• トップ
  • リリース
  • 老化による肌の「黄ぐすみ」にニトロ化が関与!ニトロ化抑制・減少成分「碁石茶エキス」配合化粧品発売へ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ナリス化粧品

老化による肌の「黄ぐすみ」にニトロ化が関与!ニトロ化抑制・減少成分「碁石茶エキス」配合化粧品発売へ

(@Press) 2016年12月12日(月)15時00分配信 @Press

株式会社ナリス化粧品(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:村岡弘義)は、老化現象のひとつである肌のくすみについて、従来の酸化・脂化・糖化・カルボニル化に加え、ニトロ化(*1)が深く影響していることを発見し、第79回 日本化粧品技術者会研究討論会で発表しました。また、くすみの中でも「黄ぐすみ」に大きく関与するニトロ化について、抑制、減少させる成分の開発に成功し、2017年に発売するアンチエイジング化粧品にて採用する予定です。
*1 ニトロ化 タンパク質と活性窒素が結合すること。


■肌の黄ぐすみの新しい原因、「ニトロ化」を発見
従来、高齢者の肌は、酸化・脂化・糖化・カルボニル化といった現象により、茶色くくすんでいくということがわかっていましたが、今回、ナリス化粧品は、紫外線の照射量と加齢によって、ニトロ化タンパク質が増化することを発見し、紫外線を浴びることで生じるニトロ化という現象が肌の黄ぐすみを生じさせていることを発見しました。また、このニトロ化タンパク質の生成を抑制し、さらに分解を促進する成分として、碁石茶(*2)から抽出したエキスを開発。肌の黄ぐすみを減少、抑制するスキンケア商品に応用いたします。

*2 碁石茶 高知県大豊町でのみ生産されている黒茶で、後発酵製法によってつくられる。生産量の減少から、幻のお茶とされ、地元では古くから長寿のお茶として愛飲されている。


■肌のくすみによる老化を視認しながらも、「くすみ」への認識は低いことが判明
年齢を重ねることによって、眼球の白目の部分が黄ばんだり、歯が黄ばんでいったりすることは、一般的によく知られていますが、肌でも黄ぐすみの現象は起こっています。
今回、新スキンケアブランドの発売に先立ち、女性の肌悩みについての調査を行いました。黄ぐすみの少ない肌と黄ぐすみの多い肌の写真を、肌のくすみの多少についての説明なく提示したところ、6割以上の女性が、くすんでいる写真は、くすみの少ない写真に対して老けて見えていると判断し、そのうち約5割の女性は、5才以上老けて見えていると答えました。ただし、自身の悩みについて聞いた問いに対しては、「シミ」「シワ」「たるみ」など、すでに一般化している悩みよりも「くすみ」についての認識は低く、年代による認識の差もほとんどないことがわかりました。
このことから、視覚ではくすみによる老化を無意識に判断、認識していながらも、「くすみ」という言葉に対する認識は、まだ低いことがわかりました。


■第79回 日本化粧品技術者会研究討論会における発表概要
タイトル:角層中ニトロ化タンパク質の皮膚色の黄みへの影響
学会名 :SCCJ(日本化粧品技術者会)
     第79回 SCCJ研究討論会(2016年11月29日:東京)
発表者 :株式会社ナリス化粧品
     奥田奈緒美・森田美穂・森田哲史


【参考資料】
・肌のくすみ
https://www.atpress.ne.jp/releases/118091/img_118091_1.jpg
・アンケート(n=2,059)
https://www.atpress.ne.jp/releases/118091/img_118091_4.jpg
・肌悩み(n=2,059)
https://www.atpress.ne.jp/releases/118091/img_118091_5.jpg


■調査概要
調査実施日:2016年12月2日〜 2016年12月6日
調査対象者:30代〜60代の女性 2,059人
調査方法 :インターネットによるアンケート調査
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る