• トップ
  • リリース
  • 中央アジア初の万博「2017年アスタナ国際博覧会」"日本館サポーター"『米村でんじろう』さん『桂 歌蔵』さん『モリゾー・キッコロ』が新たに就任しました。

プレスリリース

2017年アスタナ国際博覧会 日本館

中央アジア初の万博「2017年アスタナ国際博覧会」"日本館サポーター"『米村でんじろう』さん『桂 歌蔵』さん『モリゾー・キッコロ』が新たに就任しました。

(@Press) 2016年12月12日(月)15時30分配信 @Press

中央アジアで初めて開催される万博、「2017年アスタナ国際博覧会(以下、アスタナ博)」(テーマ:未来のエネルギー/会期:2017年6月10日(土)〜9月10日(日)までの93日間)。日本は経済産業省を幹事省、文部科学省、国土交通省及び環境省を副幹事省、日本貿易振興機構(JETRO)を参加機関とし、日本館を出展いたします。

日本館では、その魅力を幅広く発信するため、各界でご活躍されている方々を「アスタナ博日本館サポーター」として、経済産業大臣より任命するプロジェクトを推進しています。

2016年12月6日、 米村でんじろうさん(サイエンスプロデューサー)、桂歌蔵さん(落語家)、モリゾー・キッコロ(愛・地球博 公式キャラクター)の3者が、日本館サポーターに就任しましたのでお知らせします。これにより、日本館サポーターは計4名となります(日本館サポーター第1号は嘉門達夫さん(シンガーソングライター))。

新たな日本館サポーターをお迎えし、アスタナ博日本館はその魅力を今後も一層発信するとともに、出展に向けた準備を推進してまいります。

<サポーターに就任いただいた理由>
1. 米村でんじろうさん:
2005年「愛・地球博」でのエネルギー教室の出演実績や、科学やエネルギーの楽しさを広く社会に伝える活動実績から

2. 桂歌蔵さん:
落語の海外公演の一環として、2014年にカザフスタンで公演を行った実績から

3. モリゾー・キッコロ:
2005年「愛・地球博」公式キャラクターとしての実績から

その他、詳細は、アスタナ博日本館 公式ウェブサイト(http://expo2017-astana.go.jp/)をご覧ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る