• トップ
  • リリース
  • 芥川賞作家、又吉直樹氏が授賞式に登壇、話題を集めた文学賞第1回「ショートショート大賞」受賞 堀真潮(ほり・ましお)が作品集『抱卵』で12月15日にデビュー

プレスリリース

  • 記事画像1

木下グループ 株式会社キノブックス

芥川賞作家、又吉直樹氏が授賞式に登壇、話題を集めた文学賞第1回「ショートショート大賞」受賞 堀真潮(ほり・ましお)が作品集『抱卵』で12月15日にデビュー

(@Press) 2016年12月15日(木)11時30分配信 @Press

木下グループの出版社、株式会社キノブックス(本社:東京都新宿区、取締役会長:木下直哉、代表取締役社長:古川絵里子)は、当社が主催した第1回「ショートショート大賞」を受賞した堀真潮(ほり・ましお)のデビュー作品集『抱卵』を2016年12月15日(木)に刊行いたしました。


当文学賞は、7,817作品もの応募がございました。堀真潮(ほり・ましお)は、その頂点に立った注目の新鋭です。
従来のショートショートのイメージとは一味違う等身大のテーマが読む者を惹きつけ、新人とは思えない多彩な作風でその力を存分に見せつけてくれます。
受賞作「瓶の博物館」を含む全24篇を収録しております。


【書籍情報】
タイトル :抱卵
著者   :堀真潮
判型・頁数:四六判変型並製 272頁
ISBN   :978-4-908059-55-1
本体価格 :1,400円(税別)
発売日  :2016年12月15日(木)

恋愛、幻想、嫉妬、笑い、恐怖、友情、復讐、ナンセンス──。
等身大のテーマに魅せられる、ショートショートの枠を超えた多彩な「短品集」、全24篇。帯には芥川賞作家、又吉直樹氏がコメント。


【著者プロフィール】
堀真潮(ほり・ましお)
甲南大学文学部卒業。2016年、「瓶の博物館」で第1回「ショートショート大賞」を受賞。『抱卵』がデビュー作。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る