、2年目には田植え、稲刈り、3年目にはリンゴの花摘み、リンゴ狩りなど、年代別に様々な研修を用意しています。強い精神力を育むほか、改めて食べ物の有り難みを知ることで感謝の気持ちを育むなど、“企業人”としてだけでなく“人”としての成長も目指しています。
また、若いうちから世界を経験し、見聞を広められるよう、海外研修の機会も積極的に提供しており、多くの社員が年に1度は海外を訪れています。(2016年度実績:ロンドン・パリ、北京・上海、ベトナム、カンボジア、バリ、他)

■会社概要
社名 :株式会社DACホールディングス
代表者:代表取締役社長 石川 和則
所在地:〒110-0015 東京都台東区東上野4-8-1 TIXTOWER UENO 8F,13F,14F,15F
URL :https://www.dac-group.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る