• トップ
  • リリース
  • 『逃げ恥』ロケ地めぐりに「ラスコー展」が仲間入り!〜2017年2月19日まで限定の大人のデートスポット〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

国立科学博物館・毎日新聞社・TBS

『逃げ恥』ロケ地めぐりに「ラスコー展」が仲間入り!〜2017年2月19日まで限定の大人のデートスポット〜

(@Press) 2016年12月15日(木)16時30分配信 @Press

フランスの世界遺産である謎に包まれたラスコー洞窟を日本で初めて紹介する特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」(主催:国立科学博物館、毎日新聞社、TBS、会期:2017年2月19日(日)まで)が国立科学博物館(東京・上野)にて好評開催中です。
12月13日(火)に放送されたTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第10話で、東京・上野の国立科学博物館で開催中の「世界遺産 ラスコー展」が舞台になりました。ラスコー展の会場も新たな聖地として仲間入りいたしました。


ドラマは「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣結衣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と契約結婚しながら同居生活を送るラブコメディー。みくりと津崎のムズキュンな恋模様だけでなく、津崎の職場の後輩・風見(大谷亮平)とみくりの伯母・百合(石田ゆり子)の17歳の年の差がある関係が大人の雰囲気で注目を集めています。
ラスコー展が舞台となったシーンは、風見が熱烈なアプローチをしてくるポジティブ女子の杏奈(内田理央)と、百合が同級生でシングルファーザーの田島(岡田浩暉)とそれぞれ別の相手と一緒にいたところに、偶然ラスコー展の会場で遭遇してしまうという展開。展覧会のハイライトとなる実物大の洞窟壁画を前に、百合を中心に濃厚なムズキュンで4人の恋愛模様に新展開を見せました。

ラスコー展が登場する第10話は「TBS FREE無料見逃し配信」で20日放送の最終話直前まで視聴できます。
TBS FREE無料見逃し配信: http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/top.html


ドラマのエンディング曲にのせて出演者らが披露するダンスが話題になるなど、その人気はドラマの内容だけにとどまらない。撮影場所となった温泉旅館に予約が殺到するなど『逃げ恥』効果は抜群。ドラマはクライマックスが近づき、喪失感を覚える「逃げ恥ロス」なる言葉も出現中です。
クリスマス目前。デートプランを考えるのに苦労するというあなた。ラスコー展の会場でドラマの余韻に浸るもよし。ぜひ大人のデートスポットとして注目の「ラスコー展」で過ごしてみては。ドラマのような新展開があなたにも待ち受けているかも!?


■来場者限定!ラスコー展Twitterクリスマスプレゼント企画!!
2016年12月17日(土)〜25日(日)の期間中、Twitterからラスコー展公式アカウント(@lascaux2016)、公式キャラクターアカウント(@Tori_Magnon)、準公式キャラクターアカウント(@To_So_Ki)のいずれかをフォローしていただいた方全員に、会場内でオリジナル缶バッジをプレゼントいたします。
詳しくは下記展覧会公式サイトをご確認ください。

展覧会公式サイト: http://lascaux2016.jp/


■特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」
会期      : 2017年2月19日(日)まで好評開催中
会場      : 国立科学博物館(東京・上野公園)
展覧会公式サイト: http://lascaux2016.jp/

フランスの世界遺産、ラスコー洞窟の謎に迫る展覧会。実物大で再現された洞窟壁画を間近で体感できます。さらに、洞窟で発見された世界初公開の顔料や石器をはじめ、日本初公開となるクロマニョン人が残した多彩な彫刻や道具の数々を紹介しています。


■ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ 最終回15分拡大SP!』
放送日時:12月20日(火)よる10時〜11時09分
TBS系全国ネット
番組公式ホームページ: http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/
※ドラマをもう一度お楽しみになりたい方へ
・TBS FREE(7日間無料配信)
・TBSオンデマンド
詳しくは、番組公式ホームページをご覧ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る