• トップ
  • リリース
  • 第一興商とNTT Comがカラオケルームを“ワークスペース”として開放する共同実証実験を開始

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社第一興商、NTTコミュニケーションズ株式会社

第一興商とNTT Comがカラオケルームを“ワークスペース”として開放する共同実証実験を開始

(@Press) 2016年12月14日(水)11時00分配信 @Press

 株式会社第一興商(本社:東京都品川区、代表取締役社長:林 三郎、以下:第一興商)と、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也、以下:NTT Com)は、働き方改革・生産性向上に向けた取り組みの一環として、2016年12月14日に、第一興商が展開する「ビッグエコー」のカラオケルームを、企業向けのワークスペースとしてトライアル提供する実証実験を開始します。


1.背景
 昨今企業においては、多様化するワークスタイルへの対応と生産性向上の両立を目指した、いつでもどこでも働けるビジネス環境の整備、いわゆるテレワークの実現が課題となっています。
 特に外出中における打ち合わせ参加や資料作成など、社外におけるビジネス環境は、既存のワークスペース利用のためのコストやセキュリティ確保の難しさ、周囲の騒音などの問題もあり、十分整っていない状況です。
 今回、第一興商とNTT Comは共同で、ビッグエコーのカラオケルームの一部にWeb会議システムやインターネット無線LANなどのビジネスに必要なICT環境を導入することで、企業向けにワークスペースとして提供するトライアルを開始いたします。
 第一興商が展開するビッグエコーをはじめとしたカラオケルーム店舗数は国内最大であり、主要駅近隣にも多く出店しているうえ、人数に応じたルーム提供も可能です。また、ルーム内は防音で機密性に優れており、企業のワークスペースとして十分に活用出来るビジネス環境となっています。
 本取り組みを通じ、第一興商は企業のテレワーク利用ニーズを踏まえた高付加価値化によるカラオケルームの利用拡大を、またNTT Comは働き方改革を実現する各種ICTソリューションの提供拡大を図っていきます。


2.実証実験の概要
 第一興商直営の首都圏21店舗のビッグエコーのカラオケルーム約100室※において、NTT Comがインターネット無線LANなどのビジネス環境を整備し、テレワークのスペースとして提供します。本実証実験は2016年12月から2017年2月末まで実施予定です。

※インターネット無線LANなどのビジネス環境の整備は、一部のトライアル店舗に限定しており、すべてのビッグエコー店舗で対応しているわけではありません。

<利用イメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/118224/img_118224_1.jpg

■ビッグエコー テレワーク トライアル店舗名
東京都  秋葉原駅前店、神田西口店、八重洲本店、銀座数寄屋橋店、
     有楽町店、新橋銀座口駅前店、浜松町駅前店、品川港南口駅前店、
     渋谷宮益坂口駅前店、西新宿センター店、池袋西口店、赤羽店、
     中野通り店、八王子店
神奈川県 横浜相鉄口駅前店、新横浜店、川崎東口駅前店
千葉県  千葉駅前店、成田駅前店、柏駅前店
埼玉県  大宮南銀通り店


3.今後の展開
 今回の実証実験で得られたノウハウや技術的な課題をもとに、カラオケルームのビジネス利用拡大に向けた各種ICT環境の整備や事務用品の配備など、ワークスペースに必要なビジネス環境の構築について両社で共同検討を進め、カラオケルームのワークスペースとしての新たなサービスメニュー化を目指します。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る