• トップ
  • リリース
  • 日本の伝統食品“納豆”や“納豆菌”の健康価値を啓発 おかめ「納豆サイエンスラボ」設立

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

おかめ「納豆サイエンスラボ」

日本の伝統食品“納豆”や“納豆菌”の健康価値を啓発 おかめ「納豆サイエンスラボ」設立

(@Press) 2016年12月15日(木)15時30分配信 @Press

このたび、日本の伝統食品である納豆の健康価値を向上させていくために、おかめ「納豆サイエンスラボ」を本日2016年12月15日(木)に設立いたしました。

古くから日本人に愛され続けてきた“納豆”は、おいしさと健康イメージの高さから、日本の食卓には欠かせない存在であり、海外からも注目され始めています。そして、漠然と体にいいと思われていた納豆の健康効果が、最近のサイエンスの進歩で明らかになりつつあります。このラボでは、特に納豆に含まれる納豆菌による免疫機能向上の可能性や、さらに従来の納豆菌と比べて、免疫に対する機能が約1.5倍高い“S-903納豆菌”という新たな納豆菌に注目していきます。

おかめ「納豆サイエンスラボ」では、納豆に関する正しい知識や健康価値、その重要性を伝える事を目的とし、第一線でご活躍されている研究者の方々の協力を得ながら、様々な角度で研究し、効果を明確化し、あらゆる年代の人々に役立つ納豆の情報を発信していきます。
今後は、調査や研究の結果をセミナーなどを通して発表し、皆様に様々な情報を発信してまいります。

・おかめ「納豆サイエンスラボ」WEBサイトイメージ
https://www.atpress.ne.jp/releases/118311/img_118311_1.jpg
・おかめ「納豆サイエンスラボ」ロゴ
https://www.atpress.ne.jp/releases/118311/img_118311_2.jpg


●おかめ「納豆サイエンスラボ」活動概要
プロジェクト名  : おかめ「納豆サイエンスラボ」
設立年月日    : 2016年12月15日(木)
活動目的     : 納豆に関する正しい知識や健康価値、
           その重要性の啓発
WEBサイトURL   : http://www.natto-science.jp/
主な活動概要   : 納豆および納豆菌等の健康価値に関する
           各種セミナー・イベントの開催
           納豆および納豆菌等に関する
           研究情報(健康情報etc)の発信
           医師や研究者との共同研究の実施
          ※今後の検討や環境変化により変更する場合があります。


●おかめ「納豆サイエンスラボ」 協力メンバー(五十音順)
<榎本 雅夫 氏>
https://www.atpress.ne.jp/releases/118311/img_118311_3.jpg
(NPO日本健康増進支援機構 理事長、鳥取大学 医学部 客員教授(医学博士))
1968年 和歌山県立医科大学卒業。
1971年 和歌山医大 応用医学研究所免疫アレルギー部 助手。
1980年 和歌山赤十字病院 耳鼻咽喉科部長。
1995年 日本赤十字社 和歌山医療センター 耳鼻咽喉科部長。
2008年 NPO日本健康増進支援機構 理事長。現在に至る。
現在  鳥取大学 医学部 客員教授、日本アレルギー学会 功労会員、NPO花粉情報協会 副理事長。

<須見 洋行 氏>
https://www.atpress.ne.jp/releases/118311/img_118311_4.jpg
(倉敷芸術科学大学 生命科学部 生命科学科 特任教授(医学博士))
1974年 徳島大学 医学部大学院修了、浜松医科大学 第ニ生理学助手。
1978年 シカゴ・マイケルリース研究所 文部省在外研究員。
1980年 ナットウキナーゼを発見(発表は1986年)。
1982年 宮崎医科大学 生理学助教授。
1993年 岡山県立大学 栄養学科助教授。
    通産省外郭団体JTTAS「天然物・生理機能素材研究委員会」会長。
1997年 倉敷芸術科学大学 機能物質化学科 教授。
2004年 倉敷芸術科学大学 生命科学部 学部長(2005年3月まで)。
現在  倉敷芸術科学大学 生命科学部 生命科学科 特任教授。

<辻 典子 氏>
https://www.atpress.ne.jp/releases/118311/img_118311_5.jpg
(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門)
1985年    東京大学 農学部卒業。
1985年    東京大学 大学院農学系研究科修士課程修了。
1987年    農林水産省 畜産試験場・研究員。
1995年    東京大学 大学院農学生命科学研究科にて博士号取得
       コネチカット州エール大学免疫生物学・博士研究員。
1997年    農林水産省 家畜衛生試験場・主任研究員。
2001年    (独)農業生物資源研究所・主任研究員。
2005-2008年  (独)産業技術総合研究所・年齢軸生命工学研究センター 免疫恒常性チームリーダー。
2008-2015年  (独)産業技術総合研究所・バイオメディカル研究部門・主任研究員。
2009-2012年  (独)理化学研究所免疫・アレルギー総合科学研究センター客員主管研究員(兼)。
2015年〜現在 国立研究開発法人 産業技術総合研究所・バイオメディカル研究部門 免疫恒常性制研究特別チームリーダー・上級主任研究員。

<林 京子 氏>
https://www.atpress.ne.jp/releases/118311/img_118311_6.jpg
(中部大学 生命健康科学客員研究員(薬学博士))
1976年3月    京都大学 薬学研究科博士課程修了(薬学博士)。
1976年4月    金沢大学 医学部 助手。
1979年1月    富山医科薬科大学 医学部 助手。
2008年9月    富山大学 大学院医学薬学研究部(薬学) 助教。
2010年6月    富山大学 大学院医学薬学研究部(薬学) 講師。
2013年4月〜現在 中部大学 生命健康科学研究所 客員研究員。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る